<< ルーペ 結論出ました | main | スパムメール fromロシア >>
薬品実験結果

昨年末にシルバーの変色防止薬剤の実験をしていることをお伝えしました。

 

http://news.philip-collegering.com/?day=20191227

 

1か月経ち、結論が出ました。

 

今まで長年使ってきた「コノシュアー」+「ナノジュエリー」よりも、新たに発売された「シャイニング」+「シルキープ・ネオ」に軍配が上がりました。

 

アルカリ薬剤「シャイニング・シルバークリーナー」

 

変色防止保護膜形成剤「シルキープ・ネオ」

 

同じバッチでキャストしたシルバーリング4個を、

 

検体1=シャイニングに浸漬+ナノジュエリーで被膜形成

検体2=シャイニングに浸漬+シルキープで被膜形成

検体3=コノシュアーのみ

検体2=シャイニングのみ

 

1か月間、工房内に裸で放置。

 

ぶっちゃけ、全部大きな変色は見られず全て合格ラインは超えておりますが、細かく比較すると↓↓↓↓↓のようにシャイニング+シルキープ連合の勝ちです。

 

検体1と2の比較

一見、差が無いように見えますが、、、検体1をよく見ると少しだけ黒く変色した小さな点が複数見られます。

 

石座の文字の隙間にも検体1には変色が始まっている様子がありますが、検体2は全く変色の兆し無し。

 

検体3と4は、いずれも変色要素は見受けられませんでした。

強いて言えば、やはりコノシュアーの検体3に少しだけ黄色みがあるかな?

 

ってなワケで、Philip College Ringのアルカリ薬剤はシャイニングに、変色防止剤はシルキープ・ネオに変更となりました。

 


【2020.02.07 Friday 07:48】 author : 管理人(Philip College Ring) | カレッジリングについて | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする





 


CALENDAR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP