<< 台風15号通過 | main | もうすぐ台風16号発生 >>
ホークス千賀投手ノーヒットノーラン!

9/6(金)、商談があり福岡ヤフオクドームに行って参りました。

ヤフオクドームまで来て、野球観ない訳には行きません。

 

ホークスは2位ライオンズと1ゲーム差の首位。激しく競り合っています。

 

でも、この日のヤフオクでの対戦カードは、ホークス大の苦手のマリーンズ!今期ホークスvsマリーンズの対戦成績は、この日まで21戦6勝15敗 勝率2割8分5厘!!!!????

 

負けられないホークスは先発にエース千賀。ギリギリ3位につけているマリーンズも、このヤフオク3連戦を今までの勢いで勝ち越したい願いから、先発にボルシンガーを持ってきました。こりゃ、投手戦になるな・・・

 

レフトスタンドにはマリーンズ応援団が詰めかけています。

 

チアチーム、ハニーズ、、、遠い・・

 

でも国内球場最大のホークスビジョンで拡大!

 

試合は予想通り投手戦。

千賀は最速158kmの直球、誰も打てないオバケフォークで三振と凡打の山を築きます。

ボルシンガーもいい!セパ両リーグ最強打線を相手に4回まで完封。

 

試合が動いたのは5回裏、ホークスの攻撃。ウッチー内川がデッドボールで出塁。続くマッチ松田が大飛球のセンターフライ。。打ち取られた・・と思ったら、マリーンズのセンターフィールダー:レオネス・マーティンが小学生みたいにグラブに入れながらの落球!!????1/2塁。イマミー今宮が送りバントで2/3塁。キャノン甲斐がタイムリーヒットで1点先制するも、1点止まり。

ボルシンガー、自責点を付けるのは可哀そうな1点献上。

 

6回裏ホークス攻撃、グラシアルがヒットで出塁。ウッチー内川、センターフライ・・・なんと!またしてもレオネス・マーティン落球の間にグラシアルがホームを駆け抜け2点目。

 

マーティン、元キューバ代表でデスパイネ達と同窓。本来、守備の名手で内野外野の複数ポジションをこなすんですが、なんとこの日初めてヤフオクでセンター守備についたらしいのです。屋内球場の光源に慣れていないのでしょう。

 

結局、ボルシンガーは7回裏まで投げ切り、マーチンのエラー2つに伴う2点献上以外はきっちり抑えながらも敗戦投手に。

 

そして千賀は9回表までノーヒットノーランで投げ切りました。

球団としては76年ぶりだそうです。

偶然この日に商談が入り、歴史的なゲームを観戦出来ました。

この日のノーヒットノーランの影の立役者はマリーンズのマーティンでした。


【2019.09.10 Tuesday 11:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://news.philip-collegering.com/trackback/3199
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP