やはりペイトリオッツ!

日本時間昨日1/21午前中に行われたAFC決勝(スーパーボウル準決勝)

 

21世紀になってから通算5回スーパーボウル制覇のニューイングランド・ペイトリオッツ vs 半世紀優勝の無いカンサスシティ・チーフス戦!

 

結局、ペイトリオッツが勝ちました。ブレイディ王朝はまだまだ続きます。

 

下馬評は、ペイトリオッツのワンサイドゲームの声がありました。

ワタクシもそう思ってました。

 

「まあ、、準決勝だからいーや」と朝定時から仕事をしていたのですが、確か10時半頃かな??ちょっと一息休憩で、タバコに火をつけニュースサイトをチェック・・・

 

「NFC決勝 延長を制してラムズがスーパーボウルへ!」の見出し。

 

ふんふん、、ラムズvsセインツはラムズが勝ったか・・

ところで、NFCはどーなんてんだ??

ニュースサイトを検索するも、何も出てこず。。

 

う〜う〜、、う〜う〜、気になりだした・・・

 

仕方なく仕事を中断してTVをつけます。確かNHK-BSで生放送。。

ちょうど4Qが始まったところでいきなりチーフスのTD!!

 

ペイトリオッツ 17 vs 14 チーフス じゃありませんか!!??

 

残り時間14分、たっぷり。3点差!

全然ワンサイドゲームじゃないじゃん!!

もう仕事、手につきません。見入ってしまいました。

 

 

その4Qの残り時間のすさまじかったコト!

 

微妙なプレイの連続!

ビデオ判定の連続!

チャレンジの連続!!

 

 

 

特にすごかったのが、8分経過時にチーフスがパントキック。ボールはひょろひょろと転がり、ペイトリオッツのWRエデルマンが自陣35Yライン付近でキャッチの構え、、、、、ご存知のように尖った卵型のボールは、エデルマンに接触するかしないかのところでイレギュラーバウンド!

 

遠目からはエデルマンのキャッチミスにしか見えません!

走りこんできたチーフスの選手がボールを確保してあわやTD???

 

ここでペイトリオッツはビデオ判定チャレンジ。約5分ほどかかったでしょうか?審判団が幾度もチェックしている各アングルのビデオもスクリーンに映し出されます。

 

驚くのはその画像の鮮明さ!テクノロジーです!

 

一生懸命ググり、us googleのimage検索で見つけました。この画像はボールがブレていますが、放送されたビデオは全くブレ無しの素晴らしいスーパースロウ映像。

 

同じくtwitterでビデオを見つけましたのでご覧ください。

https://twitter.com/thecheckdown/status/1087168794387050496

 

 

4Q後半は、逆転又逆転。一時はチーフスリードで残り2分となり、ペイトリオッツ陥落か??と思いきや、結局同点延長戦に突入。そして最後は、ブレイディ→エデルマンのTDで決まり。

 

 

NFCの決勝も延長戦、先日のバスケ天皇杯決勝のジェッツvsブレックスも延長戦、一流アスリートとコーチ陣の最後まで切れない集中力とパワーには感動します。

 

そして、やはりクライマックスの決着は勝率や特質点差じゃなく勝敗でつけるべきですね!


【2019.01.22 Tuesday 07:12】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スーパーボウル準決勝は1/20

さて、プレイオフが終わり、今週末1/20(日本時間1/21)に準決勝が行われるNFLの情報をお伝えします。

 

トーナメント表は、、、

 

NFC決勝=スーパーボウル準決勝進出チームは、

 

ロサンゼルス・ラムズ vs ニューオリンズ・セインツ

 

 

 

ラムズは、以前セントルイスをフランチャイズにしていた1999年にスーパーボウル制覇をしたのみ。その際のチャンピオンリングは、↓↓↓↓↓

 

セインツは、1990年に優勝。

↓↓↓↓↓

 

どちらも21世紀になってからスーパーボウル優勝経験無し!!

 

 

さてAFC決勝=スーパーボウル準決勝は、

 

ニューイングランド・ペイトリオッツ vs カンサスシティ・チーフス

 

 

ペイトリオッツは、スーパーボウル制覇5回のNFLきっての強豪チーム。名QBトム・ブレイディが率いての通算5回優勝なので、「ブレイディ王朝」と呼ばれています。

 

初期のブレイディ王朝、2001/2003/2004年のチャンピオンリングは、Philip College Ringのカレッジリング博物館にもコレクションされています。

 

2001

 

2003

 

2004

 

 

対するチーフス、なんと1969年と半世紀前に優勝したのみ!!

カレッジリング博物館のコレクションにはありません!!

 

 

つまり50年前に1回のみ優勝のチーフス、29年前に1回優勝のセインツ、20年前に1回優勝のラムズ、2001/2003/2004/2014/2016と通算5回優勝のペイトリオッツの4チームで準決勝。

 

どう考えてもペイトリオッツが最右翼ですが、そこはノックダウン方式のトーナメント戦。何が起こるかわかりません。

 

月曜に最終カードが決定します。


【2019.01.19 Saturday 10:04】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Jリーグ考

今シーズンのJリーグがほぼ終了しました。
まだ、J1/J2入替え戦などが残っているようですが、J1順位が最終確定しました。

 

2連覇のフロンターレ。


ギリギリで2位に踏みとどまったサンフレッチェ。


クラブ史上初のアジアチャンピオンズリーグを制覇したアントラーズが3位。


2001年のJ1初昇格以来、J1/J2を行ったり来たりの常連だったコンサドーレは、クラブ史上最高順位の4位とこのところ目覚ましく力を付けています。


5位はレッズ。


イニエスタ、ポドルスキなどビッグネームを次々と獲得しているヴィッセルですが、昨年9位、今年は10位とほぼ定位置。Jリーグ中位チームながら楽天の三木谷氏はサプライズな経営判断で、話題を振りまいてくれます。


強豪マリノスは12位と低迷。


元ジャパネットたかたの高田社長率いるVファーレンは、せっかくのJ1初昇格だった今シーズン限りでJ2降格になる可能性大。

 

 

 

しかし、、、ワタクシ、どーもJリーグの優勝決定システムに違和感を覚えます。


特に今シーズンのように、優勝チームが敗戦で優勝決定は後味が悪いです。


プロ野球でもリーグ優勝は勝率等でこのような状況はありますが、CSと日本シリーズで決着をつけるシステムです。B.LEAGUEも同じくリーグ戦の1位は「優勝」ではなく1位通過で、プレイオフで決着をつけます。アメフトXリーグも同様。ようは、Jリーグにもプレイオフが必要と感じています。

 


サッカーの場合、欧州南米のリーグシステムをお手本にしている事と、天皇杯・Jリーグカップ・AFC(アジアチャンピオンズリーグ)と様々なタイトルが混在している事で、日程が過密になり、最終的なプレイオフなどの「決着」がスケジュール上つけにくいのでしょう。


確かに天皇杯、カップ戦にはリーグ戦優勝チーム以外に栄冠が与えられるというメリットもありますが、今シーズンのルヴァンカップ優勝はリーグ14位の湘南ベルマーレ。この結果は「優勝タイトルの権威」に関わる気がします。

 

天皇杯は、第二次世界大戦後の復興に際して、勲章を贈るような褒賞以外にスポーツや農林水産技術などに対して国民に広く「表彰」しようという目的で創設されたと聞いています。国体(国民体育大会)、柔道剣道弓道空手、陸上競技、バレーボールなどで、元々はアマチュア大会の優勝への杯でした。


バスケ・サッカーともに大学チームやアマチュアクラブチームも参加する天皇杯ですが、予選が済むと勝ち残りはJリーグかB.LEAGUEのプロチームのみになっています。


そして、今年のサッカー天皇杯のベスト8勝ち残りチームは、レッズ、サガン、アントラーズ、ヴァンフォーレ、ベガルタ、ジュビロ、フロンターレ、モンティディオ。リーグ戦1位のフロンターレと3位のアントラーズは準々決勝敗退。こちらもカップ戦と同じく、「タイトルの権威」に疑義有り・・・となっちゃいます。

 

 


サッカーは、言わずとも日本プロスポーツで2番目のビッグマーケット。


Jリーグ発足当初からの「Jリーグ100年構想」に基づき、地道に少年少女サッカーに取り組み、競技人口も野球・ソフトボールと同等の500万人とも700万人とも言われています(統計によって異なる)。ワタクシの息子2人が幼少の1990年代はJリーグ初期の全盛期だったこともあり、二人とも地元の少年サッカークラブに入り、今でもサッカーを続けています。ただ、当時のJリーグチームの地元への普及活動と熱意を現在は希薄に感じますけど。

 


「観るスポーツ」として野球、サッカーはバスケより優位です。収容人員の多いスタジアムスポーツだからです。サッカースタジアムの多くは、野球スタジアムより収容人数が多い事もあり、もっともっとサッカーJリーグが盛り上がる余地があります。

 

 


ワタクシなりのJリーグ試合方式案。

 

リーグ戦は、9月頃開幕、翌年4-5月終了。


最もスポーツ観戦人口が多いプロ野球との重複が最小の期間でもあります。こうする事で「マルチスポーツ」と呼ばれるマーケット形成が可能になります。マルチスポーツとは、例えば横浜市在住の人がベイスターズとマリノスの熱心なファン・・・というような事を言います。


アメリカだと、ダラスの住民はNFLカウボーイズとMLBレンジャーズの両方の応援をします。NFLシーズンは10月から1月。MLBは3月10月。簡単に言うと、春夏は野球、秋冬はアメフト。

 

シカゴの住民は、NBAブルズとMLBホワイトソックス。米北東部は北海道より緯度の高い寒い地域ですので、気候の良い初夏はスタジアムで野球、雪の降る冬はアリーナでバスケと季節性にもマッチしています。

 

バスケB.LEAGUEは10月開幕、5月終了です。こちらもプロ野球との重複期間が少なく、「暖かい時はスタジアムで野球観戦、寒い時はアリーナでバスケ観戦」となります。

 

そうすると、JリーグとB.LEAGUEが日程競合しますが、まずは最も分母の大きい野球マーケットと「マルチスポーツ」化する事がJ.LEAGUE、B.LEAGUEともに必要でしょう。

 


リーグ戦立ち上がりと時期が重なるサッカー天皇杯は原則アマチュアチームのみとする。又はJ1チームは出場辞退し、J2/J3チームのみ参加する。Jリーグカップ戦は、無くてもいいかも。

 

 

こうする事で、選手、サポーターともにリーグ戦に集中出来ます。


最もメリットが大きいと思われるのは、天皇杯やカップ戦からの過密日程から解放された選手達の「プレイの質」が高まる事。そしてサポーターもホームのリーグ戦に集中して足を運ぶでしょう。

 

代表戦は別格です。Jリーガー1600人の中の選りすぐりの20名程、つまり全Jリーグプロ選手の1.25%のトップ選手は、その栄誉と引き換えに代表戦とリーグ戦の双方の日程を高い質のプレイを維持する責任と義務があります。

 

 

その上で、プレイオフ制度の導入。


リーグ戦の勝ち点・得失点などのポイント上位3チームによるプレイオフを行います。まず2位と3位チームで準決勝戦を行う。2戦方式で、2位チームは1勝のアドバンテージ有り。つまり2位チームが初戦に勝てば勝ち上がり。3位チームが初戦に勝てば1勝1敗で2戦目で決着をつける。引き分け無し。最後はPK。そして決勝は、1位チーム対準決勝勝ち上がりチーム。2戦方式、1位にアドバンテージ1勝も同じ。順位の高い方が有利なのは当然です。

 


「敗戦したけど残り試合数と勝ち点差・得失点差などで計算上の優勝決定」のような決着が無くなる事と、プレイオフ戦まで上位チームは質の高いプレイを求められ、一流アスリートなら当然それに応えるので、最高の競技が観戦出来ます。

 

放映権も通常のリーグ戦を大きく上回る価値が出ます。

 

カップ戦や天皇杯の試合数分が減少しますが、リーグ戦の集客度が増し、プレイオフの興行で上位チームは興行的に増収。

 

プレイオフ出場の無い中位チームは、試合数減=協業収入減となりますが、プレイオフ放映権収入はリーグの大きな収入となり、各クラブに分配する原資になります。それに、Jリーグはまだまだホームゲームでのエンターティンメント向上やグッズ販売の強化など経営努力の余地多大に有りです。

 

プロ野球の中位・下位チームでも地元ホームゲームでは圧倒的に集客し、充分に経営が成り立っています。今シーズン、リーグドベ2だった千葉ロッテマリーンズですが、球団史上最高入場者数を記録し、立派な黒字経営です。この15年間、優勝の無い横浜DeNAベイスターズも着々と観客動員数を増やし、黒字経営。

 

 

勝たないとスタジアムに足を運ばない・・は、本質的ファン層ではありません。勝っても負けても地元チームを応援するのが本質的ファンです。プロスポーツ観戦は、国対国の代表戦と違いエンターティンメントです。「勝たないと試合を観に行かない」は、プロスポーツファンとして「未熟」なのです。

 

まずは、各クラブが「本質的ファン層」の確保・拡大の経営努力を行い、リーグ戦方式がドラマティックに勝者を決める。

 

こうする事が、サッカーJリーグの更なる発展につながると思います。

 

いかがでしょうか?


【2018.12.08 Saturday 07:14】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
川崎フロンターレ、Jリーグ連覇!

11/10土曜、サッカーJ1リーグの決着がつきました。

 

フロンターレが連覇!!

長年の「無冠の帝王」の汚名、完全返上です。  【写真:Getty Images】


今年は風呂桶じゃ無く、本物のシャーレでした。

 

早速優勝記念グッズで、フロンターレ独特の「へんてこグッズ」が発売されました。

昨年は、優勝時に掲げたシャーレの写真を張り付けた「風呂桶」でしたけど、今年は純金製のマスコットです。あっ、、、これPhilip College Ring製ではございません。

さすがに商品実物写真じゃなく、CG画像ですね。

 

22gの純金だそうです。ってコトは、Solidですね。Solidとは宝飾品製造用語で、「中身が詰まっている」という意味です。製造法はLost wax Cast=ワックス型鋳込み法でしょう。きっと、鋳造後にSurgery=外科的手法の意味で、背中や足裏などを外科手術のように空けて堀り込んで重量調整。

 

日本では出来ないのですけど、このような立体造形を純金や純銀で作る最もベストな手法は、Electro-Forming:エレクトロフォーミングという製造法があります。特殊な設備が必要ですが、純金の微粒子を3Dプリンタのような手法でBuilding:建て上げる方法だと、中をほぼ空洞に出来て、且つ表面は複雑な作りの仏像並みの微細な彫刻(実際は彫刻:sculptureではなくBuilding)も可能。最大の特性は、Solidで純金20g程度の立体物をエレフォなら同じ体積で約10gの重量で作れる事です。

 

 

おっと、サッカーの話題から宝飾品に脱線してしまいました。

まだ2試合残っていますが、昨日時点の順位表を見てみましょう。

 

残念だったのはサンフレッチェ広島。独走態勢だったものが、直近5試合5連敗。

 

1位から16位までの直近5試合の勝ち負け記号を見ても、5連敗のチームはサンフレチェのみ。。。。。何が起きたのでしょう??

 

開幕5連勝後も引き分けはあれど、9試合負け無しで8月までは独走でした。しかし9月以降突如崩れ、天皇杯含め9戦1勝7敗1分けの惨憺たる状況になってしまいました。

 

対してフロンターレは、開幕直後は低調でしたが5月頃から持ち直し、8月以降のリーグ戦16試合は3敗のみ。

 

フロンターレとサンフレッチェの明暗を分けた形になりました。

 

フロンターレは、後2試合残した現時点では、シーズン計32戦19勝6分け7敗。Jリーグでは引き分けも勝ち点1がつきますので、19勝6分は勝率78%とほぼ8割の試合で勝ち点を積み重ねた結果です。

 

サンフレッチェは32戦17勝5分10敗。勝率68%。何と言っても9月以降の連敗が・・・・・・。

 

そして3位につける鹿島アントラーズは、32戦15勝7分10敗。昨日11/11にイラン・テヘランで行われたアジア・チャンピオンズリーグを初制覇して勢いに乗っています。

 

残り2戦で、アントラーズが順位を上げる=サンフレッチェが更に負け・・・と言うのは、あまりに広島サポーターにとって悪夢ですので、ここはサンフレッチェに踏みとどまって欲しい所です。

 


【2018.11.12 Monday 08:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
激闘!日本シリーズ

昨日行われたプロ野球日本シリーズ第3戦 atヤフオクドーム。

ホークス 9 : 8 カープ とギリギリの攻防の乱打戦をホークスが制しました。

これでホークス、カープともに1勝1敗1分けの全くの5分。

 

しかし本当に見ごたえのある試合が続きます。

 

ホームラン攻勢だけでは無く、走者が貯まったところでの絶妙がタイムリーヒットなど「プロの技」「集中力」が光るゲーム内容です。

 

 

パリーグのCSから続く乱打戦の中、キラっと光るのがホークス武田翔太投手。

身長185cmの長身から投げ下ろす150劼鯆兇溝球と「魔球」と言われる大きく落ちるカーブ(別名ドロップカーブ)が持ち味。宮崎出身、地元宮崎の高校野球部でエースだったが甲子園出場経験無しながらホークスのスカウトの目に留まり2011年ドラフトでなんと1位指名で入団。

 

甲子園出場経験無しの無名の高卒投手が1位指名!当然、競合無しの単独指名ですし、大分生まれ・宮崎育ちの武田選手は地元プロ球団からの指名に快諾で入団。ルーキーイヤーから先発で活躍し、サムライJAPANの代表選手にも選出されています。

 

今シーズンは前半戦に乱調でした。先発で打ち込まれるケースが多発し、リーグ戦では4勝9敗 防御率4.48と過去最低の成績。

 

しかし、シーズン後半から中継ぎで使われだすとキラっと光る成果を上げだしました。ワタクシがマリンスタジアムで観戦した10/8のマリーンズvsホークス戦でも、前半は膠着状態ながらデスパイネのホームランでリードし、マリーンズ反撃ムードの時に武田翔太登板、ぴしゃりと抑え込んで後半の流れを作りました。

CSでもこのパターン。

昨日の試合も同じパターンでした。

乱打戦ながら「投打がかみ合う」ってヤツですね。

 

さてさて、今日もヤフオクで第4戦!

ガチンコ、火花バシバシ、実力伯仲、気合充分の両チームの攻防が観られます。

 

きっと、このシリーズは7戦で決着つかないような気がします。


【2018.10.31 Wednesday 08:41】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ソフトバンクホークス下剋上!

ヤりました!

福岡ソフトバンクホークスがリーグ戦2位からのクライマックスシリーズで1位の西武ライオンズを下し、下剋上の日本シリーズ進出を決めました。パリーグの下剋上は2010年の3位から日本シリーズ進出(そして日本一)になった千葉ロッテマリーンズ以来。

 

4勝2敗(ライオンズ1勝アドバンテージ福含む)ですから、実質対戦成績は5戦4勝1敗。

そしてこのCSファイナルステージは、両チームの超乱打戦でした。

 

    Lions     Hawks   

第一戦   4  vs   10

第2戦  13    vs     5

第3戦    4    vs   15

第4戦    2    vs     8

第5戦    5    vs     6

 

合計    24    vs    44   

 

両チーム計68得点 1試合平均13.6得点の見ごたえのある大乱打戦でした。

 

そしてCS/MVPには、CS8試合で9得点を上げたギータ(柳田)!

 

そりゃそーですね。

最終戦も1回表からタイムリー2塁打で3得点。6回にはソロホームランで1得点。

ホークスの得点6のうち、一人で4得点です。

 

でも、ホークスがこの超乱打戦を制した大きな要因はリリーフ陣とその工藤監督の采配も大きかったです。ライオンズ戦のほぼ全ての試合は、両チームの先発から大きく得点を上げて乱打戦になっていましたが、ホークスは先発がやられてもリリーフ陣が試合後半に最少得点に抑えるという勝利方程式でした。

 

その中軸は、ホークス武田翔太。ワタクシ的CS/MVPです。

本来、先発投手ですが、このCSから先発投手が息切れしたところでリリーフ登板し、だいたい2回を投げて得点を与えず、後半の流れを完全に引き寄せる役割を果たしました。

 

第4戦が済んだ時点の翌朝の読売新聞朝刊スポーツ欄も武田投手の大写しでした。

 

さて、日本シリーズ!!

今週末10/27から!

 

セリーグは3連覇のカープ。

「三度目の正直」目指して、チームのモチベーションは最高潮のはずです。

 

ガチンコの火花バチバチの好カードとなりました。

楽しみ♪

 


【2018.10.22 Monday 08:34】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
またまたマリンスタジアム

3連休最後の10/8(月祝)にZOZOマリンスタジアムに行きました。

 

本当はこの日がシーズン最終戦になるはずだったので予約したのですけど、今年は台風や地震による試合中止が多く、残り試合が追加されちゃいってます。

 

この日はイベントが盛りだくさん。

試合前に、福浦選手の2000本安打達成記念表彰式。

試合後には、今シーズンで引退する岡田幸文外野手(34)の引退セレモニー。


14時プレイボールですが、早めに12時頃スタジアムに行きました。

しかし、まあ、、、ドベ2なのに、、良く観客来ます。

スタジアム前は人ひとヒト。

マリーンズストアは入店待ちに長蛇の列。

チケットは完売

当日券も完売

スタジアムは満員

 

福浦2000本安打表彰式

習志野市出身、習志野高校卒後にマリーンズ入団なので習志野市から名誉市民表彰されました。

そして野手の2000本安打達成は、名球会入り資格を得たという事でプロ野球名球会メンバーの証しのブレザーの授与。

 

 

試合は、昨年マリーンズからホークスに移籍したデスパイネが初回から2ラン。そして3回には3ラン。一人で計5点。結果は1-6でホークスの勝ち。でも、この日で引退する岡田選手が3安打と猛打賞!大盛り上がりでした。


 

スマイル・ケバブでダブルチーズラップケバブを食べました。


【2018.10.10 Wednesday 07:55】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP