冬のきたうねり到来

ついに千葉外房のベストウェイブコンディションの季節がやってきました。アリューシャン海域の大型低気圧が送り込む冬のきたうねりに北西のオフショアのコンディションになりました。

 

サイズある時は頭近く。コンスタントに胸肩サイズ。

 

写真提供:One World Surf

 

 

この時期の千葉は、外気温より海水温の方が暖かく、だいたい水温17-18℃。

ウェットは、薄手のフルスーツでOK。

 

 

最近、太り気味のOne World Surfのヒロ君。サーフィンのキレが落ちてます。

でも、トップアクションは体重がある分、パワフルな感じになっています。

そしてワタクシの大好きな堤防左脇のレフトブレイクも出現しています。

いい季節になりました。


【2018.11.17 Saturday 11:43】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ある日の作業台シリーズ

この日の最終仕上げ作業台には、個人様の注文品3点(後列)と新プロジェクトのサンプル4点が載っています。

ただ今、Philip College Ringは極秘新プロジェクトが3つ同時進行しています。

いずれもライセンス契約なので属に言う「企業ヒミツ」です。


【2018.11.16 Friday 10:32】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人出不足

最近になって「人出不足」という言葉をよく聞きます。

 

少子高齢化

外国人労働者

 

ってあたりがキーワード。

 

でもつい数年前までは「就職難」「失業」「有効求人倍率低下」など、主に若者に仕事が無い・・・と長年言われていました。

 

 

実はワタクシ、現在の「人出不足」に違和感を覚えます。

そして以前の「若者に仕事が無い」「就職難」にも違和感バリバリでした。

なぜだろうか???

 

 

視点を変えて、新聞記事。

 

ちょっと前の神戸製鋼の品質不正事件の報道記事。

つい今はKYBの免震制震装置の品質不正報道がなされています。

 

これ外国人労働者が人出不足を補うという記事。

水産、物流、製造業などに外国人労働者が増えているという内容。

 

これも外国人労働者関連記事。

外国人労働者の賃金が低いっていう内容。

「高収入に人材少なく」というサブタイトル。

 

今度はユニクロが従来より人員を9割削減した自動仕分けの倉庫の記事。

 

関係無さそうなこれらの記事ですが、透けて見えてくるコトがあります。

ようは、日本人の職業選択の幅が偏っているってコトでは無いでしょうか?
以前の「就職難」と言われた時期も「人出不足」と言われている現在も、水産業、物流業、製造業の現場の仕事は日本人の就職希望者が少ないのです。

 

↓↓↓↓↓は、2018/11/15讀賣新聞朝刊の記事

国会で外国人労働者受け入れ人数とかナントカ、不毛な議論をしていますので関連記事です。

 

受け入れ見込み数の業界に注目。介護、外食、建設、農業漁業、ビル清掃、飲食料品製造(食品工場)、造船、自動車整備、機械電子の工場など全て「現場」です。

 

朝早く漁船に乗って、寒くて、キツくて、危ない漁師はイヤ。

水産加工工場で、魚さばくのはクサくて汚くてイヤ。

物流業で、重い荷物持ったり、夜中に運転したりするのはイヤ。

工場で、油やススにまみれて仕事するのはイヤ。

 

大手製造業でも生産現場の人材が不足し、管理側も現場を知らず、品質不正など世間を騒がす事態を引き起こす重大要素になっているのです。

 

 

皆さん、大企業のオフィス勤めで、スーツ着て、パソコン叩いて、土日休みで、更に有給がたくさんあって、「戦略」とか「会議」とかが仕事で。。。。という職業が好きなんですよ。

 

そういう仕事にありつけないのが以前の就職難の実態ではなかったでしょうか?製造業の現場、農業水産業、物流業、介護福祉業界、などは今になって人出不足になった訳ではありません。

 

 

ホワイトカラーって仕事の本質は、モノ・コトの生産や流通取引きが成り立つ為の補助作業(書類作成等)とモノ・コトの生産現場で働く人への給料支払い手続きや労働厚生手続きなど、俗に言う「総務・経理」の業務です。ようは事務屋さんです。

 

 

社長が営業やって、奥さんが事務と経理やって、従業員がトラック転がす運送業ならホワイトカラー従業員は不要です。

 

社長が自ら商品開発して、従業員とともにソレを作って、同じく奥さんが事務経理やって、問屋さんがソレを買ってどこかに売ってくれればホワイトカラーは不要です。

 

問屋さんや商社に頼らなければ、営業も必要でしょう。

宣伝も必要かもです。

でも「ナントカ企画部」とか「ナンチャラ戦略室」などは本質的には不要でしょう。

 

 

「職業選択の自由」を謳歌しすぎた結果が、日本人全員がホワイトカラーに目が向きすぎていると思います。労働者全員がホワイトカラーだったら、世の中成り立ちません。


 

少子高齢化と言っても、人口減少は年コンマ数パーセントです。いきなり働き手が激減した訳ではありません。つまり、以前の人出不足も現在の人出不足も、現場仕事を嫌がり、デスクワーク仕事ばかりを求職する者が増えた結果の人出不足です。

 

もっと労働の本質を見直すべし。

アタマ使うとともに、手足を動かす事が労働です。


【2018.11.15 Thursday 08:44】 author : 管理人(Philip College Ring) | 新しい掲載! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
動画練習中 その2

作成練習中の商品紹介動画。

これiPhoneXで撮りました。

 

なんだか、回転の際の中心軸がズレちゃいました。

シルバーの色味もなんだか不自然です。


【2018.11.14 Wednesday 08:41】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アメフトXリーグ ベスト4決定

アメフトXリーグが終盤戦を迎えました。

 

リーグ戦を経て、上位8チームによるトーナメント方式のプレイオフ「JBXトーナメント2018」がベスト4準決勝戦まで進みました。

 

準決勝戦はいずれも11/25(日)に

 

川崎スタジアムで富士通フロンティアーズvsオービックシーガルズ

エキスポフラッシュフィールドでパナソニックインパルスvsIBMビッグブルー

 

ここ数年、常連の4チームです。

 

 

リーグ戦順位は、

 

1位 フロンティアーズ

2位 インパルス

3位 ビッグブルー

4位 相模原ライズ

5位 シーガルズ

 

でしたので、シーガルズが「下剋上」での勝ち上がりです。シーガルズはリーグ戦でフロンティアーズに28-31と、たったの3点差、つまりフィールドゴール得点差での惜敗でした。

 

25日に「決着」を付ける事になります。


【2018.11.13 Tuesday 08:18】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
川崎フロンターレ、Jリーグ連覇!

11/10土曜、サッカーJ1リーグの決着がつきました。

 

フロンターレが連覇!!

長年の「無冠の帝王」の汚名、完全返上です。  【写真:Getty Images】


今年は風呂桶じゃ無く、本物のシャーレでした。

 

早速優勝記念グッズで、フロンターレ独特の「へんてこグッズ」が発売されました。

昨年は、優勝時に掲げたシャーレの写真を張り付けた「風呂桶」でしたけど、今年は純金製のマスコットです。あっ、、、これPhilip College Ring製ではございません。

さすがに商品実物写真じゃなく、CG画像ですね。

 

22gの純金だそうです。ってコトは、Solidですね。Solidとは宝飾品製造用語で、「中身が詰まっている」という意味です。製造法はLost wax Cast=ワックス型鋳込み法でしょう。きっと、鋳造後にSurgery=外科的手法の意味で、背中や足裏などを外科手術のように空けて堀り込んで重量調整。

 

日本では出来ないのですけど、このような立体造形を純金や純銀で作る最もベストな手法は、Electro-Forming:エレクトロフォーミングという製造法があります。特殊な設備が必要ですが、純金の微粒子を3Dプリンタのような手法でBuilding:建て上げる方法だと、中をほぼ空洞に出来て、且つ表面は複雑な作りの仏像並みの微細な彫刻(実際は彫刻:sculptureではなくBuilding)も可能。最大の特性は、Solidで純金20g程度の立体物をエレフォなら同じ体積で約10gの重量で作れる事です。

 

 

おっと、サッカーの話題から宝飾品に脱線してしまいました。

まだ2試合残っていますが、昨日時点の順位表を見てみましょう。

 

残念だったのはサンフレッチェ広島。独走態勢だったものが、直近5試合5連敗。

 

1位から16位までの直近5試合の勝ち負け記号を見ても、5連敗のチームはサンフレチェのみ。。。。。何が起きたのでしょう??

 

開幕5連勝後も引き分けはあれど、9試合負け無しで8月までは独走でした。しかし9月以降突如崩れ、天皇杯含め9戦1勝7敗1分けの惨憺たる状況になってしまいました。

 

対してフロンターレは、開幕直後は低調でしたが5月頃から持ち直し、8月以降のリーグ戦16試合は3敗のみ。

 

フロンターレとサンフレッチェの明暗を分けた形になりました。

 

フロンターレは、後2試合残した現時点では、シーズン計32戦19勝6分け7敗。Jリーグでは引き分けも勝ち点1がつきますので、19勝6分は勝率78%とほぼ8割の試合で勝ち点を積み重ねた結果です。

 

サンフレッチェは32戦17勝5分10敗。勝率68%。何と言っても9月以降の連敗が・・・・・・。

 

そして3位につける鹿島アントラーズは、32戦15勝7分10敗。昨日11/11にイラン・テヘランで行われたアジア・チャンピオンズリーグを初制覇して勢いに乗っています。

 

残り2戦で、アントラーズが順位を上げる=サンフレッチェが更に負け・・・と言うのは、あまりに広島サポーターにとって悪夢ですので、ここはサンフレッチェに踏みとどまって欲しい所です。

 


【2018.11.12 Monday 08:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にゃんこ隊長

我が家の見回り隊の隊長が今朝もやってきました。

庭を横断して見回って、異常なしなので隣の家の庭に見回りに行きました。

 


【2018.11.10 Saturday 08:56】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP