日本のモノ作り

昨今、日本を代表する製造業で相次いで不正が発覚し、「日本のモノ作りは大丈夫か?」という論調で、識者があーだこーだ述べていますね。

 

この点の本質は、「モノ作り」ではありません。

「サラリーマンの劣化」です。

 

 

これ日本の企業が抱える大問題です。ここでいうサラリーマンとは、主に「サラリーマン経営者」を指します。三菱自動車、日産、神戸製鋼、東レ、などは歴史ある大企業で、株主構成が細分化され、「オーナー不在企業」ばかり。つまり、経営陣は全員がサラリーマンです。


名門大学を卒業し、「キャリア組」とか「総合職」としてデスクワークを主にビジネス人生を過ごし、経営企画部とか開発本部とか・・・・でキャリアを積み、部長になり、海外支社の役員をして、本社の役員になり、社長になる・・・みたいな典型的なエリートサラリーマンの出世コースの人々です。MBAとかアメリカの大学に留学したとかの経歴の持ち主も多くいます。

こうしたエリートと言われるホワイトカラーの「サラリーマンの質が劣化」しているのです。以下のような性向の人々が大企業の経営陣として陣取っているので、問題が起こるのです。

 

 

1. 現場を知らない。
2. スーツ着てネクタイ締めてデスクワークをする事が仕事と思っている。
3. 「任期」があるので、任期中つつがなく過ごしたいという心理で問題への前向きな取り組みをしない。
4. 自己資本で経営している訳ではないので、最終的に無責任。
5. 高学歴低学力で、付加価値創造能力が無い。

 

 

神戸製鋼の社長の謝罪会見を観ました。彼、いかにもエリート、上品な企業経営者ですね。とても鉄工所のオヤジには見えませんでした。悪く言ってゴメンナサイ。

 

わたし、鉄工所で働いた事無いけど、高炉だと火を消す訳に行かないから年中無休・24時間稼働ですよね。作業服の工員(彼らもサラリーマン)が、1000度以上の高温環境、操作を間違うと爆発とかケガや命の危険のある職場を24時間365日、交代勤務で支えています。こうした人々は「ブルーカラー」です。ブルーカラーの人々が原料を加工し製品にする付加価値が企業収益の源泉です。ホワイトカラーの人々は、何にも生産しません。なんの付加価値も生みません。


でも、ホワイトカラー社員は経営企画部とかにいると「自分が会社を引っ張っている」みたいな思い込みになります。しょせん書類作りと手続きだけの仕事ですけどね。

 

こうしたホワイトカラーの人々の言う事をブルーカラーの人々は、絶対に本心から聞き入れる事はしません。「本社からの指示」とか「社長の意向」とか、現場を知らないホワイトカラーの言う事なんかブルーカラーの人々の本音は「くそくらえ」なんです。

 

ホワイトカラー側の論理は、マニュアルがあるのにそれを守らない現場が悪い・・・という事になります。神戸製鋼にしても日産にして、謝罪会見で述べられる経営陣の論旨は全てそのようになっています。

 

これじゃあ問題の根本は解決しません。一時的に気を付けるでしょうが、胸元過ぎれば熱さ忘れる・・・でまたまた将来、問題が繰り返されるでしょう。その典型例は三菱自動車ですね。不正に次ぐ不正で、ついに名門の三菱資本系列から離れ、ルノー日産の子会社になってしまいました。

 

 

まあ、簡単な構図なんです。

 

ネクタイ組(ホワイトカラー)が制服組(ブルーカラー)を本当の意味でマネジメント出来ていないってコトですわ。

 

もちろん不正に関係した制服組は、深く反省せねばなりません。

 


【2017.12.15 Friday 08:07】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バスケ歴代チャンピオンリング

昨年、長年のリーグ分裂を解消し、日本バスケがひとつになって発足したB.LEAGUE。そのB.LEAGUEの初代チャンピオンリング(優勝栃木ブレックス)もPhilip College Ringでお作りさせて頂いております。

 

旧bjリーグ、旧NBLもそうですが、NBL前のJBL時代にもいくつかのチャンピオンリングをお作りさせて頂きました。

 

日本バスケ界のチャンピオンリングは、ほぼ全てをPhilip College Ringが製作していると思います。日本バスケ界の発展と日本におけるチャンピオンリング文化の発展は、ほぼ同一の足並みを揃えているとワタクシは考えております。

 

 

そこで、バスケ歴代チャンピオンリングを展示用としてB.LEAGUEに贈呈する事になりました。近い将来、「日本バスケ殿堂博物館」のような展示場も出来る事でしょう。それに備え、B.LEAGUEに日本バスケの歴史の一環として歴代チャンピオンリングを保管して頂きます。

 

5個入りウッドケースは、都内の有名な時計ケース職人さんに依頼したもの。

カナダ産のメープルウッドに内装はポークスウェード(本革)。

 

左からbjリーグ2008-09優勝 琉球ゴールデンキングス

2009-10 浜松東三河フェニックス(現三遠ネオフェニックス)

2010-11 同フェニックス

2011-12 琉球キングス

2012-13 横浜Bコルセアーズ

 

 

第2のケース

2013-14 琉球キングス

2014-15 浜松東三河フェニックス

2015-16 最後のbjチャンピオン 最多優勝回数4回のキングス

 

そしてJBL時代2009-10 リンク栃木ブレックス(初優勝)

2013バスケ天皇杯優勝 パナソニック・トライアンズ(現社会人クラブ:和歌山トライアンズ)

 

 

第3のケース

NBL2013-14優勝 東芝ブレイブサンダース(現 川崎ブレイブサンダース)

NBL2014-15 アイシンシーホース三河(現 三河シーホース)

NBL2015-16 NBL最後の王者はまたして東芝ブレイブサンダース

 

そして右から2番目には既にB.LEAGUEで保管しているB.LEAGUE初代王者 栃木ブレックスのチャンピオンリングが収まります。

 

先日、B.LEAGUEの大河チェアマンに贈呈して参りました。

将来、「バスケ殿堂博物館」などが出来るまでは、B.LEAGUEのチェアマン室に飾られます。

 


【2017.12.14 Thursday 08:29】 author : 管理人(Philip College Ring) | チャンピオンリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
箱根ヨコワケハンサムワールドGT2017

もう何年目になるでしょう?

今年も12月の恒例行事、クレイジーケンバンド箱根ヨコワケハンサムワールドGT2017に参戦して参りました。

ところで、「箱根ヨコワケハンサムワールドってナニよ?」と言う方も多いでしょう。

ちょこっと解説。

クレイジーケンバンドと参加者で、芦ノ湖畔のザ・プリンス箱根を貸し切り、ライブ、ディナー、飲み放題ディスコタイムで一晩中遊ぶイベントです。

土曜の15時チェックイン。

館内は廊下やホール、エレベーターなど公共スペースにはCKBのBGMが流れています。

18時、ディナー。CKBメンバーが乾杯の挨拶に来ます。

食後、一旦解散で20時から別会場でライブ。

21時半頃ライブが終わり、再び別会場で23時から翌朝2時頃までディスコタイム。

翌朝は、朝食付きで10時過ぎチェックアウト。

朝食会場では、CKBのメンバーも一緒に。

でも、CKBも参加者も平均年齢50歳台なので、朝食会場では前日の飲みすぎ騒ぎすぎで、全員グッタリまったり雰囲気。。。。

 

ワタクシは、いつものタイムスケジュールに従い、23時からのディスコタイムは不参加。22時就寝デス。朝は、いつものように6時頃に起きて、ストレッチし、誰もいない露天風呂でひとっ風呂浴びて、元気マンマンで朝食会場に行きますけどね。

富士山がとってもキレイでした。


【2017.12.13 Wednesday 07:55】 author : 管理人(Philip College Ring) | 音楽関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
チャンピオンリング新モデル

先日、アメリカの提携工場に出張に行った際、アメフト向けチャンピオンリングの新モデルを発見しました。

 

新モデルとは言っても、まあアメフト向けには良くある型で、トップが尖った楕円のボール型なんですが、そのバリエーションをいくつか頭に入れておきました。

 

これ、デトロイトのある高校がアメフト部が州大会で優勝した時のチャンピオンリング。

トップのマーキース(猫の目型カット)の石がいい感じデス!

重量はシルバーで約20gと軽量。これなら日本の大学かアマチュアアメフトクラブ向けのチャンピオンリングにいいですね〜♪

 

そして同じくトンガリ楕円トップのいくつかの類似型を見せてくれました。

少しトンガリの角度を弱めて、ラグビーボール型にすればラグビーフットボールのチャンピオンリングにも使えそうです。


【2017.12.12 Tuesday 08:15】 author : 管理人(Philip College Ring) | チャンピオンリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
来春卒業予定者カレッジリング受付中

2018年春卒業予定の皆様


2018年春ご卒業の皆様のカレッジリングのご注文受け付け中です。
ご注文時期、納期等につきまして、以下のようにご案内申し上げます。


【対象商品】 来春卒業予定学生様向けカレッジリング

商品説明・ご注文ページ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



納期目安:ご注文後 約2.0-2.5カ月(除く年末年始休業等)

ご注文時期と納期の目安:

【2018年2月末日までのお届け希望の場合】
=2017年12月20日までの御注文にて締め切らせて頂きます。

【2018年3月末頃までのお届け希望の場合】
=2016年12月末までにご注文下さいますようお願い申し上げます。1月に入ってからのご注文の場合、ご卒業式などの特定日までに間に合わない可能性もございますので、ご注意下さい。


【例 外】
弊社にて既に製作実績のある大学の型で、且つ同じく製作実績のある学部マークを使用し、お名前と卒業年次のみを差し替える場合は、上記納期より約2週間短縮出来ます。

お作りさせて頂いた学校のカレッジリングは、ご許可頂けた品については弊社ウェブ【カレッジリング博物館】に掲載させて頂いておりますので、母校リングがある場合は上記特例対象という事でございます。


【幹事様サポートサービス】
同期の皆様のカレッジリングのご注文を取りまとめになる幹事様は、ご負担が大きいと存じます。Philip College Ringでは、幹事様のご負担の軽減にお役に立てるよう「幹事様サポートサービス」をご用意しております。

詳しくは以下のページをご覧下さい。

 



ご注文時期等につきましては、弊社都合にて恐縮なお願いを致します事、誠に申し訳ございませんがご理解の程何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年10月吉日
有限会社フィリップカレッジリング
代表取締役 渕上祥司

お問合わせ:
info@philip-collegering.com
Phone 0475-42-3336 Fax 0474-13-7860

 


【2017.12.11 Monday 08:10】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久々に波、良くありません

久しぶりに波が一段落。

 

とはいっても、サイズは胸肩近くあるのですが、サイドショアの北風が吹いてコンディションがイマイチって感じです。

このところ、コンディション良かったので、ちょっと良くないと入る気がしないダケかも。。

現在、東海上を低気圧が抜けているので、明日にはコンディション上向くでしょう。

それまで一休みします。

 


【2017.12.09 Saturday 07:30】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
立教大学カレッジリング1983年モデル復刻製作

立教大OBの皆様には、本当にたくさんのご注文を頂けています。

 

アイビーブーム真っ盛りの1970-1980年代、学校生協でカレッジリングを積極的に販売していたそうで、Josten's、John Robertsなど複数の米国メーカー製カレッジリングを扱っていたらしいのです。

 

だからOBの皆さんにカレッジリングの認知度が高いのですね。

 

でも、当時は関税や為替の関係でほとんどがステンレス合金製。

今、OBさん達も50歳台になり、改めて着用しようとすると、ちょっと合金製は恥ずかしくて着けれない・・・・ってなワケで、Philip College Ringに復刻製作をご依頼頂く事になるようです。

 

ありがたや、ありがたや。。。

 

今回、S様からは当時のデザインのまま、角型トップだったものを楕円形トップで復刻製作して欲しいとのご依頼でした。

↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 


【2017.12.08 Friday 08:11】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP