祝!ホークス3年連続日本一!

 

なんとも、まあ、あっけなく決まりました。

福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ3年連続制覇。

セリーグを1位で通過し、CSも着実に勝ち上がったジャイアンツ相手に4連勝。

 

さすがに日本シリーズが4試合しか無いのは寂しい。。。。。。。

 

感動だったのは試合後、今年限りで引退するジャイアンツ阿部慎之助選手をホークス選手達が胴上げ。

 

 

以下ホークスHPより祝勝会の様子。

 

ワタクシのシナリオでは、、、、3勝2敗で折り返してホーム:ヤフオクドームの第6戦でホークスが競り勝ち、日本一を決める・・・という事で10/26(土)のプラチナチケットをゲットしていたのですが。。。。。。

紙切れになりました。。。。。

 


【2019.10.24 Thursday 08:07】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#9ファフ・デクラーク

ラグビー日本vs南アフリカ(SA)戦、TV観戦しましたが相手チームながら目をくぎ付けにされた選手がいました。

 

背番号9 スクラムハーフのファフ・デクラーク 28歳

 

最初に「んっ???!!」となったのは、SAボールのスクラムの待ち時間に9番がボールを指先でクルクルと、それも半端ないスピードで回している姿。

 

以下のyoutube動画の30秒からをご覧ください。

 

ものすごく小さい!!

調べたら身長170僉体重88kgと日本代表に入っても小さい部類です。

 

観戦中、もちろん日本代表の動きとボールを目で追うのですが、クリティカルな場面になると必ず「金髪のチビの9番」が現れ、日本に不利な状況を作り出すのです。

 

スクラムにボールを入れて出すスクラムハーフですから、スクラムやモール周辺には必ずポジションしているのですが、ディフェンズの場面でも非常にいいポジショニングで、「金髪チビ9番」は1.5倍はありそうな外国籍日本代表選手をタックルで潰すんです。

 

そんでもって、自らトライも!

 

すばしこい!

とにかく早い!

キックもいい!!

ポジショニングがいい!!

小さいのにフィジカルが抜群に強い!

 

司令塔、そしてオフェンス・ディフェンス双方に活躍!

 

 

そのデクラークのスゴい場面をダイジェストにした動画をyoutubeで見つけました。

特におすすめ場面は、

 

1:39からのシーン。相手チームの巨漢8番へのタックルディフェンスは、小さいながらのフィジカルの強さの証明です。

 

そして4:57からのシーン。パスを受け、超高速で疾走し、タックルを受けながらもエンドゾーンに到達してトライ!

 

必見です!

このデクラークの低身長ながら巨漢に当たり負けしないフィジカルの強さは、バスケ・サッカー・アメフトなどのコンタクトスポーツでフィジカル面で不利とされる日本人選手のお手本です。

 

翌日のニュースで知りましたが、日本戦のマンオブザマッチに選ばれたそうです。

今後の準決勝・決勝でも活躍を観たいと思わせる選手です。

 


【2019.10.22 Tuesday 08:50】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポーツウィーク!

スポーツの秋です!

 

プロ野球日本シリーズとラグビーW杯の決勝トーナメントが始まり、B.LEAGUEとアメフトXリーグのリーグ戦も行われています。

 

まず注目は、いよいよ今日から始まるプロ野球日本シリーズ!!

 

東西の人気球団のカード!

ホークスvsジャイアンツ!!

 

wikipediaの日本シリーズ記録から抜粋しました。↓↓↓↓↓

日本リーズ過去30年間の記録です。

ホークスはダイエー時代も含めしょう。

 

まず日本一回数は、ホークス7回、ジャイアンツ4回。

 

今シーズンを含めてシリーズ出場回数は、ジャイアンツ10回目、ホークス9回。

 

ジャイアンツは長嶋監督時代の1990年代黄金期に多数出場・日本一。

ホークスは王監督時代の2000年代が第一次黄金期でした。

 

そしてソフトバンクに替わり、2011年にシリーズ制覇してからというもの、この10年間に5回日本一、今回で6回目のシリーズ出場、そしてソフトバンクになってからはシリーズに出場したら必ず日本一になっています。

 

ジャイアンツvsホークスの対戦カードは、なんと2000年以来19年ぶり!!!

どちらもドーム球場を満員にする名実ともに「東西横綱対決」となりました。

 

ジャイアンツは、原監督復帰第3回目で名門復活。ナニしゃべってるか良くわからん原監督ですが、やはり名監督ですねーー。

 

注目選手は、投手山口、エース菅野、マシソン、そしていざとなるとメジャーから復帰した岩隈もいます。打者は、何と言っても23歳の大砲:岡本和真、打撃絶好調の坂本、カープから移籍して同じく絶好調の丸。

 

 

ホークスは2011年からの黄金期ですが、じわじわとチーム編成を育成出身者に変えてきています。ウッチー内川、マッチ松田のベテラン2名は不動ですが、千賀、甲斐、牧原、周東など若手育成選手が台頭しており、分厚い選手層で勝ち続けています。

 

Philip College Ringが2011年からのチャンピオンリングを5回中4回、お作りしていますが、以前はシルバー製のスタンダードリングだった千賀や甲斐、周東などが今や一軍主力メンバーで活躍しているのは、なんだか不思議な気分です。

 

 

全7戦、4勝先勝ですので最短は10/24東京ドームで行われる第4戦で決まることになっていますが、この東西実力球団同士ですので、どちらかが5連勝はあり得ません。きっと最終戦までもつれるでしょう。

 

ワタクシは、10/26第6戦に参戦します!


【2019.10.19 Saturday 08:34】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いよいよラグビーW杯開催!

明日9/20、いよいよラグビーワールドカップが開催されます!

日本、初開催!!

 

組み合わせを見てみましょう。

 

出場するのは全16か国・地域。

予選は4プールに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが決勝ラウンド進出。

 

日本代表の初戦は、開催日初日9/20東京スタジアムで対ロシア戦。

 

世界ランキングを見てみます。

日本は以外とランキング高く世界10位。

1-7位は、やはり英国連邦が独占。

 

それにしてもフランス、アルゼンチン、スペインはサッカー、バスケともに強いですねーーー。

 

日本の対戦相手のランキングは、初戦のロシアが20位、アイルランドは1位!!、サモアは16位、スコットランドは7位。

 

ランキング通りの順当なら日本は4戦2勝2敗。ロシア、サモアに2勝、アイルランド、スコットランドに2敗となります。ここは、スコットランドかアイルランドのどちらかに金星を挙げて、決勝ラウンド進出が目標です。

 

 

 

決勝ラウンドは、、、、、↓↓↓↓↓

 

いずれも首都圏開催ですね。

10月中旬、東京横浜は国際色豊かになり、来年のオリンピックの良い予行演習になるでしょう。

 

 

 

さて、日本代表チームは、全31名中15名が外国人選手という「多国籍軍団」。

最も多いのはトンガ、次いでニュージーランド。

 

トップリーグのサンゴリアス、ワイルドナイツなどのトップ選手軍団でもあります。

 

楽しみましょう♪


【2019.09.19 Thursday 07:29】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TEAM26マガジン

わたくし、地元千葉ロッテマリーンズのファンクラブ「TEAM26」の会員です。

 

会報が届きました。表紙は寿司大好きレアード。

米カリフォルニア出身、メキシコ系アメリカ人。大学卒業時の2007年にドラフトでNYヤンキースに入団、傘下のマイナーチームに所属。以後アストロズ、ロイヤルズ、ナショナルズのマイナーチームに移籍。2014年オフに日本ハムファイターズと契約し、2015年シーズンより出場。翌2016シーズンには本塁打王。2017のWBC(ワールドベースボールクラシック)には母親の母国メキシコ代表の3塁手・3番打者で出場し2本塁打。

 

2018オフにマリーンズに移籍。2019シーズンは、ガンガン打ちまくっています。

和食、特に寿司が大好きな事からファイターズ時代にコーチから「リラックス」のサインとして出された寿司を握るゼスチャーをされてから不思議な事に成績が上向き、自身でホームラン後に寿司パフォーマンスをするようになった。

 

マリーンズ移籍後のパフォーマンスは更に進化。ホームラン後はベンチ前で、魚を釣り上げ、さばいて、寿司を握るゼスチャーに。

↑↑↑↑↑今、リールを巻いて魚を釣り上げています。

 

↑↑↑↑↑尻尾から吊るした魚をさばいているところ

 

↑↑↑↑↑握っているところ。

 

そして5月からは、握った寿司を同僚の三木選手に差し出して食べさせる方式に。このパフォーマンスが効いたのか、水産会社が新たにスポンサーについたそうです。

 

そして「幕張寿司」としてマリンスタジアム内で販売もしています。

 

この明るさ、ノリの良さ!マリーンズは順位が悪くても人気がある理由の一つです。

 

 

 

マリーンズの今年のルーキーと言えば甲子園春夏連覇の大阪桐蔭高校の4番打者:藤原恭太が注目されていますが、今回の会報では同期入団の古谷選手と山口選手の対談記事。

ドベ、ドベ2が定位置だったマリーンズですが、こうした若手が育ち、レアードのような助っ人の活躍でジワジワと順位を上げてくるでしょう。

 

今や盤石の強者、ホークスもダイエーからソフトバンクに変わって以後、3軍制を敷いて若手の育成に努め、現在の主力陣が出来上がるまでに4-5年掛かりました。千賀、今宮、中村晃、槙原、甲斐など全て高卒育成出身です。こうした育成出身の若手陣と内川などの移籍組、デスパイネなどの助っ人が組み合わさって今の強さがあります。

 

 

マリンスタジアムもキャッシュレス化が進むようです。

ところで今シーズン途中からマリンスタジアムはスタジアム内で「加熱式タバコ以外禁煙」という不思議なルールに変更されました。スタジアム内喫煙コーナーでは加熱式タバコIQOS(アイコス9)のデモ販売をしており、試しに買ってみましたが口に合いませんでした。

 

仕方なく観戦時は一旦球場外に出て、喫煙所まで行きタバコ吸って、再入場しています。


【2019.09.17 Tuesday 15:00】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホークス千賀投手ノーヒットノーラン!

9/6(金)、商談があり福岡ヤフオクドームに行って参りました。

ヤフオクドームまで来て、野球観ない訳には行きません。

 

ホークスは2位ライオンズと1ゲーム差の首位。激しく競り合っています。

 

でも、この日のヤフオクでの対戦カードは、ホークス大の苦手のマリーンズ!今期ホークスvsマリーンズの対戦成績は、この日まで21戦6勝15敗 勝率2割8分5厘!!!!????

 

負けられないホークスは先発にエース千賀。ギリギリ3位につけているマリーンズも、このヤフオク3連戦を今までの勢いで勝ち越したい願いから、先発にボルシンガーを持ってきました。こりゃ、投手戦になるな・・・

 

レフトスタンドにはマリーンズ応援団が詰めかけています。

 

チアチーム、ハニーズ、、、遠い・・

 

でも国内球場最大のホークスビジョンで拡大!

 

試合は予想通り投手戦。

千賀は最速158kmの直球、誰も打てないオバケフォークで三振と凡打の山を築きます。

ボルシンガーもいい!セパ両リーグ最強打線を相手に4回まで完封。

 

試合が動いたのは5回裏、ホークスの攻撃。ウッチー内川がデッドボールで出塁。続くマッチ松田が大飛球のセンターフライ。。打ち取られた・・と思ったら、マリーンズのセンターフィールダー:レオネス・マーティンが小学生みたいにグラブに入れながらの落球!!????1/2塁。イマミー今宮が送りバントで2/3塁。キャノン甲斐がタイムリーヒットで1点先制するも、1点止まり。

ボルシンガー、自責点を付けるのは可哀そうな1点献上。

 

6回裏ホークス攻撃、グラシアルがヒットで出塁。ウッチー内川、センターフライ・・・なんと!またしてもレオネス・マーティン落球の間にグラシアルがホームを駆け抜け2点目。

 

マーティン、元キューバ代表でデスパイネ達と同窓。本来、守備の名手で内野外野の複数ポジションをこなすんですが、なんとこの日初めてヤフオクでセンター守備についたらしいのです。屋内球場の光源に慣れていないのでしょう。

 

結局、ボルシンガーは7回裏まで投げ切り、マーチンのエラー2つに伴う2点献上以外はきっちり抑えながらも敗戦投手に。

 

そして千賀は9回表までノーヒットノーランで投げ切りました。

球団としては76年ぶりだそうです。

偶然この日に商談が入り、歴史的なゲームを観戦出来ました。

この日のノーヒットノーランの影の立役者はマリーンズのマーティンでした。


【2019.09.10 Tuesday 11:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8/25マリンスタジアム

8/25マリンスタジアムに行って参りました。

 

マリーンズvsホークス3連戦の最終日。不思議なことに今シーズンのマリーンズはホークスにメチャ強く、今回も2連勝で最終日を迎え、さすがにホークスも3連敗はマズい・・・と総力戦になる事必死の好カードになりました。

 

完璧な満員。4回だったかな?バックスクリーンに【満員御礼】表示が出ました。

 

内野外野席ともびっしり。

 

チアのねーちゃんは遠いです。

ビール売り子のねーちゃんの撮影は禁止になりました。なにやらストーカー行為まがいをしたアホがいて、また別にもビール売りねーちゃんの太ももの接写をしてSNSにあげたバカがいたそうです。ストーカーにバカッター(バカなTwitter)は社会の迷惑存在ですね。

 

ホークスはギータ(柳田)も復帰。

明石、中村晃、イマミー(今宮)、マッキー(牧原)、バヤシ(上林)、マッチ(松田)、ウッチー(内川)とお休みのデスパイネを除いてほぼベストメンバーで臨んだ最終戦です。

 

ワタクシのお気に入り、マリーンズのデブ、アジャ(井上 晴哉)は2回、先制のソロホーマーを放ちました。

 

5回には、恒例の気志團「ワンナイト・カーニバル」を球場全体で踊って歌いました。

 

この日先発のマリーンズの種市投手、ほんとに良いピッチャーです。若干20歳!青森県三沢市出身。甲子園出場経験無しながら2016年秋のドラフトでマリーンズから6位指名で2017年シーズンから入団。2017年は2軍生活、2018年夏に1軍初登板。2018年オフにホークス千賀投手に弟子入りし、トレーニングキャンプに参加。この時に敵ながら千賀投手から様々なアドバイスを受け開眼。

 

今シーズンは先発に定着して13先発7勝2敗 勝率.778(!!)防御率3.19とチームトップの頼れる成績です。この日も日本一の打撃力のホークス相手に6回まで完封、さすがに疲れが見えた7回8回に2失点するもチーム投手陣トップの7勝目を上げました。

 

 

ホークス先発 武田翔太も出会いがしらのアジャからの1発以外は得点を許さず好投していたのですが、なぜか4回?5回だったかな?ホークスは継投策に出ました。嘉弥真、高橋純、甲斐野、モイネロ と勝ち試合並の総力投手陣を投入するも、7回裏に高橋純がマリーンズ打線に捕まり、鈴木大地に2点タイムリーを浴び敗戦投手に。

 

例によって「どーしてマリーンズに勝てないのかな〜・・」と円陣。

 

ホークス打線も代打代走と総力を投入しましたが結局マリーンズ4-3ホークスとホークス痛恨の3連敗。

 

この日が今シーズン、マリンスタジアムでのホークス戦は最後。

敗戦ながらレフトスタンドの応援団に挨拶。

 

試合後は、花火1000発の打ち上げ!!

 

この日の東京湾は、ディズニーランドとマリンスタジアムの花火で見ごたえがあったでしょう。


【2019.08.29 Thursday 07:54】 author : 管理人(Philip College Ring) | スポーツ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP