バスケW杯総括-2

今回のバスケW杯で世界に通用しなかった日本代表。今後の日本バスケとB.LEAGUEには、新たな「課題と戦略」が必要だと思います。

 

 

わたくしが勝手に考えた「課題と戦略」は、、、

 

1. フィジカルコンタクト

2. 国内レフリー制度改革

3. NBAだけではなくユーロリーグへの参戦選手増

 

 

まず「フィジカル」の事から。

 

身長178cmの篠山竜星がマッチアップするとこんな感じ↓↓↓↓↓

 

身長208cmの渡辺雄太でもこんな感じ・・・・

 

つまり身長差は圧倒的です。

 

「フィジカル」とは簡単には「体格」の事ですが、これは世界で通用している野球日本代表やサッカー日本代表も同じく体格差のある他民族・人種と戦うので単に体のデカい小さいが課題ではありません。

 

「コンタクト」「当たり」「競り合い」「ぶつかり合い」です。

 

でもファウルではありません。

 

 

今回、各戦を見て印象的だったのは「ファウルの少なさ」です。どのチームもファウルが少ないです。そりゃ、ユニフォーム引っ張ったり、激しく肩ぶつけたり腕ぶつかったりはありますが、足引っ掛けるとかボール持つ手を叩くとか、明らかな悪質なファウルは見ませんでしたし、そもそも審判がファウルを取る回数が少ない。


 

つまり「世界に通用する課題」の第1は、「当たり負けしない」事。

 

 

B.LEAGUEでは、ちょっと肩がぶつかっただけでファウル。ユニフォーム引っ張たらファウル、腕がぶつかりボールがこぼれたらファウル。リーグ戦で非常にファウル回数が多いと感じます。

 

今回の代表招集で渡邉雄太と八村が盛んに協会に直訴したと言われるのが、日本の審判のファウル基準が米国のそれと違いが大きいという事。NBA帰りの田伏、富樫や外国人選手も日本のファウル基準が厳しすぎると言っています。

 

 

 

そうなんです、バスケはコンタクトスポーツなんです。

 

激しく体をぶつけ合いながらボールを取り合うゲームなのです。

 

まず、その事を協会、チーム、選手全体が認識しなおす事が戦略的第1歩。

 

 

 

体をぶつけずにきれいにドリブルで抜けてノーマークでシュートを打つ・・・なんてありえないのです。

 

今回のW杯日本代表は、オフェンス時のターンオーバー(ボールを取られて攻守交替)が非常に多かったです。ディフェンス時には、ドリブルで体を寄せながらグリグリ進んでくる相手になすすべもなくゴール下まで進まれる状況が多発しました。

 

選手のやるべき事は、ぶつかり合っても弾き飛ばされないよう体幹を鍛え、当たり方の角度とか競り合い方を変えるべきです。富樫も田伏も低身長選手ですが、非常にコンタクトに強いです。

 

今回の代表メンバーでも、八村、渡邉、ファジーカスとNBA(若しくはNCAA)での「激しい当たり」を経験していた選手達は、オフェンス・ディフェンスともに活躍しました。B.LEAGUEでは輝きを放っていた大貴、雄大、竜星達は実力を発揮できなかった・・・・というか、当たりに慣れていないのでパフォーマンスが低かったと言わざるおえません。

 

 

そしてJBAは審判の基準を世界基準に変え、ぶつかり合いながらのボールの取り合いを「ファウル」ではなく「通常のコンタクトプレイ」と変えねばなりません。

 

日本人は「フェアプレイ」を好みますので、ついつい「当たり」=「ファウル」とする審判傾向が強く、結果B.LEAGUE戦でのファウル回数の増加につながり、選手はファウルをもらわないようにコンタクトを避ける傾向になります。これが世界で通用しないフィジカルの弱さにつながっています。
 

 

また、田伏・富樫・渡邉・八村のように世界最高峰のNBAに挑戦するのはもちろん良い事ですが、出場機会が少なければ意味がありません。ユーロリーグやPBA(フィリピン)も世界レベル選手が多数いますので、日本人選手が挑戦の幅を広げて「世界基準」のバスケを体感し、吸収する事も大事。

 

 

特に今回のW杯で強さが目立ったのは、ユーロリーグ勢(ヨーロッパ諸国)。

準々決勝進出の8強中5チームがヨーロッパ勢です。

 

ちなみに9/15に行われた決勝戦は、アルゼンチンvsスペインで世界2位のスペインが2度目のW杯優勝を果たし、3位決定戦ではフランスがオーストラリアを下し、優勝スペイン、準優勝アルゼンチン、3位フランス、4位オーストラリア、5位アメリカで終了しました。

 

 

このW杯の結果を踏まえ、近日中に発表されるであろう新FIBA世界ランキングではスペインが1位になる可能性大です。もしかして2位にフランス?また、上位陣にはセルビア、リトアニア、スロベキア、クリアチア、イタリアと欧州勢が過半を占めるでしょう。

 

日本人プレイヤーは、ユーロリーグ参戦を本気で考えるべきです。

 

 

 

とはいえ、バスケ日本が「世界に通用する」のは時間がかかるでしょう。

でも、日本のバスケは夜明け(B.LEAGUE発足)が来たばかりの「早朝」です。


【2019.09.16 Monday 08:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バスケW杯総括-1

開催中のバスケW杯、日本は1次グループリーグを3戦3敗、順位決定戦2戦2敗、計5戦5敗の結果で終戦しています。

 

全く通用しませんでした。。。。

 

長年バスケを観戦してきたワタクシとしては、B.LEAGUE発足前と比べて飛躍的に力を付けた日本代表チームがこれほど通用しないとは、世界の壁はどれだけ高いのだ・・・と思います。

 

 

 

 

 

しかし冷静に他のスポーツの世界大会レベルと比べると、まだまだこれから・・という事でしょう。

 

現在、世界大会で最も通用しているのは野球。WBC2回優勝、オリンピックでは金メダル1回、銀メダルと銅メダル2回づつと野球日本代表は明らかな世界的強豪です。日本に野球が根付き、プロ化したのはなんと1936年と83年前。

 

サッカー日本代表がW杯に初参戦したのは1954年。Jリーグが本格始動したのが1983年。有名な「ドーハの悲劇」は1993年。W杯初出場はJリーグ発足15年後の1998年。以後、6回のW杯に連続出場しています。今や、Jリーグのみならず海外リーグで活躍する日本人選手を選抜したサッカー日本代表チームも、プロ化後36年たった今、ようやく「世界に通用しつつある」状況です。

 

バスケ日本代表は、B.LEAGUE発足後3年目。

 

どうやら、海外発球技が日本に根付き、プロ化して、世界に通用するレベルになるまでには数十年かかるようです。まずはバスケ日本の現在の世界での立ち位置が確認出来て、課題と将来設計につながる今回のW杯です。

 

 

実はワタクシ、W杯の各戦のスタッツ・ボックススコアを収集し、分析してブログに上げようと思っていたのですが、止めました。シュート確率とかリバウンド回数とかのテクニカルな問題では無いと考えたからです。

 

今後の日本バスケとB.LEAGUEには、新たな「戦略」「課題」が必要だと思います。

 

 

わたくしが勝手に考えた「課題と戦略」は、、、

 

1. フィジカルコンタクト

2. 国内レフリー制度改革

3. NBAだけではなくユーロリーグへの参戦選手増

 

長くなるので、次のブログへ続く。


【2019.09.15 Sunday 09:06】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バスケ日本2敗

 

中国で行われているバスケW杯予選。

グループEの日本は、3戦中2戦して2連敗・・・・・

 

 

先のブログにも掲載したランキング表。グループEには世界ランク1位アメリカ、17位トルコ、24位チェコ、日本48位。

 

8/31(土)に行われた第1戦は、日本 67 vs 86トルコの19点差負け。

9/2(月)の第2戦は、日本 76 vs 89 チェコと13点差負け。

う〜う〜、、、どうやらランキング通りの実力差がある感じです。

 

八村塁選手は、1戦目15得点、2戦目21得点と期待通りにチームトップの得点源となっていますが、どうにも総得点が足りません。

 

チェコ戦後のインタビューでラマラス監督は「W杯で勝つにはディフェンスの向上が必要」とコメントしています。

 

しかし、、、ワタクシは2戦を見て目立つのは相手チームにターンオーバーを多く与えてしまう事。そしてシュート成功率の低さを感じますが、、、、今、それを言っても仕方ないタイミング。


 

明日9/5(木)21:30グループリーグ最終戦は、世界ランク1位のディフェンディングチャンピオン、アメリカ!

 

楽しみましょう♪


【2019.09.04 Wednesday 08:42】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バスケW杯スタート!

4年に1度のバスケ世界1を決めるバスケットボール世界選手権大会が今日8/31、中国で開幕します!既に日本代表最終メンバー12名は中国に旅立っています。

 

最終選考メンバー12名を見てみましょう。

 

 

NBAプレイヤーの八村と渡邉、心強いですね!

予選で、この2名が日本代表に合流してから負けなしです。

 

大貴、譲次、雄大のアルバトリオは、B.LEAGUE2連覇の原動力。

キャプテン(未確認)のはずの篠山竜星は日本代表の精神的支柱。

日本に帰化したファジーカスは、高さ不足の日本代表の頼れるビッグマン。

 

 

でも、、、しかし、、、富樫がいない・・・・

 

実は、富樫は7/24の代表合宿の練習中に右手薬指を骨折。全治2か月。

つまり9/23まで試合出場不可の診断。

リーグ戦開幕には間に合いますが、9/15まで行われるW杯には不参加となってしまいました。

う〜う〜、、、、残念無念・・・

 

 

とはいえ、現12名のメンバーは八村、渡邉を加えており、B.LEAGUEオールスターを上回る実力です。

 

ファーストラウンドの組み合わせは↓↓↓↓↓

 

FIBAランキングは↓↓↓↓↓

 

ピンクの網掛けが日本の入ったグループEの組み合わせ。

1位のアメリカ、17位トルコ、24位チェコと48位の日本。

チェコにもダブルスコアの順位で全て格上相手。

 

 

そして日本の第1戦は、9/1(日)17:30から対トルコ戦!!

 

第2戦は、9/3(火)17:30から対チェコ!

 

第3戦は、9/5(木)21:30から対アメリカ!!!!

 

 

期待はいずれも格上ですがトルコとチェコに勝って、アメリカには負けて2勝1敗でラウンドアップ!!!

 

そもそもFIBAランキングは、国際試合の数年間の累計成績から算出されています。日本代表が国際試合出場権を回復したのは、B.LEAGUE発足の3年前。そりゃ国際試合してなかったんですから、順位低いです。

 

ワタクシ的ランキングでは20位前後と見ています。是非2勝1敗で!!

 


【2019.08.31 Saturday 07:37】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
八村塁 NBAドラフト1巡9位!

今TVやネットでは、八村塁選手のNBAドラフト指名の話題で持ち切りです。

 

6/22読売新聞朝刊1面に八村選手がNBAワシントン・ウィザースから1巡目全体9位で指名されたとの記事が!

日本では長らくマイナースポーツだったバスケの選手が全国紙の1面に記事が載る時代が来ましたね。

 

 

同1面下のコラム欄には、八村選手の中学時代のバスケ部コーチとの美談も。

また、このコーチが正直!「NBAを目指せと言ったのは、実は練習に励んでもらうための口実でした」と。

 

大阪なおみ選手のアマチュア時代のコーチが、大阪なおみが世界ランキング1位になったら後出しで「コーチ料よこせ!」と騒いだのとは対極です。

 

 

実はPhilip College Ringは、八村選手が宮城明成高校バスケ部時代に2015年のウィンターカップとインターハイで優勝した際、PTAの方々のご賛助でチャンピオンリングを作らせて頂きました。

 

↓↓↓↓↓2015年ウィンターカップチャンピオンリング

 

八村選手の当時の背番号は22。

赤矢印のひときわ大きなサイズのリングが八村選手のリングです。

指サイズは個人情報なので記載しません。

 

 

さて「日本人初のNBAドラフト指名」となりましたが、これは八村選手の【スタート】で、今後こそが焦点です。ワシントン・ウィザースは1961年NBA加盟。1978年にNBA優勝して以来、41年間もタイトルを獲得していません。

 

そーですねーー、、日本のプロ野球でいうと1996年に一度だけ日本一になったオリックス・バッファローズ(ブルーウェーブ)的存在でしょうか??(バッファローズさん、ごめんなさい・・・)

 

八村選手の加入で、万年カンファレンス下位のウィザーズがプレイオフ常連にでもなったらスゴい事になります。

 

 

そして今年の8/31から中国でバスケワールドカップがあります!!

八村選手は、もちろん日本代表に召集されるでしょう。

来年の東京五輪も!!

 

21歳の八村選手が今後NBA、日本代表で活躍する事を切に願います。

 


【2019.06.24 Monday 07:51】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1億円プレイヤー

ついに出ました!

日本バスケ界初の1億円プレイヤー!

 

それも外国人選手ではありません。

 

我らが富樫勇樹!!!!

 

千葉ジェッツ島田社長と契約締結後に記者会見する富樫。

6/3、千葉ジェッツと富樫勇樹選手は契約改定を行い、基本報酬年1億円を超える契約を結びました。

 

これは単に有名選手が1億円プレイヤーになったというだけではありません。バスケがプロスポーツとしてメジャーになる第一歩とも言えます。

 

つい数年前のB.LEAGUE発足前、実業団チーム主体のNBLの選手達の報酬は、基本的に所属会社の給与体系に準じていました。トヨタ自動車や三菱電機などの大企業ですので、決して安い給与では無いとはいえ、年功序列賃金が色濃く残っている日本企業で20歳代の若手社員と同等の給与という事ですので、平均年俸360万円前後と言われていました。

 

プロリーグのbjリーグもチーム経営を優先し、「サラリーキャップ」というリーグ所属チームの年俸総額を制限していました。例えば、1チーム当たり上限1億円なら、所属選手・コーチなどプロ契約者が20人いれば平均年俸は500万円という事です。もちろんポイントゲッターや優秀なスタッツを記録した選手には、四捨五入で1000万円近い額も払われていたでしょうけど、プロ野球、米4大スポーツなどと比較すると、見劣りするレベルでした。

 

 

それがB.LEAGUE発足 3年で1億円プレイヤーを輩出するまでになったという事実は非常に大きく、意義があります。

 


まず、富樫以外のB.LEAGUE所属選手達にも夢を与え、切磋琢磨に弾みがつきます。そうすると、B.LEAGUEのプレイの質が更に向上し、観るものを魅了します。そうすると観客が増え、チーム・リーグの収入が増えます。そうすると富樫以外の1億円プレイヤーが出てきて、更に更にB.LEAGUEの魅力が増します。

 

 

そして、子供達・高校生・大学生のバスケプレイヤーに夢を与えます。優秀な素質を持った若い選手がB.LEAGUEを目指し、入団してきます。B.LEAGUEのプレイの質が更に高まります。

 

こうして「正のスパイラル」が生まれます。

この英断を下したジェッツの島田社長に敬意を表したいと思います。

 

 

改めて富樫勇樹をご紹介しましょう。

一言でいうと「雑草」です。

 

まず身長163cmという時点でバスケ選手として致命的ハンデを背負っています。

 

小中校とミニバスケをして、高校からアメリカに留学。これは、低身長だとバスケ有名校に進学しても機会そのものが与えられないという判断からでしょう。米ではハイスクールバスケで強豪校のモントローズ・クリスチャンスクールに。主にシックスマン(交代要員)。NCAAのバスケ強豪大学を目指すも挫折し、2012年帰国。

 

既にシーズンが始まっていたbjリーグの秋田ノーザンハピネツに入団。これも、富樫の父親と当時のハピネツのHCだった中村和雄のつながりで、一種の「縁故入団」。当時のハピネツはチーム創設2年目で、bjリーグの中でも下位グループ常連。東地区最下位、5位、4位ってとこ。

 

ところが富樫入団の翌シーズンには、ハピネツはプレイオフを勝ち上がり、いきなり初の決勝進出。惜しくも準優勝でしたが、そのファイナルでの富樫の活躍はワタクシも非常に印象に残っています。

 

翌シーズン2014年、1年半でハピネツを退団し、再度のアメリカ挑戦。ダラス・マーベリクスと契約し、日本人2人目のNBAプレイヤーとなるも、足首のケガ等で出場機会に恵まれず、2015年秋に帰国。

 

この時も既にシーズンが始まっていたが、あるきっかけで名刺を貰っていた千葉ジェッツの島田社長にコンタクトし、千葉ジェッツに中途入団。ジェッツは、島田社長の経営努力で集客には成功していたが、タイトルは無冠だった。しかし、B.LEAGUE発足1年目の天皇杯でいきなりジェッツを優勝に導き、以後天皇杯3連覇中。

 

昨年はB.LEAGUE年間MVPも獲得。

 

あと足りないものはB.LEAGUE優勝タイトルとそのチャンピオンリングのみ!!

 

 

プレイスタイルは、その低身長を逆手にとった低い姿勢の高速ドリブルで相手ディフェンスを切り裂きチャンスメイクをします。

身長2m台の外国人選手とマッチアップすると、まるで「ドリブルで股抜き」のように切り込んでいきます。

 

 

そして3Pシュート。

この驚異の跳躍力で、2m台のビッグマンディフェンスの手が届かない高い放物線を描くシュートを放ちます。

 

今後の活躍が楽しみです。


【2019.06.05 Wednesday 09:51】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
B.LEAGUE AWARD SHOW2018-19

アップが遅くなってしまいました。

先週5/15(水)、今シーズンのB.LEAGUEの最後の行事、B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19が六本木ヒルズアリーナで行われました。

 

 

年間チャンピオンリングのアルバルク東京の表彰式は決勝当日に行われていますので、このAWARDは主にプレイヤー個人の表彰式です。

 

年間MVPに選ばれたのはジェッツの富樫勇樹!初受賞!

思い起こせば、富樫が渡米前の2013-14シーズンのbjリーグファイナル、当時富樫が所属した秋田ノーザンハピネツvs琉球キングス戦、昨年のB.LEAGUEファイナル ジェッツvsアルバ、今年と彼の所属チームが3度とも決勝で敗れ、唇を噛む姿を通算3回見ています。

 

田臥に次ぐ日本人2人目のNBAプレイヤー、天皇杯3連覇、3年連続のB.LEAGUEベストファイブ選出、そして今回の個人タイトルとあと、足りないのはリーグ優勝のチャンピオンリングのみ!!

 

がんばれ!!!!

 

 

以下、2018-19ベストファイブプレイヤー

 

富樫は3年連続

 

もちろんアルバ2連覇の立役者、大貴も3回目。

 

シーホースの金丸も3回目、そしてベストフリースロー賞も3年連続受賞。そのFT成功率なんと90.9%!!

 

そしてブレックスの遠藤は、エース田臥のケガなどの欠場を十分に埋め、初受賞。

 

ダバンテ・ガードナーは、アルビ新潟の中地区初の1位の立役者として初受賞。

 

特別賞ベストシックスマン(控え選手)は、ファイナルMVPの雄大!

 

最優秀ヘッドコーチは、もちろんアルバのルカHCが2年連続受賞。

 

いずれも納得の受賞者たちです。

 

 

更に得点王、アシスト王、リバウンド王など各種の受賞者たちはB.LEAGUE AWARD SHOWウェブでご覧ください。

↓↓↓↓↓

 


【2019.05.24 Friday 08:10】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP