ラグビー 読売新聞の記事

4月18日の読売新聞にラグビーに関する記事が載っていました。

 

当ブログでご紹介したようなラグビーの発祥や歴史、現在のランキングや優勝回数などの内容です。きっとラグビーワールドカップを控えて、取材するスポーツ担当記者自身がラグビーのお勉強をするというワタクシと同じ動機ではなかったかと思います。

ワタクシの知らなかった事も載っていました。発祥の学校ラグビー校で、エリス少年がいきなりボールを持って走り出した・・・という逸話で真偽の程は定かではないが、ラグビー校にはボールを抱えたエリス少年の銅像があるそうです。

 

ラグビー・サッカーの元になった暴力的な祝祭フットボールの源流を組むサッカーが労働者層を主体に浸透したためか、サッカーは個人プレイを中心としたプレイスタイル、応援者(サポーター)同士の敵対関係という事に対して、ラグビーは協調性や自己犠牲、ハードワークに規律、他者への敬意を学べるラグビーがエリート層に浸透していったという論説もありました。

 

しかし昨今はその上流イメージも薄まり、サッカー・ラグビーのプレイヤー・ファン層ともに階級格差も無くなってきているそうです。

 

ワールドカップの参加国一覧と過去の優勝回数などの図も見やすいです。ニュージーランドが優勝回数3回でトップ、オーストラリアと南アフリカが2回、イングランドが1回だそうです。その回数を踏まえて、南半球優位の論説もありました。

 

日本にラグビーが伝わったのは1926年、英語教師として日本に来たクラーク氏が慶應大学にラグビーを紹介したのが始まりだそうです。

 

これから秋のワールドカップに向けて、各種マスコミもこのようなラグビーの紹介特集が多く組まれる事でしょう。

 


【2019.05.25 Saturday 11:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
B.LEAGUE AWARD SHOW2018-19

アップが遅くなってしまいました。

先週5/15(水)、今シーズンのB.LEAGUEの最後の行事、B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19が六本木ヒルズアリーナで行われました。

 

 

年間チャンピオンリングのアルバルク東京の表彰式は決勝当日に行われていますので、このAWARDは主にプレイヤー個人の表彰式です。

 

年間MVPに選ばれたのはジェッツの富樫勇樹!初受賞!

思い起こせば、富樫が渡米前の2013-14シーズンのbjリーグファイナル、当時富樫が所属した秋田ノーザンハピネツvs琉球キングス戦、昨年のB.LEAGUEファイナル ジェッツvsアルバ、今年と彼の所属チームが3度とも決勝で敗れ、唇を噛む姿を通算3回見ています。

 

田臥に次ぐ日本人2人目のNBAプレイヤー、天皇杯3連覇、3年連続のB.LEAGUEベストファイブ選出、そして今回の個人タイトルとあと、足りないのはリーグ優勝のチャンピオンリングのみ!!

 

がんばれ!!!!

 

 

以下、2018-19ベストファイブプレイヤー

 

富樫は3年連続

 

もちろんアルバ2連覇の立役者、大貴も3回目。

 

シーホースの金丸も3回目、そしてベストフリースロー賞も3年連続受賞。そのFT成功率なんと90.9%!!

 

そしてブレックスの遠藤は、エース田臥のケガなどの欠場を十分に埋め、初受賞。

 

ダバンテ・ガードナーは、アルビ新潟の中地区初の1位の立役者として初受賞。

 

特別賞ベストシックスマン(控え選手)は、ファイナルMVPの雄大!

 

最優秀ヘッドコーチは、もちろんアルバのルカHCが2年連続受賞。

 

いずれも納得の受賞者たちです。

 

 

更に得点王、アシスト王、リバウンド王など各種の受賞者たちはB.LEAGUE AWARD SHOWウェブでご覧ください。

↓↓↓↓↓

 


【2019.05.24 Friday 08:10】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
神宮外苑

先日、ある会合が都内明治神宮外苑の日本青年館ホテルというところで開催され、当日は二次会もあったのでそのまま宿泊しました。

 

この日本青年館ホテル、確か7-8年前に国立競技場に高校サッカー決勝戦観戦に来た時に地下パーキングにクルマを停めた事ありました。そこ頃は、築半世紀近いレンガ作りの低層建物でした。東京五輪の新国立競技場計画に伴い、200m程場所を移して近代的なビルになっていました。

 

朝、起きてみるとこんな景色でした。

目の前は神宮球場。狭い・・・・東京ドーム、マリンスタジアムやヤフオクドームを見慣れたワタクシには「ナントカ市民球場」にしか見えません。客席も硬いプラスチック椅子の「昭和の球場」です。

 

お隣はラグビーの聖地、秩父宮ラグビー場。その向こうは伊藤忠商事の本社ビル。

 

神宮第二球場の左に建設中の新国立競技場も少し見えました。

 

このホテルそのものは、近代的設備ですがムード的にはYMCAって感じでした。


【2019.05.23 Thursday 07:10】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
US Armyオールドスタイル・カスタマイズ

 
大粒の人口石が量産されるようになったのは1960年代以降です。それ以前のカレッジリングは、オニキスやタイガーアイなどか小粒の石をあしらったものが主流でした。

 

 

US Armyカレッジリングは1950年代のモデルを復刻製作したものですので小粒のルビーが標準石です。

オリジナルデザイン

 

今回は、お客様のご要望で近代的な大粒オーバルのルビーに載せ替えるよう石座を改造しました。併せてサイドパネル下部にある米陸軍創設年「1775」をご自身の生年である「1975」に替えて欲しいというカスタマイズも行いました。

 

カスタマイズ後デザイン


【2019.05.22 Wednesday 06:21】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOKYO2020チケット申し込み

来年夏の東京五輪、チケットの抽選申し込みが始まりました。

 

地元一宮町開催のサーフィン競技がありますので、長年のサーフィン愛好家として、出場するだろう日本代表選手に地元のヒロトやレオ、カナが含まれるはずなので応援に行かねばなりません。

 

でも地元民とは言え、競技会場は当然定員制でしょう。面倒な手続きがある事は承知でチケットの抽選に申し込まねばなりません。

 

ってなワケで、一宮町の毎朝の有線放送でも盛んに宣伝している「TOKYO2020ID」なるものを所得して、チケットの抽選に申し込みました。

 

このID制度は、チケットの不正転売や買い占めを防止する目的で誰かさんが考えたのでしょう。この申し込みは、ネットショッピングの会員登録みたいなもんで、さほど面倒ではありませんでした。

 

でも、そのIDを使用してログインしたTOKYO2020チケット予約は、かなり面倒でした。。。。。。

 

特に「う〜う〜????」となったのが電話番号認証。

TOKYO2020ID登録の際に入力した自分の電話から指定の電話番号に電話を掛けるというシステムです。

 

上の写真の画面を見た時、直感的にはネットバンキングや携帯電話の「確認コード」みたいに、こちらの電話にSMSか何かで番号が送られてくるのか??と思いましたが、よくよく読むと「登録した電話からある番号に電話しろ」というもの。それも申し込みをして120秒以内に掛けねばならないそうです。

 

指定の番号に掛けました。

 

「プー プー プー」

 

ひと昔前の固定電話のお話し中音です。

 

 

う〜う〜、、、、120秒以内に通じるかな??

2度目のトライでつながりました。

 

「お客様の電話番号は認証されました」のアナウンス。

 

 

これでお終いじゃありません。目を皿のようにしてウェブサイトを読むと、更にウェブ上の「認証確認」ボタンを押して初めて認証完了。

 

 

まあ、、、転売や買い占め防止のためには理解出来ます。ネットやスマホ創生期から様々なネットシステムを経験してきたワタクシでもハードル高いです。お年寄りには、まず無理ですね。

 

ちなみにサーフィン競技の7日間の日程のうち、3日間に申し込みました。

 


【2019.05.21 Tuesday 07:50】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
梅雨入り宣言

外房気象波浪研究所(Philip College Ring)は、5/20 今年の梅雨入りを宣言致します。

 

気象庁の梅雨入り宣言は面倒デス。

 

(定義)

・梅雨前線の影響で前日当日が雨

・その1週間後の天気予報で5日以上、曇りか雨

 

と言うのが一般向けの定義ですが、実際には気圧配置図・予想図、そして気象衛星による梅雨前線付近の湿度測定値などの科学的基準が基本です。

 

更に面倒にしているのが、「梅雨入りしたっていうのに晴天続きじゃねーか!!」などのクレーム。役人の大の苦手は「クレーム」です。「責任」が怖い人種です。そこで科学的根拠以外に上記の(定義)を定め、「いや〜、、昨日今日が雨でして・・・予報では今後5日程雨曇りだったんですけどねーーー、、晴れちゃいましたねーーー、ウチの責任じゃないんですよー」って言い訳する訳です。

 

 

ちなみに外房気象波浪研究所、所長のワタクシの苦手はヘビ。命とカネ取られなければ責任なんかどれだけでも取ります。

 

 

 

外房気象波浪研究所の気象予測・波予測は、国民の為でも誰の為でもなく、全くもって自分自身が仕事と波乗りのスケジュールを調整する目的で気象を勉強し、波が上がる事を予測しているワケでして、一切のクレームは受け付けておりませんので好き勝手に「宣言」します。

 

でも一応、根拠はあるのです。

 

日本付近気圧配置図

東にでっかい太平洋高気圧。この高気圧は夏の太平洋高気圧ではありません。冷たい空気の春の高気圧です。東経140度付近の南海上の低気圧を中心に、東西に長い前線。こいつが梅雨前線です。

 

広域気圧配置図を見ると、、、

中国東部・朝鮮半島・日本列島・ロシア極東地域にゴチャゴチャと気圧が込み合っています。でも、前線の南側は全くの空白地帯。

 

気象衛星写真を見ます。

雲の中心が大きく2か所。

 

1つは、南海上の低気圧の東西に湿度の高い雲。そして沖縄本島・台湾北部・広東省周辺に丸っこい白が濃い雲が点々としている部分が見えます。白が濃いのは水蒸気濃度が高い事を示します。つまり強い雨を降らせる雲。

 

これ、気圧配置図と併せ見ると、前線でつながっているのがわかります。

雲が途切れているように見えますが、実は太平洋上の雲と沖縄・台湾周辺の雲が前線でつながっています。今後、既に30度超えの生暖かい南シナ海の水蒸気を前線の尻尾(西の端)が吸収して、どんどん白の濃い雨を降らせる雲を作り続けます。

 

するとどうなるかと言うとですね、ちょこっと太平洋上の高気圧が北にズレるとこうなります。↓↓↓↓↓

西日本から関東にかけて雨天域。

 

これを根拠に「梅雨入り宣言」しました。

 

ちなみにこの破線の雨天域には、日本の人口の7割程が住んでいます。


【2019.05.20 Monday 08:23】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
また衝動買い・・今度は失敗かも

衝動買いした新兵器の撮影キットは、スマホを使う仕様なのです。

 

そこで、スマホ固定用スタンドを買いました・・・・が、失敗かもです。

 

 

ちょっと背が高すぎます。

カレッジリングは小さな商品なので、もっと低アングルが必要です。

別のを探すか・・・

 


【2019.05.18 Saturday 10:36】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP