梅雨入り宣言

外房気象波浪研究所(Philip College Ring)は、5/20 今年の梅雨入りを宣言致します。

 

気象庁の梅雨入り宣言は面倒デス。

 

(定義)

・梅雨前線の影響で前日当日が雨

・その1週間後の天気予報で5日以上、曇りか雨

 

と言うのが一般向けの定義ですが、実際には気圧配置図・予想図、そして気象衛星による梅雨前線付近の湿度測定値などの科学的基準が基本です。

 

更に面倒にしているのが、「梅雨入りしたっていうのに晴天続きじゃねーか!!」などのクレーム。役人の大の苦手は「クレーム」です。「責任」が怖い人種です。そこで科学的根拠以外に上記の(定義)を定め、「いや〜、、昨日今日が雨でして・・・予報では今後5日程雨曇りだったんですけどねーーー、、晴れちゃいましたねーーー、ウチの責任じゃないんですよー」って言い訳する訳です。

 

 

ちなみに外房気象波浪研究所、所長のワタクシの苦手はヘビ。命とカネ取られなければ責任なんかどれだけでも取ります。

 

 

 

外房気象波浪研究所の気象予測・波予測は、国民の為でも誰の為でもなく、全くもって自分自身が仕事と波乗りのスケジュールを調整する目的で気象を勉強し、波が上がる事を予測しているワケでして、一切のクレームは受け付けておりませんので好き勝手に「宣言」します。

 

でも一応、根拠はあるのです。

 

日本付近気圧配置図

東にでっかい太平洋高気圧。この高気圧は夏の太平洋高気圧ではありません。冷たい空気の春の高気圧です。東経140度付近の南海上の低気圧を中心に、東西に長い前線。こいつが梅雨前線です。

 

広域気圧配置図を見ると、、、

中国東部・朝鮮半島・日本列島・ロシア極東地域にゴチャゴチャと気圧が込み合っています。でも、前線の南側は全くの空白地帯。

 

気象衛星写真を見ます。

雲の中心が大きく2か所。

 

1つは、南海上の低気圧の東西に湿度の高い雲。そして沖縄本島・台湾北部・広東省周辺に丸っこい白が濃い雲が点々としている部分が見えます。白が濃いのは水蒸気濃度が高い事を示します。つまり強い雨を降らせる雲。

 

これ、気圧配置図と併せ見ると、前線でつながっているのがわかります。

雲が途切れているように見えますが、実は太平洋上の雲と沖縄・台湾周辺の雲が前線でつながっています。今後、既に30度超えの生暖かい南シナ海の水蒸気を前線の尻尾(西の端)が吸収して、どんどん白の濃い雨を降らせる雲を作り続けます。

 

するとどうなるかと言うとですね、ちょこっと太平洋上の高気圧が北にズレるとこうなります。↓↓↓↓↓

西日本から関東にかけて雨天域。

 

これを根拠に「梅雨入り宣言」しました。

 

ちなみにこの破線の雨天域には、日本の人口の7割程が住んでいます。


【2019.05.20 Monday 08:23】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サーフィン五輪 決勝は7/29

2020東京五輪の各競技の日程が発表されましたね。

明日5/9から東京五輪の観戦チケットの発売も開始されます。

 

 

サーフィン競技の決勝は、2020年7月29日だそうです。

 

まあ、、、世界中に中継放送される五輪ですから・・・仕方ないですわね。。。

 

と言うのも、サーフィンのコンテストは通常、1-2週間程の幅を見て行われるものなのです。例えばWSL(ワールドサーフリーグ)の最高賞金コンテスト「パイプライン・マスターズ」は、ハワイ・オアフ島のノースショア、エフカイビーチで行われますが、大体毎年12/1頃から12/15までの期間で行うと告知され、12/1から選手・審判団は「ウェイティング」に入ります。

 

最も波が良いコンディションが続きそうな気圧配置を見定めて、コンテストディレクターが開催を宣言するまでウェイティングになります。そして例えば12/5から開会が宣言され予選を開始しますが、波が途絶えたり風が悪かったりすると再びウェイティング。

 

特にセミファイナル、ファイナルはベストコンディションを求めてコンテスト期間の12/15ギリギリまで伸ばしたり、途中の予選を1日の内に多数消化したりコンテストスケジュールも「波次第」で変化します。

 

 

心配なのは、夏の一宮は台風が南海上に無いと波が小さいんです。。。

7/20過ぎから7/29頃までの間に台風が発生している事を祈るばかりです。


【2019.05.08 Wednesday 10:12】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サーフィンコンテスト連続のGW

今年の大型連休中、4/29(月)から5/5(日) 一宮町の釣ケ崎海岸(通称:志田下)でサーフィンの世界大会 WQS6000Ichinoya Openと東京五輪サーフィン競技代表選手選考も兼ねるジャパンオープンが連続して行われます。

 

WQS6000公式サイト

↓↓↓↓↓

 

Japan Open of Surfin公式サイト

↓↓↓↓↓

東京五輪サーフィン競技選考大会でもあるジャパンオープンについては、先日のブログでもお伝えしましたので、今回はQS6000を中心にお知らせします。

 

 

サーフィン競技の世界的組織がWSL(World Surf League)。

そのWSLには2種のサーキットがあります。

 

世界最高峰のプロツアーサーキット、自動車レースで言うF1にあたるのがWCT(World Championship Tour)で、世界のトップ34選手に出場権があります。WCTツアーランク22位までとその下部ツアーWQS(World Qualifying Series)のトップ10、そしてスポンサー推薦枠などのワイルドカード2名の計34名で争われます。

 

世界的に有名な大会「パイプラインマスターズ」など優勝賞金$100,000ドルとサーフィンコンテストとしては高額な賞金の掛かるコンテストなどです。

 

 

そのWCTに次ぐプロツアーサーキットがWQS。いずれもWを省略してCT、QSが通称です。

上記CTに参戦するためには、QSツアーで上位10位以内に入らないといけない訳です。またCT選手も年間最低2回のQSコンテストへの参戦が義務付けられていて、全プロ選手が常に昇格・降格の緊張感のあるリーグ戦が形成されています。

 

QSは優勝・準優勝などに与えるポイントの年間合計を競いますが、大会毎にグレードが異なります。最高ランクの大会はQS10000、最低ランクはQS1000。

 

今回、千葉一宮で行われるのは中位ランクのQS6000ですが、日本国内で行われるQSでは最高ランクになります。

 

 

QS6000一宮大会のメインロゴデザインにもなっている志田下の名物、海岸の鳥居。

 

このWS6000とジャパンオープンには、地元の星 ヒロト達も出場!

 

今週の火曜夕方、いつものポイントに行くとそこそこの波ですが、一人だけ異常に際立ったサーフィンをしているサーファーが!!!???

 

「誰だろ?外国人選手が早くも来日してんのかな??」と思い、海に入っていくとニコニコ顔のヒロトが「こんちゃっす!」

 

「あれ?今、JPSA第1戦やってんじゃねーの?」と聞くと「あっ、来週からのQSとジャパンオープンに備えてJPは見送りました!」との事。

 

ヒロトは既に世界と五輪を見据えているようで、国内サーキットは優先順位高くないようです。


【2019.04.25 Thursday 07:37】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サーフィン東京五輪:代表選手選考開始

いよいよ来年、2020東京オリンピック・パラリンピックで史上初となるサーフィン競技がPhilip College Ringの地元 千葉一宮町の釣ケ崎海岸(通称:志田下)で行われます。

 

↓↓↓↓↓東京五輪サーフィン競技のピクトグラム

 

そのオリンピックに日本代表として出場する選手の選考が始まりました。まず選考に際しては、サーフィンの世界・日本の組織から理解しなければなりません。

 

オリンピック主催団体は、IOC。

 

日本のオリンピック団体は、JOC。

 

IOCが世界のスポーツ代表団体と協議して五輪で行う競技を決めます。例えばバスケならIOCとFIBA、サッカーならIOCとFIFA、野球ならIOCとWBC機構。サーフィンの場合は、IOCとWSL(ワールドサーフリーグ)で協議しました。

 

 

そしてIOCから各国のオリンピック組織に各競技の代表選手団の指定推薦をするように指示されます。つまりIOCからJOCに。JOCは、スポーツ庁に届け出のある各種スポーツの代表団体にその旨を指示します。バスケならJOCからJBA(日本バスケ協会)、サッカーならJFA(日本サッカー協会)、野球ならNPB。

 

サーフィンの代表団体は、NSA(日本サーフィン連盟)になります。

 

NSAは、他の協会同様にプロ・アマ双方を統括する団体で1965年に創設されました。NSA創設メンバーで一昨年の五輪競技決定まで理事を務めた岡野孝親(おかのたかちか)さんは、ワタクシの親友で日本のプロサーファー認定第1号の岡野教彦(おかののりひこ)さんの実兄。孝親さんの息子さんは、東京両国で形成外科を開業していてワタクシの息子(Philip College Ring2代目)が治療で世話になっているなど、家族ぐるみの付き合いです。

 

日本のプロサーフィンは、JPSA(日本プロサーフィン連盟)。バスケのB.LEAGUE、サッカーのJリーグ、野球のセパ両リーグにあたります。

前理事長の牛越くん、現理事長の細川くん、ともに一宮町在住の元プロサーファーです。

 

 

最終的には、NSCが代表選手団を組織する訳ですが、その中にはJPSAの現役プロサーファー以外にもNSCに登録しているトップアマチュア、元プロサーファー、そして海外の団体で競技している日本国籍選手から選びます。ちょうど、サッカー日本代表にJリーグ選手以外にドイツやイングランドのリーグで活躍する選手達を招へいするのと同じ。

 

 

その海外組最有力候補は、五十嵐カノア。

ハーフみたいな見た目と名前ですが、両親ともに日本人の純血日本人。幼少の頃から米ロサンジェルス在住の22歳。現在は、WSLのサーキットをフォローしています。優勝経験2回、準優勝数回。東京2020のサーフィン代表選手団のエースになるでしょう。

 

 

そのNSAが代表選考を開始しました。JPSA所属のプロとNSA所属アマチュア選手の選考を今シーズンの大会の結果で決めていくものです。

 

その第1回目の選考大会がこのGWに一宮で行われます。

・第1回 ジャパンオープンオブサーフィン
・開催期間:2019年 5月6日(祝)、7日(火)
・開 催 地:千葉県一宮町 釣ヶ崎海岸
・主 催:一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)
・主 管:ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会
・出場選手:男子16名、女子16名

 

その出場指定選手

Philip College Ringブログにしばしば登場するレオ(稲葉れお)と大原洋人(ひろと)!!そして東京出身ながら10年程前から一宮に移住して、JPSAのトッププロとして3回のグランドチャンピオンになっているアラシ(加藤嵐)!!同じく湘南出身ですが、ワタクシのサーフボードを作っている一宮のサーフブランドCHP所属プロの堀越力(りき)!4人とも選ばれて欲しい!!

 

そして女子は、一宮中学校の今年から3年生になったカナ(中塩かな)も!!

今年春から夏にかけて行われるプロ・アマの各種大会で、選考大会に指定されているコンテストで良い成績を残すと、秋には東京2020の代表選手が決まります。

 

みんな、がんばれ!!!

 


【2019.04.18 Thursday 08:42】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
波、出ませんでした

4/10一日中雨で、山沿いには雪を降らせた南岸低気圧が通過した4/11(木)、波に期待して朝から勝浦へ。

 

・・・・・・・・

外れました。

波、出ませんでした。

大きなうねりの時だけ割れるリーフ(海底が岩場)ポイント、なんとか腰胸程度の波。

ロングボーダー数人入っていますが、ショートボードでは厳しい波。

往復1時間のただのドライブになってしまいました。

でも、今朝4/12朝は北東海上に抜けた低気圧からの北うねりが整い、結構楽しめました。

 

大手門の桜はいよいよ満開です。

日当たりの良い桜の木は、既に葉が出ていました。

 

以上


【2019.04.12 Friday 12:12】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いつものポイントの週末

まだ北うねりの残る水の冷たい3月初旬の週末。

いつものポイントへ行きました。

 

んっ??

堤防脇に誰もいない????

堤防から30-40m離れた場所に人が集まっています。なんでだろう??

 

確かにそこそこの波はその場所で割れていますけど・・・↓↓↓↓↓

 

来た来た!!北うねりの堤防脇ヒットのレフトブレイク!

このポイントは道路から近く、駐車場も目の前なので地元以外のサーファーが入りやすいポイントでもあります。この日は週末なので、堤防脇のレフトブレイクを知らないビジターサーファーばかりが入っているのでした。彼らは何故か堤防から離れたブレイクに集中しています。

 

お蔭でこの後、ワタクシはこのレフトブレイクは独占出来ました。


【2019.03.13 Wednesday 09:57】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台風2号発達中

先週水曜に発生した台風2号、南海上で猛烈に発達中です。

 

大きく東西に張り出した高気圧の等圧線に抑え込まれ、この約1週間暖かい海水温域でナント915hp 最大瞬間風速75mと災害間違いなしのレベルに発達してしまいました。2月なのに、、、


 

広域気圧配置図。

相変わらず極東地域は大きく高気圧圏内。現在、台風2号が存在する周辺のみ等圧線が凹んでいます。このまま2-3日は身動き取れない感じです。

 

またまた発達するかも!?

 

もしかしたら観測史上、数少ない800hp台をマークする可能性も!

 

さて、外房気象波浪研究所の独自進路予想図↓↓↓↓↓

今週金曜まではグアム近海で足踏み。その後、台湾に向かって西北西進路を取り、土曜か日曜に北緯20度線を越えるでしょう。

 

問題は、この土日に気圧配置ですね。高気圧圏がこのままなら、台湾直撃。その後中国南部に進むでしょう。もし、高気圧圏が東にズレると、北東進路に変わり、南西諸島から東シナ海方面へ進む可能性も高くないですが、あります。

 

波の方は、しばらくお預け。早くて今週末に波長の長い南うねりが入るかもですが、期待薄。

 

ヒマとカネのあるサーファーは、沖縄か奄美に向かうと良いでしょう。


【2019.02.26 Tuesday 08:04】 author : 管理人(Philip College Ring) | サーフィン・気象情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP