「B.LEAGUE」カテゴリーアーカイブ

今週末からB.LEAGUEプレイオフ

5/10の最終戦が済み、B.LEAGUE2020-21シーズンの順位が確定し、未決だったプレイオフ進出ワイルドカード順位も確定しました。

残すは今週末5/15から始まるプレイオフ!

clickでB.LEAGUEポストシーズンサイトへ↓↓↓↓↓

さて、プレイオフの対戦カードを見てみましょう。

プレイオフは2戦先勝方式で行われます。一昨年(昨年は中止)までは、決勝戦は1発勝負でしたが、今シーズンからプレイオフは全て2戦先勝方式で最大3戦行われます。という事は、今シーズンのチーム力がリーグ戦の戦績にほぼ比例してくるという意味でもあります。

天皇杯などのトーナメント・一発勝負だと、その日の好不調の波という運不運に左右されやすいのですが、2戦先勝方式は運不運が薄まります。

東1位・全体1位のブレックスはワイルドカード下位のサンロッカーズと対戦。リーグ戦戦績では、ブレックスvsサンロッカーズは3勝1敗でブレックス優位です。

西1位全体3位のキングスはワイルドカード上位のグラウジーズと。戦績は1勝1敗の5分です。トータルのキングスの勝率.714に対してグラウジーズは.650、キングスの得失点は得点4638/失点4211/得失点差427、グラウジーズは5350/5032/318です。得点5350はリーグ1位です。分かりやすく言うと、ディフェンスのキングス、得点力のグラウジーズです。ここでキングスは第一の難関を突破しなければなりません。

リーグ戦の戦績やトータルチームスタッツからのワタクシの準々決勝の勝ち上がり予想は以下の通りです。

ブレックス、サンダース、ジェッツの勝ち上がりは確率高いですが、先の得点力のグラウジーズをディフェンス力のキングスが抑えきれるかどうか?が準々決勝のポイントです。

さて、もし上記の赤ラインの通りの勝ち上がりだとすると、その先はですね・・・・

ブレックスvsサンダースの対戦成績は、なんとブレックスの1勝3敗でサンダース優位!!!更にサンダースは前半がダメでしたが、後半戦の戦績は絶好調&天皇杯も制覇しての乗りに乗っています!!もしかしたら、東3位のサンダースが1位のブレックスを破る「下克上」があるかもです!!!!

ジェッツvsキングスは、ジェッツの3勝1敗でジェッツ優位!!!!ただし、ジェッツは3月以降、選手のコロナ感染などでかなり調子を落としていますが、キングスは早めに西1位を決め、後半はプレイイフに向けたコンディション調整を行っていますし、もしこの対戦カードなら会場はオープンほやほやの沖縄アリーナ!!!キングス優位!!

とはいっても、何が起こるかわかりません。

ワタクシは5/29(土)のファイナル第1戦に参戦予定です。本当は5/30に行きたいのですが、母親の引っ越しが・・・・・

フィリップ カレッジリング

B.LEAGUEプレイオフ進出チーム確定

B.LEAGUEの2020-21シーズンのプレイオフ進出8チームが決まりました。

まだ最終的な順位は確定していませんが、現時点での勝率と残り試合数からの計算結果で、プレイオフ進出8チームが確定したのです。

現在の順位表でご説明しましょう。まず東地区。

ブレックスの1位は既に確定済み。ジェッツとサンダースも進出確定ですが、まだ残り試合結果では2位と3位が入れ替わる可能性が残っています。2位ならプレイオフをホームゲーム開催出来るので、ジェッツもサンダースも必死ですね。

そしてワイルドカードの2チームとしてサンロッカーズとグラウジーズも確定ですが、まだ順位が入れ替わる可能性有り。ワイルドカード上位だと全体2位のキングスとの対戦、下位だと全体1位のブレックスとの対戦になります。

さて西地区。キングスの1位は確定済み。エベッサとシーホースがガチンコ対決です。

両チームともに後3試合残し、その内直接対決が2試合残っているのでどう転ぶか分かりません。まずは明日5/5にエベッサはドラゴンフライズと、シーホースはレイクスターズと当たります。ドラゴンフライズの今シーズンの成績から、エベッサの勝ち確率は90%でしょう。今シーズン、シーホースはレイクスターズに2勝1敗と勝率66%とエベッサより若干不利な対戦相手。シーホースの必死さが必要です。

5/10には全日程が終了する予定で、その段階でプレイオフの対戦カードも確定しますので、再びお伝えしますね。

フィリップ カレッジリング

B.LEAGUE東西地区優勝決定

キングスのB.LEAGUE西地区優勝が早々に決まりました。

先週中旬に西地区優勝にキングスが決まり、先週末にブレックスの東地区優勝が確定しました。

両チームとも優勝マジックが点灯していたのですが、キングスの優勝決定はマジック対象チームの勝敗で決まったのではなく、少々歯切れの悪い決定でした。

4/17に開催予定だった京都ハンナリーズvsシーホース三河の試合は京都所属選手のコロナウィルス陽性者の確認とそれに伴う濃厚接触者判定により中止となり、代替実施可能日がなく当該試合は消滅し、残り試合日数が変更となり西地区2位の三河がキングスの勝率を上回る可能性がなくなったので優勝決定です。

いろいろなところにコロナ禍の影響が出ますね。

ブレックスはジェッツと熾烈な首位争いをしていたのですが、終盤にジェッツがチーム内コロナ感染で試合中止などが重なり失速。これは昨年のプロ野球のマリーンズと同じ状況ですね。失速するジェッツを尻目に順調に勝ちを積み上げたブレックスが文句無しの優勝でした。

キングスの西地区優勝は4シーズン連続ですが、プレイオフでファイナルまで残れていません。今シーズンこそ、東の強豪と5分以上に渡り合って欲しいところです。

なぜならばっ!!! 

沖縄アリーナに行きたいからです!!

シーズン終了後の2021年6月にグランドオープンになり、2021-22シーズンから本格稼働する沖縄アリーナなので、もしキングスがB.LEAGUEチャンピオンになれば、開幕戦チャンピオンリングセレモニーに出席しに、新装の沖縄アリーナに行くことになるからです!!!

B.LEAGUEでは中立の立場のPhilip College Ringですが、今回はエコひいきします!

キングス、がんばれ!!

この沖縄アリーナは、日本のバスケ市場においてB.LEAGUE創設に次ぐとてもエポックメイキングな事柄なのです。沖縄アリーナについては、別のブログで詳しくお知らせしたいと思います。

フィリップ カレッジリング

B.LEAGUE順位状況

残り約10試合の終盤戦に突入したB.LEAGUE。

ここにきて選手・スタッフのコロナ感染により中止試合が相次いでいますが、既にリーグ戦成立要件の試合消化率70%を全チームが達成したので、昨季のようなリーグ戦中止はありません。

今シーズン開始時点でコロナ禍による試合開催が困難な場合を見越し、全60試合を全チームが達成しなくても試合消化70%越えなら勝率で順位を決定する事がリーグ戦成立条件として発表されていました。

さて、東地区↓↓↓↓↓

ブレックス好調です。天皇杯決勝で惜しくも敗退した悔しさをバネに、意地でもリーグ優勝を狙ってきています。ジェッツは失速気味、サンダースは天皇杯で久しぶりの栄冠を獲り、波に乗っています。グラウジーズとサンロッカーズがワイルドカード権利を確保しています。

さて、西地区↓↓↓↓↓

キングスの地区1位は固くなりました。シーホースとエベッサが熾烈な2位争いです。ドルフィンズ、スサノオはワイルドカードは無理っぽいです。

という事は、プレイオフの顔ぶれは現時点ではこうなります↓↓↓↓↓

ブレックス、キングスが1位でワイルドカードのグラウジーズとサンロッカーズと対戦。2位ジェッツとシーホースが3位のサンダースとエベッサと当たる準々決勝になるでしょう。

リーグ戦での対戦成績がそのまま適用されるとすれば、勝ち上がりはブレックス、キングス、ジェッツまではいいとして、絶好調のサンダースをシーホースが退けられるか??が準々決勝の見どころとなります。

おっと、、、、まだ早いな・・・

フィリップ カレッジリング