TEAM26マガジン

わたくし、地元千葉ロッテマリーンズのファンクラブ「TEAM26」の会員です。

 

会報が届きました。表紙は寿司大好きレアード。

米カリフォルニア出身、メキシコ系アメリカ人。大学卒業時の2007年にドラフトでNYヤンキースに入団、傘下のマイナーチームに所属。以後アストロズ、ロイヤルズ、ナショナルズのマイナーチームに移籍。2014年オフに日本ハムファイターズと契約し、2015年シーズンより出場。翌2016シーズンには本塁打王。2017のWBC(ワールドベースボールクラシック)には母親の母国メキシコ代表の3塁手・3番打者で出場し2本塁打。

 

2018オフにマリーンズに移籍。2019シーズンは、ガンガン打ちまくっています。

和食、特に寿司が大好きな事からファイターズ時代にコーチから「リラックス」のサインとして出された寿司を握るゼスチャーをされてから不思議な事に成績が上向き、自身でホームラン後に寿司パフォーマンスをするようになった。

 

マリーンズ移籍後のパフォーマンスは更に進化。ホームラン後はベンチ前で、魚を釣り上げ、さばいて、寿司を握るゼスチャーに。

↑↑↑↑↑今、リールを巻いて魚を釣り上げています。

 

↑↑↑↑↑尻尾から吊るした魚をさばいているところ

 

↑↑↑↑↑握っているところ。

 

そして5月からは、握った寿司を同僚の三木選手に差し出して食べさせる方式に。このパフォーマンスが効いたのか、水産会社が新たにスポンサーについたそうです。

 

そして「幕張寿司」としてマリンスタジアム内で販売もしています。

 

この明るさ、ノリの良さ!マリーンズは順位が悪くても人気がある理由の一つです。

 

 

 

マリーンズの今年のルーキーと言えば甲子園春夏連覇の大阪桐蔭高校の4番打者:藤原恭太が注目されていますが、今回の会報では同期入団の古谷選手と山口選手の対談記事。

ドベ、ドベ2が定位置だったマリーンズですが、こうした若手が育ち、レアードのような助っ人の活躍でジワジワと順位を上げてくるでしょう。

 

今や盤石の強者、ホークスもダイエーからソフトバンクに変わって以後、3軍制を敷いて若手の育成に努め、現在の主力陣が出来上がるまでに4-5年掛かりました。千賀、今宮、中村晃、槙原、甲斐など全て高卒育成出身です。こうした育成出身の若手陣と内川などの移籍組、デスパイネなどの助っ人が組み合わさって今の強さがあります。

 

 

マリンスタジアムもキャッシュレス化が進むようです。

ところで今シーズン途中からマリンスタジアムはスタジアム内で「加熱式タバコ以外禁煙」という不思議なルールに変更されました。スタジアム内喫煙コーナーでは加熱式タバコIQOS(アイコス9)のデモ販売をしており、試しに買ってみましたが口に合いませんでした。

 

仕方なく観戦時は一旦球場外に出て、喫煙所まで行きタバコ吸って、再入場しています。


【2019.09.17 Tuesday 15:00】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホークス千賀投手ノーヒットノーラン!

9/6(金)、商談があり福岡ヤフオクドームに行って参りました。

ヤフオクドームまで来て、野球観ない訳には行きません。

 

ホークスは2位ライオンズと1ゲーム差の首位。激しく競り合っています。

 

でも、この日のヤフオクでの対戦カードは、ホークス大の苦手のマリーンズ!今期ホークスvsマリーンズの対戦成績は、この日まで21戦6勝15敗 勝率2割8分5厘!!!!????

 

負けられないホークスは先発にエース千賀。ギリギリ3位につけているマリーンズも、このヤフオク3連戦を今までの勢いで勝ち越したい願いから、先発にボルシンガーを持ってきました。こりゃ、投手戦になるな・・・

 

レフトスタンドにはマリーンズ応援団が詰めかけています。

 

チアチーム、ハニーズ、、、遠い・・

 

でも国内球場最大のホークスビジョンで拡大!

 

試合は予想通り投手戦。

千賀は最速158kmの直球、誰も打てないオバケフォークで三振と凡打の山を築きます。

ボルシンガーもいい!セパ両リーグ最強打線を相手に4回まで完封。

 

試合が動いたのは5回裏、ホークスの攻撃。ウッチー内川がデッドボールで出塁。続くマッチ松田が大飛球のセンターフライ。。打ち取られた・・と思ったら、マリーンズのセンターフィールダー:レオネス・マーティンが小学生みたいにグラブに入れながらの落球!!????1/2塁。イマミー今宮が送りバントで2/3塁。キャノン甲斐がタイムリーヒットで1点先制するも、1点止まり。

ボルシンガー、自責点を付けるのは可哀そうな1点献上。

 

6回裏ホークス攻撃、グラシアルがヒットで出塁。ウッチー内川、センターフライ・・・なんと!またしてもレオネス・マーティン落球の間にグラシアルがホームを駆け抜け2点目。

 

マーティン、元キューバ代表でデスパイネ達と同窓。本来、守備の名手で内野外野の複数ポジションをこなすんですが、なんとこの日初めてヤフオクでセンター守備についたらしいのです。屋内球場の光源に慣れていないのでしょう。

 

結局、ボルシンガーは7回裏まで投げ切り、マーチンのエラー2つに伴う2点献上以外はきっちり抑えながらも敗戦投手に。

 

そして千賀は9回表までノーヒットノーランで投げ切りました。

球団としては76年ぶりだそうです。

偶然この日に商談が入り、歴史的なゲームを観戦出来ました。

この日のノーヒットノーランの影の立役者はマリーンズのマーティンでした。


【2019.09.10 Tuesday 11:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8/25マリンスタジアム

8/25マリンスタジアムに行って参りました。

 

マリーンズvsホークス3連戦の最終日。不思議なことに今シーズンのマリーンズはホークスにメチャ強く、今回も2連勝で最終日を迎え、さすがにホークスも3連敗はマズい・・・と総力戦になる事必死の好カードになりました。

 

完璧な満員。4回だったかな?バックスクリーンに【満員御礼】表示が出ました。

 

内野外野席ともびっしり。

 

チアのねーちゃんは遠いです。

ビール売り子のねーちゃんの撮影は禁止になりました。なにやらストーカー行為まがいをしたアホがいて、また別にもビール売りねーちゃんの太ももの接写をしてSNSにあげたバカがいたそうです。ストーカーにバカッター(バカなTwitter)は社会の迷惑存在ですね。

 

ホークスはギータ(柳田)も復帰。

明石、中村晃、イマミー(今宮)、マッキー(牧原)、バヤシ(上林)、マッチ(松田)、ウッチー(内川)とお休みのデスパイネを除いてほぼベストメンバーで臨んだ最終戦です。

 

ワタクシのお気に入り、マリーンズのデブ、アジャ(井上 晴哉)は2回、先制のソロホーマーを放ちました。

 

5回には、恒例の気志團「ワンナイト・カーニバル」を球場全体で踊って歌いました。

 

この日先発のマリーンズの種市投手、ほんとに良いピッチャーです。若干20歳!青森県三沢市出身。甲子園出場経験無しながら2016年秋のドラフトでマリーンズから6位指名で2017年シーズンから入団。2017年は2軍生活、2018年夏に1軍初登板。2018年オフにホークス千賀投手に弟子入りし、トレーニングキャンプに参加。この時に敵ながら千賀投手から様々なアドバイスを受け開眼。

 

今シーズンは先発に定着して13先発7勝2敗 勝率.778(!!)防御率3.19とチームトップの頼れる成績です。この日も日本一の打撃力のホークス相手に6回まで完封、さすがに疲れが見えた7回8回に2失点するもチーム投手陣トップの7勝目を上げました。

 

 

ホークス先発 武田翔太も出会いがしらのアジャからの1発以外は得点を許さず好投していたのですが、なぜか4回?5回だったかな?ホークスは継投策に出ました。嘉弥真、高橋純、甲斐野、モイネロ と勝ち試合並の総力投手陣を投入するも、7回裏に高橋純がマリーンズ打線に捕まり、鈴木大地に2点タイムリーを浴び敗戦投手に。

 

例によって「どーしてマリーンズに勝てないのかな〜・・」と円陣。

 

ホークス打線も代打代走と総力を投入しましたが結局マリーンズ4-3ホークスとホークス痛恨の3連敗。

 

この日が今シーズン、マリンスタジアムでのホークス戦は最後。

敗戦ながらレフトスタンドの応援団に挨拶。

 

試合後は、花火1000発の打ち上げ!!

 

この日の東京湾は、ディズニーランドとマリンスタジアムの花火で見ごたえがあったでしょう。


【2019.08.29 Thursday 07:54】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サッカーファンとラグビーファン

7/18讀賣新聞朝刊の小さなコラム記事。

サッカー日韓W杯の時は、会場そばの商店街は閉店し、新幹線も酒類販売中止だったとの事です。これは酒を飲んで暴れる英国をはじめとする欧州サッカー伝統のフーリガン対策だったそうです。

 

対して、今年秋に行われるラグビーW杯ではその心配が全く無く、逆に決勝・準決勝が行われる横浜スタジアムから中華街などの横浜中心部の繁華街でシャトルバスが運航され、中華街が深夜営業を予定しているという記事。

 

以前、ラグビー発祥に関するブログで記載したように、サッカーは暴力的な祝祭フットボールが起源で一般大衆向けに広まったのでファンも乱暴者が多く、ラグビーは英国のエリート校を中心に発展し「ノーサイド」という戦い終われば敵味方関係無しの精神から紳士のスポーツという事が起因する一種の文化でしょう。

 

 

この記事で感じることがありました。

 

ある海外スポーツが日本で広まる時、その先進国の習慣などを良いも悪いもごっちゃまぜにして真似する傾向があるなと・・・・。

 

良い点は真似ましょう。全く賛成。

フーリガンなど悪い点まで真似る必要あるのか?

 

「スポーツ観戦の文化」がありますね。サッカーファンの文化、野球ファンの文化、ラグビーファンの文化。それぞれ大事にすべきですが、先のフーリガンまで文化にする事は無いですね。

 

 

ワタクシが子供の頃、プロ野球のスタジアムは荒れていました。

昭和40-50年代です。

 

特に料金が安く、選手に近い「内野自由席」というエリアは、土方のオッチャンとか町のチンピラみたいなのが溜まり、瓶ビール片手に敵味方関係なくヤジを飛ばしていました。エラーが出たり、チャンスで凡退したりすると応援するチームの選手なのにビール瓶を投げつけたり・・・・試合に大負けすると、「監督を出せ〜〜」「監督辞めろーーーー」とか、試合後も騒いでいました。

 

そしてホーム席とビジター席は相互通行禁止。暴力沙汰になるからです。これ、日本独特の文化だったようです。でも、それでは健全な興行としてスポーツが成り立ちません。

 

 

MLBでは昔から「ファミリー観戦」が主流です。

 

Take Me Out to the Ball Gameという歌があります。1908年リリースで、女の人が主語で「わたしを野球に連れてって」という歌詞。アメリカでは100年以上前には旦那が奥さんや子供達を連れて野球を観る家族連れの娯楽という文化が確立していた訳です。

 

でもなぜか昭和の日本のプロ野球は荒くれ者が観客でした。(もちろん全部じゃありません)

 

こうした荒くれ者ファンの悪影響で観客動員数が低下した1980年代以降、プロ野球各球団は地道に努力を積み重ね、今ではTake Me Out to the Ball Gameどころか「カープ女子」「タカガール」など女性が自ら観戦に足を運ぶようになっています。結果、パリーグを中心とした球団は観客動員数を増やし続け、増収増益し、ビジネスとして娯楽として成り立ち根付いています。

 

昭和の時代と違いプロ野球の地上波放送が少なくなっていますが、元々フランチャイズ制のスポーツリーグが全国地上波放送ってのもおかしな話。フランチャイズ地域で圧倒的な視聴率があれば良い訳ですから、地上波なら地元放送局、有線放送、もしくはネット配信が馴染むものです。

 

プロ野球は「パリーグTV」や「楽天TV」、サッカーは「DAZON」、バスケは「バスケットライブ」、他にスパカーやBS、そして地元局が熱心にリーグ戦を放送するようになっています。

 

 

ある海外スポーツが日本に根付き、発展するためには運営側やメディアの努力が欠かせないという事ですね。サッカーもバスケもラグビーも、まだまだこれからです。

 

今でも一部のJリーグクラブのサポーターは「昭和の観戦」をしているようですが、早くやめましょうね。

 


【2019.08.16 Friday 07:16】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8/7マリンスタジアム

8/7(水)マリンスタジアムに参戦。

前日からマリーンズvsホークスの3連戦の2戦目です。

 

マリーンズの順位はドベ2位、平日ナイターにも関わらず相変わらずほぼ満員です。

 

今年のマリーンズはとにかくマホークスにだけは強いのです。この日で今シーズンは直接対決17試合中、12試合も勝っていて、この日で今シーズンの対ホークス戦の勝ち越しが決まりました。

 

この日のマリーンズは助っ人外国人選手2名の活躍で勝利。7月に新入団したキューバ出身のレオネス・マーティンの先制ソロとファイターズから移籍した「寿司大好きレアード」が2ランを2発。5-3でマリーンズの勝利でした。

 

ホークスは、マッチ(松田)、ウッチー(内川)、デスパイネで3点を返すも、昨年活躍していたイマミー(今宮)、中村晃、ギータ(柳田)など中堅主力陣が欠場続きでどうも打線につながりがありません。

マッチお得意の「おっとっと」

 

7回攻撃前には円陣を組んで「どーしてマリーンズには勝てないのかな〜?」みたいな話し合い??

 

なんだかベンチも覇気がありません。

 

そんでもってこの日は、上位陣が負け負けだったのでマリーンズは4位に浮上。更に3位ライオンズとは0.5ゲーム差しかありませんでしたが、さすがにホークスも3連敗は無く、翌日8/8の最終戦では復帰出場したイマミー(今宮)の逆転ホームランなどでこの3連戦を2敗で食い止めました。

 

結果、マリーンズは指定席のドベ2に逆戻り・・・


【2019.08.09 Friday 10:32】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鷹の祭典 at 東京ドーム

7/8、ソフトバンクホークスの東京開催主催試合「鷹の祭典 at 東京ドーム」に参戦!

46000人収容のドームが完璧に満員でした。


 

鷹の祭典とは、2004年から行われているイベントで、入場者全員にホークスの当日着ているユニフォームと同じレプリカユニフォームが配布され、当日のヤフードームはビジター席を除きそのユニフォーム一色で染まります。本拠地ヤフオクドーム以外に、東京ドーム、京セラドーム、北九州市民球場でも開催されます。

 

今年のテーマカラーはサックスブルーの「チャンピオンブルー」。宝石でいうとアクアマリンの色ですね。

 

↓↓↓↓↓Clickで鷹の祭典サイトへ


まあ、その名の通り「お祭り」ですね。

 

5回裏の攻撃前には、チアの「ハニーズ」のパフォーマンス。

う〜う〜、、、遠い・・・・

 

不思議キャラの「ふうさん」登場。

 

メインキャラのハリーとハニーに激突!??

対戦カードは西武ライオンズ。この日は、両軍合わせて6本塁打23安打の乱打戦。

 

前半は完全なホークスペース。2回にデスパイネのソロ、4回にマッチのソロ、5回に上林の2ランなどで6回終わった時点で5:1と大きくリードして、先発ミランダは6回に「どすこい山川」にソロホーマー1失点のみと好投。

 

ところが・・・・7回、昨シーズンから「第2先発」や中継ぎで成果を上げていた武田翔太が乱調!立て続けに四球でランナーを2人溜めてしまったところで暴投!!???そしてタイムリーを立て続けに浴びてあっという間に3点を失い、7回を投げ切らずに降板・・・。後続の高橋純も打ち込まれて同点。。。。

 

9回表には6-7と逆転さてしまいますが、9回裏にまたまた上林がソロホーマーを放ち、なんとか同点・延長に持ち込み、12回に代打:栗原の犠打で8-7とサヨナラ勝ちでした。

 

お立ち台には、大事な場面のソロと2ランを打った上林と代打サヨナラ打の栗原、23歳と22歳の若手コンビでした。

 

 


【2019.07.10 Wednesday 07:06】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スラッガー

プロ野球も交流戦が終わり、後半戦に突入。

 

セリーグでは、出だしで大コケしたカープが交流戦前に記録的な連勝でジャイアンツを抜いて1位になりましたが、またもや交流戦でコケてしまい現在、再びジャイアンツが1位。ベイスターズがジワジワのし上がってきてCS圏内3位に!

 

パリーグでは、前半はけが人続出で2軍・育成選手主体でオーダーを組まなくてはならなくなったホークスでしたが、徐々に主力選手が戻ってきてなんだかんだの1位。イーグルスは新監督:平石さんがいいみたいですね。2位。

 

 

近代のプロ野球は、「試合は7割投手で決まる」と言われ、各球団とも30名前後の支配下登録投手を抱えています。

 

でも、野球もサッカーも点を取ってナンボのスポーツ。

ワタクシ的には「点を取る」スラッガーの存在が好きです。

 

ワタクシが注目しているスラッガーをご紹介しましょう。

 

ホークスのギータ この特徴的なねじり込むバッティングフォームで長打を量産する和製スラッガーの代表格です。

 

スワローズ山田哲人。トリプルスリー男です。打撃の天才です。

 

 

ワタクシお気に入りのスラッガー、ベイスターズの筒香。センスとパワーは抜群。メンタルでもう一皮むけると日本一のスラッガーになります。

 

この人も大好き!ライオンズの「どすこい山川」。明るいのが良い!!

 

 

そしてワタクシが最も応援したいのがマリーンズの「でぶ」井上 晴哉(29歳)体重115圈チーム内の愛称は「アジャ」。女子プロレスのアジャコングに似ているからだそうです。先日、ワタクシの観に行ったマリンスタジアムのホークス戦でも3ランを放ちました。パワーヒッターです。

 

 

問題なのは上記5人のうち二塁手の山田哲人以外、ポジションがカブっている事。ギータと筒香が外野手、山川と井上が1塁手。サムライジャパンのオーダーを組む時の課題です。特にサムライジャパンの1塁手では、精神的支柱のホークス内川もいますのでねーーー。

 

この5人で切れまなくオーダー組めればいいんですが、、、必ず2-3名は控えに回らざるおえませんね。

 


【2019.07.02 Tuesday 07:50】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP