サンロッカーズ天皇杯制覇!

1/12(日) さいたまスーパーアリーナで行われたバスケ天皇杯決勝戦 川崎ブレイブサンダースvsサンロッカーズ渋谷。優勝したのは、B.LEAGUEでは未だタイトル無しだったサンロッカーズでした!

ヘッドコーチは元キングスの名将、伊佐勉HCは、「Bリーグになりレベルが上がっている中、天皇杯を優勝できたのは、どえらいことをさせてもらった。4年目というこんな早い時期に優勝できるとは、僕の人生プランに全く無かったので、早すぎるうれしい結果」と勝利を喜んだそうです。

 

サンロッカーズはリーグ戦でも現在東地区3位につけています。後半戦に向かって大きな勢いがつきそうです。

 


【2020.01.13 Monday 15:18】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | - | - | - |
TEAM26マガジン2019Vol.2

アップが遅くなりましたが、2019シーズン終了後にTEAM26が届きました。千葉ロッテマリーンズのファンクラブ組織TEAM26の機関紙です。ワタクシ、TEAM26会員でもあります。

 

表紙はもちろん今シーズン限りで引退したMrマリーンズ、俺たちの福浦。

 

現役中の振り返りと、来期から就任する二軍ヘッド兼打撃コーチへの抱負などのインタビュー記事が巻頭特集です。

地元習志野高校からドラフト最下位での入団。マリーンズ一筋26年は立派です。

昨年の2000本安打で名球会入り資格も持っています。

 

 

TEAM26会員の投票による年間MVPの発表。

そうそう!!種市投手!!ベストナインに最優秀投手!ワタクシも賛成!!

 

ワタクシ、彼を強く認識したのは今年8/25マリンスタジアムでの対ホークス戦。バックネット裏の良い席でした。彼が先発投手だったのでプレイボール前の投球練習を見て、びっくり!!!こんないいピッチャーいたんだ!!と思いました。このゲームも2年連続でCSと日本シリーズで圧倒的破壊力を誇ったホークス打線を沈黙させ、勝利投手になりました。

福浦もドラフト最下位入団。彼らのようにドラフト下位指名入団選手が育つマリーンズの土壌はいいですねーーー。ホークスも育成選手が育って今の強さがありますしね。

 

そのドラフト、井口監督は今年もやってくれました。

大船渡高校の最速160kmの怪物、佐々木投手を獲得しています。

 

一昨年のドラフト2位藤岡裕大、4位菅野剛士は既に打線の中軸としてレギュラーで打率3割前後の好成績を弾き出しています。彼らは大卒→社会人チームからの即戦力です。

 

昨年のドラフト1位藤原恭太。大阪桐蔭高校で甲子園春夏連覇の立役者は、まだ19歳。種市も入団3年目から頭角を現したので、藤原は再来年かな?

 

そして今年の佐々木!2年後に期待!

 

助っ人ではブランドン、ボルシンガーは退団しましたが、スシ大好きレアードとレオネス・マーティンは残留。来季は、鈴木大地、荻野貴司、アジャコング井上のベテラン&中堅陣と藤岡、菅野の若手組、そしてレアード、マーティンと攻撃陣はカードが揃っています。

 

投手部門が、種市、石川の先発、中継ぎの益田・・・と、、投手陣が手薄のところに、イーグルスから美馬入団!涌井、唐川のベテラン陣が機能すれば、来期は十分にCS圏内です!


【2020.01.11 Saturday 07:34】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | - | - | - |
スーパーボウルは2/2→日本時間2/3(月)

ワタクシのこの時期の楽しみのひとつであるスーパーボウル。

 

今年は、米時間2/2(日)・日本時間2/3(月)の午前8時からマイアミのハードロックスタジアムで行われます。

収容人数75000人。NFLマイアミドルフィンズのホームです。

このスタジアムは、完全民営。ドルフィンズのオーナー、ジョー・ロビーが自治体などの公金を一切使わず、自己資金で建てたスタジアムだそうです。ネーミングライツでハードロックの名を冠しています。

 

ワタクシ、先日のサンディエゴ出張で偶然ハードロックホテルに宿泊したのですが、部屋の中にブランド紹介冊子があり、経営主体のハードロック・インターナショナルについて書いてありました。日本でもおなじみのハードロックカフェとハードロックホテル、そしてラスベガスやマカオなどでIR(カジノ&リゾート)を多数経営しているのですね。

 

 

そして今、アメリカではNFLのプレイオフ戦が行われています。

 

プレーオフ出場チーム

 

AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)
シード順 チーム 勝敗 地区成績
1 レイブンズ 14勝2敗 AFC北地区優勝
2 チーフス 12勝4敗 AFC西地区優勝
3 ペイトリオッツ 12勝4敗 AFC東地区優勝
4 テキサンズ 10勝6敗 AFC南地区優勝
5 ビルズ 10勝6敗 AFC東地区2位
6 タイタンズ 9勝7敗 AFC南地区2位
NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)
シード順 チーム 勝敗 地区成績
1 49ers 13勝3敗 NFC西地区優勝
2 パッカーズ 13勝3敗 NFC北地区優勝
3 セインツ 13勝3敗 NFC南地区優勝
4 イーグルス 9勝7敗 NFC東地区優勝
5 シーホークス 11勝5敗 NFC西地区2位
6 バイキングス 10勝6敗 NFC北地区2位

 

両カンファレンスとも下位がワイルドカード出場です。

1位と2位チームはシード権があり、カンファレンス準決勝から。

 

既にワイルドカード戦は結果が出ています。

↓↓↓↓↓


なんとっ!!!AFC4位ながら優勝候補筆頭、事前投票で7:3の圧勝予想だった昨年のスーパーボウル王者ペイトリオッツがテネシー・タイタンズに13-20で敗戦!!今年はブレイディを観れませんね。。。。

 

タイタンズ、、、良く知りません。スーパーボウル優勝無し。次戦は、2012チャンピオンのレイブンズとの対戦ですので、もしタイタンズが勝てばマグレではなくなります。レイブンズは2000年と2012年のチャンピオンです。

 

テキサンズvsビルズはテキサンズが勝ち上がり、カンサスシティ・チーフスとの対戦。この両チームもワタクシ情報無し。チーフスは1969年(半世紀前)に1度だけスーパーボウル優勝しているようです。

 

NFCでは、サンフランシスコ49RES(優勝5回)、グリーベイパッカーズ(優勝4回)と名門チームがシードです。シーホークスとイーグルスはロゴが似てますね・・・シーホークスが勝ち上がり、パッカーズと対戦。バイキングスはセインツを破り、49RESと対戦です。

 

ワタクシ的には、、、提携工場がパッカーズの過去4回優勝中2回チャンピオンリングを製作しているので、心理的にパッカーズを応援しておりますが、49ERSも観てみたい。。。でも、スーパーボウルにはどちらか片方しか登場出来ません。

 

 

毎年お楽しみのハーフタイムショウは2大ラテン歌姫の競演!

ジェニファー・ロペスとシャキーラだそうです。

 

今週末1/11-/12がカンファレンス・セミファイナル。

1/19がカンファレンス・ファイナル!


【2020.01.10 Friday 07:43】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | - | - | - |
バスケ天皇杯

12月1月はスポーツの季節です。アメフト、マラソン、ラグビーなどなど学生・社会人の各競技のビッグタイトル戦が多数行われています。

 

バスケの天皇杯も今週末に準々決勝・準決勝・決勝戦が行われます。

会場はさいたまスーパーアリーナ。

 

組み合わせと日時は以下の通り。

 

天皇杯を3連覇していた千葉ジェッツは、レバンガ北海道に敗れて4連覇は無くなりました。

 

このバスケ天皇杯、別名オールジャパンは、実は1921年開始と100年近く続く大会です。当初は、「バスケ伝道団体」とも言われる各地のYMCAが参加しており、初代チャンピオンは東京YMCAだったそうです。その後、高校・大学などの学校クラブチームが主に参戦するようになり、戦後は各地域クラブと大学バスケ部で争われ、高度成長期には実業団チームが主流でした。

 

現状の大会方式になった1989年以降、最多優勝はアイシン三河(現:シーホース三河)の9回、いすゞ自動車(消滅)の5回、東芝神奈川(現:ブレイブサンダース)と千葉ジェッツの3回、トヨタ自動車(現アルバルク)が2回となっており、シーホース三河が圧倒的な成績です。

 

しかし、日立東京(現サンロッカーズ)も2015年に優勝経験有りですが、不思議な事にブレックスは天皇杯では無冠。グラウジーズ、レイクスターズの旧bjリーグ組は、B.LEAGUE発足前まで天皇杯参戦資格がありませんでした。レバンガも無冠。

 

 

さて、、、ワタクシ的には、、、、

 

今年はサンダースが強いですねーーーー。

 

でも、リーグ戦も天皇杯も無冠組(レバンガ、レイクスターズ、グラウジーズ)が決勝までくるとワクワクしますねーーー。


【2020.01.09 Thursday 07:49】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | - | - | - |
新兵器テスト報告(イオン洗浄機)

先日購入した新兵器、イオン電解洗浄機!!

 

使えます!!!

 

まずインストラクションに従い、厳密に計量してピンク色のイオン水を作りました。

 

試しに半製品のシルバーリングをフックにかけて洗浄してみます。

 

電解層に沈めて、、、

 

スイッチを押すと、超音波と電解通電してリングから泡が勢いよく出てきます。

 

写っていませんが、内側にこびりついていた黒いカーボン汚れも取れていました。

 

洗浄終了

 

ビッカビカです!

 

ワタクシの新兵器研究開発(衝動買いとも言う)は、打率低いのですが、これは当たり!


【2020.01.08 Wednesday 07:53】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | - | - | - |
新兵器!(?) イオン洗浄機

取引先の機器輸入業者さんから「アメリカで新しい洗浄機が出た。電解でイオン交換するもので、地金内部の酸などの除去に効果があるらしい・・・・但し、まだ評価が定まっていない」との事。

 

ほい、ほい、そーゆー新しいの大好き!

 

早速、1台譲ってもらいました。

電解機能付き洗浄タンク、イオン交換溶液を作り保管するプラ容器、イオン洗浄剤2種のセット。

 

う〜う〜、、、、、

まあ、、、直感的にわかりますわな・・・

 

急所はDry Powder Mixというイオン溶液の配合を正確にしなければならないようです。

向かって右の投入口から水(真水)を50℃から60℃に温めたものを目盛りに従い1/4のところまで入れて、その後専用容器にA剤とB剤を入れて良くシェイク。完全に薬剤が溶けたらフルボトルまで真水を投入して保管。取り出す際には、必ず向かって左の口から出さねばならないとの事。

 

そのイオン溶液をポットに2オンス(118cc)入れて、更に真水を8分目まで入れて、その中でモノを電解洗浄する。メッキ装置と原理は同じです。

 

ポットには、金網ザルとアルミ棒の2種のアタッチメントが付属。金網ザルは、ネックレスやパーツなどで使います。

ペンダントやリングなど通し穴のあるものは、こちらのアルミ棒の方が接触面が少なく、キズ付きにくいでしょう。

試した結果は、後日ご報告します。

 


【2020.01.07 Tuesday 08:14】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | - | - | - |
ライスボウル

2020年1月3日、東京ドームに行ってきました。

 

お正月の恒例行事として、2011年から今回まで連続10回、初詣に行かなくてもライスボウルには来ましたが、これが最後のライスボウルになりました。

本当は、今回は行かないつもりだったのですが、「まさかの、、もしかしたら、、、、何かが起きて、関学が勝つかもしれない。その可能性はゼロでは無いはず」と思い、【奇跡】を期待して東京ドームへ。しかし奇跡は起きず、試合は全く観るべきもの無く、今後のライスボウル不参加への決意が固まった今回でした。

 

富士通フロンティアーズ 38-14 関西学院ファイターズ

 

その差、3TDと1FG分という大差でした。

 

わたくし、関学側席にいたのですが、応援側も完璧に白けており、一応、ファイターズのグッドプレイには拍手や歓声を上げるのですが、フロンティアーズの押し込みや得点には全く反応しなかったです。溜息さえも聞こえません。

 

ほぼほぼ関学側席の観客は、関学出身者か大学フットボール経験者若しくは現役生、その関係者でしょう。皆さん、お正月の恒例行事だし、出身校若しくはリーグ戦で対戦した相手だしと応援しに来てみたものの、やはり試合が始まる前から、いや対戦カードが決まった時点から、いいえ、このライスボウルの対戦形式自体に違和感や異議を感じながらの観戦だったと思われます。

 

ようは皆さん、ワタクシとほぼ同じような思いだったと感じます。

 

WikiPediaのライスボウルの過去の対戦成績をみてみましょう。

↓↓↓↓↓

ライスボウルが現在の「社会人リーグ優勝チーム」vs「大学生リーグ優勝チーム」の対戦形式となり、【真の日本一決定戦】と銘打って始まったのが1984年。合計37回開催され、通算成績は社会人25勝、学生12勝。しかし2000年以降の計20回では、社会人16勝4敗。過去10年間では社会人10勝0敗。

 

ライスボウル発足当初は、社会人チームは本当の「企業の部活チーム」でした。営業部や人事部、生産現場などで働く会社員が終業後に集まる部活方式です。

 

対して学生側は、授業終わりに毎日練習、強豪校は週末も練習、夏休みなどは合宿とアメフト漬けの現役バリバリ選手達だったわけで、従ってライスボウル発足当初の20年間は、10勝10敗と五分だったのです。

 

しかし2000年台後半から、社会人チームのレベルが急激に底上げされてきました。米NFLに入団するかしないかのハイレベルな外国人を一種のプロ契約に近い形で迎え入れ、日本人選手も「○○スポーツ推進室所属」などとして、日常業務を免除して部活(アメフト)に専念するような形となり、「社会人チーム」「実業団チーム」の中身が20世紀とは変質してきたのです。

 

結果、Xリーグのプレイの質は急激に向上し、リーグそのものの運営や集客は順調になりましたが、そのひずみがライスボウルに出てしまったのです。

 

もはや「半プロチーム」となったXリーグ所属チームと学生チームの対戦は、、、、例えるなら、、、

 

サッカーJ1優勝チーム対J2優勝チーム

 

バスケB.LEAGUE B1優勝チームvsB2優勝チーム

 

プロ野球日本シリーズ優勝チームvs社会人野球優勝チーム

 

大学生チームvs高校生チーム

 

の様相となったのです。

 

 

それでも2013年のオービックシーガルズ 21- 15 関学ファイターズ戦などは、4Q残り時間1分未満まで関学が14-15でリードし、残り数秒ギリギリの逆転劇でシーガルが勝ったり、2016年の立命館パンサーズ 19- 22 パナソニックインパルス戦は、3点差=1フリーゴールキック差だったり、緊張感のあるゲーム展開でした。

 

しかし、特に昨年2019年のフロンティアーズvsファイターズ戦などは52-17。

このような展開では、スポーツ興行として成り立ちません。

観てて面白くもなんともないんです。

 

 

<解決策案その1>

学生vs社会人は廃止。

 

その代わり、社会人優勝チームと米NFLの選抜チームとの交流戦と学生優勝チームvs米NCAA選抜チームとの交流戦をお正月に行う「ライスボウル」とする。1/2-/3の連続開催とか。

 

1月は、NFLもNCAAもシーズン真っただ中とはいえ、クリスマス休暇明けの時期ですので、招待選手達は観光がてら日本のお正月を楽しんでもらえばよいです。選抜方法は、先方任せで良いのでは? アメフトの母国であり、世界一を任ずる米国側が負けてしまう人選はしないでしょう。例え、NFL2部やレギュラーメンバー外から選んだとしても。

 

それに確か、NFLは12月末時点で各ディビジョンの順位はほぼほぼ確定し、プレイオフ体制に入ります。そこでプレイオフ出場権の無くなったチームに来日要請しても良いのでは?

 

きっと、社会人優勝チームも学生優勝チームも米チームには勝たないでしょう。しかし、その力の差を埋めるよう、将来勝つことが出来るように日本アメフトのレベルを底上げする事になるでしょう。

 

 

<解決策案その2>

社会人チームの外国人選手出場禁止。

 

帰化選手は日本人ですのでOKですが、外国籍で「○○スポーツ推進室所属」として一応会社員の形は取っているものの、ほぼプロ契約選手です。人種差別ではないけど、フルコンタクトスポーツなので人種の違いによる体格差が、フルコンタクトする成人するかしないかの学生選手への明らかなリスクになっています。

 

 

まあ、このような解決策=お正月にわざわざオカネ払って観に行く興行に耐えられる改善がなされないなら、ワタクシのライスボウル参戦は今後ありません。

 

 

しかし、チアのねーちゃんはいいですねー^−^

 

どうぞ↓↓↓↓↓

 

以上


【2020.01.06 Monday 08:05】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP