スーパボウル2019

年明け早々、アメリカでは年間最大のイベント、スーパーボウルが始動しています。

 

簡単におさらい。

 

リーグ戦とプレイオフ、決勝(スーパーボウル)を合わせても1チーム当たり最大20試合しかないアメフトプロリーグNFL。米4大スポーツ中、最大の収益とTV最高視聴率を誇ります。

 

スーパーボウルの視聴率はほぼ50%!つまり、計算上アメリカの人口の半分1億6千万人がこの日はTVに釘付けになるという、日本では想像しにくい国民的イベントです。

 

リーグ戦は、全32チームがAFCとNFCのカンファレンスに別れ、更に各東西南北の4地区制。秋に始まったリーグ戦は、1チーム16試合を行い、年末には順位が決まります。

 

上の表はAFCのもの。

各地区の順位とともに個別チームの成績を見る必要があります。

 

カンサスシティ・チーフスが16戦12勝4敗で暫定首位。テキサンズとペイトリオッツが11勝5敗同士ですが、得点・失点・ホームやアウェイでの勝ち星などの成績では、ペイトリオッツが暫定2位になります。つまりテキサンズが暫定3位、レイブンズが暫定4位。

 

そしてワイルドカード。これは暫定5位と6位ですね。同じ地区2位でも、12勝4敗のチャージャーズが暫定5位。コルツが暫定6位となります。

 

 

NFCの順位はと、、、

ラムズが暫定首位、2位がセインツ、ベアーズ、カウボーイズ、シーホース、イーグルスの順位になります。

 

 

 

そして1/5、1/6の年明け最初の週末には、ワイルドカードチームが出場するプレイオフ第1戦が始まっています。

このプレイオフ戦もスーパーボウルほどではありませんが、出場チームの地元では高視聴率、観客席チケットは争奪戦。

カウボーイズとイーグルス、チャージャーズとコルツが勝ち上がり。

 

1/12-/13には準決勝が行われ、その勝者同士でNFCとAFCのチャンピオンを決定し、そのチャンピオン同士がスーパーボウルで対決するというガチンコのノックアウト方式トーナメント戦です。残り試合数、勝率など数値だけで優勝が決定するのではなく、明らかな勝敗・勝ち抜けシステムなのでシーズン最後まで盛り上がります。

 

この間、プレイオフに出場出来なかったチームは、ファン感謝デーなどのイベントを行い、1シーズンの応援に感謝をするとともに、ファンは近隣州の出場チームや好対戦をした相手チームの応援に回ります。例えば、千葉ロッテマリーンズがCSに出場しなければ、近隣県の西武ライオンズを応援するとかです。「昨日の敵は今日の友」ってヤツですが、この点も日本のプロスポーツファンには無い習慣です。

 

でも、そうする事でシーズン最後までスポーツを楽しめますね。

 

 

さて、今年のスーパーボウルは、2/3(日本時間2/4月曜朝)。

アトランタのメルセデスベンツスタジアムで行われます。

ご覧のようにスタジアムと言っても屋根付き巨大アリーナ。収容人員75000人!

 

今回のスーパーボウルトーナメントには出場出来なかったアトランタ・ファルコンズとサッカーMLSのアトランタ・ユナイテッドのホーム球場。

 

ワタクシ、アトランタオリンピック後の1980年代後半-1990年代に仕事で数回アトランタに行きました。このエリアにはアトランタのダウンタウンのほぼど真ん中、アトランタオリンピックの元メイン会場で、跡地に東京ビッグサイトの3倍近い巨大なコンベンションセンター、ジョージアドーム、公園など巨大施設のある地区でした。

 

wikiによると当時のジョージアドームも収容人員7万人弱。1992年開業となっていますので、まだ25年程しか使用していないようですが、2017年3月に建て替えでメルセデスベンツスタジアムを隣接地に建設し、ジョージアドームは爆破されて今は駐車場になっているそうです。

 

ピンとこないかもですが、ホントにアトランタの市街地中心部なんです!近くには有名なジョージアテック(ジョージア工科大)、コカコーラの世界本社、CNN本社ビルなどなどがありますので、まさに東京都文京区の東京ドームのような立地にある施設を、建て替えて、旧施設は爆破解体!!???

 

都市再開発とは、こういう事なんですね。。。

おっと、アメフトの話題からズレちゃいましたね。

 

まずは決勝戦の顔合わせが決まるまで静観しましょう。


【2019.01.09 Wednesday 07:57】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
追伸:ライスボウル2019

ライスボウルの報告ブログに、お約束のチアのねーちゃんの写真を載せるのを忘れていました。。

 

フロンティア・レッツのおねーちゃん達です。

 

普段は富士通のOLさんでしょうか?

 

関西学院に勝って欲しかったのですが、フェイスペイントをしての2ショットサービスに惹かれて、ついフロンティアーズのフェイスペイントをしてしまいました。

 


【2019.01.05 Saturday 09:39】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライスボウル2019

1/3、お正月の恒例行事 アメフト日本選手権「ライスボウル」に今年も参戦致しました。

 

正直なところ、試合結果には初めから興味無く、今年から導入された「3Fバルコニー指定席+東京ドームホテル運営食べ放題ビュッフェ」を体験したくて東京ドームへ足を運びました。

 

指定席券込みで料金は7000円だったかな?指定席だけだと4000円なので、ビュッフェが3000円相当。お正月の東京ドームなので3000円、ホテル内なら2000円、町場のレストランのビュッフェなら1000円って感じの価値観でした。率直に言って、イマイチでした。

 

 

そんでもってゲーム。

社会人王者 富士通フロンティアーズ vs 学生王者 関西学院大ファイターズは、この10年間で通算3度目の対戦。

 

アメフト好きの方ならお分かりでしょうが、対戦カードが決まる前から社会人チームの勝ちが8割確定しているのがこの数年間のライスボウルの構図。

 

結果は以下の通り。

 

 

【プルデンシャル生命杯 第72回ライスボウル】
2019年1月3日(木) @東京ドーム 観衆:33,242人
富士通フロンティアーズ(社会人代表) 0 10 0 7 = 17
関西学院大ファイターズ(学生代表)  14 10 21 7 = 52

52点も入るゲーム。。。。

観客側、緊張感無し。

 

 

この10年間の結果は以下の通り。

 

ワタクシ、上記表の2010年から全てライスボウルを観戦しています。

 

2015年頃までは、ワクワク・ドキドキのゲームでした。「もしかしたら久々に学生チームがライスボウル優勝か?!」と期待させる内容で、特にに2013年のシーガルズvsファイターズは、確か4Q残り時間わずか10秒でシーガルズが逆転優勝のようなドラマティックな展開がありました。あのゲームの緊迫感は、今でも忘れません。

 

 

しかしこの数年間、はっきりいって面白くないゲーム内容です。

 

 

ファイターズが弱いワケではありません。

フロンティアーズが悪い訳じゃありません。

「ライスボウル」の主催者が悪いデス。

ルールを変えなければなりません。

 

もし、来年も同じ仕組みでライスボウルを行うなら、ワタクシは観戦しません。

 


【2019.01.04 Friday 09:47】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オービックシーガルズ終戦

11月25日(日) 川崎スタジアムで行われたアメフトXリーグ準決勝戦 富士通フロンティアーズvsオービックシーガルズは、13-10でフロンティアーズが勝ち上がり、残念ながら今シーズンのシーガルズは終戦となってしました。。。

 

この4年程、シーガルズはどうしてもフロンティアーズに勝てません。

 

そして大阪エキスポフラッシュフィールドで行われた、もう1戦の準決勝戦のIBMビッグブルーvsパナソニックインパルスは、24-17でビッグブルーが勝ち上がり、12/17に東京ドームで行われるXボウル決勝戦は、フロンティアーズvsビッグブルーとなりました。

フロンティアーズは、ここ5年間で3回の優勝です。対するビッグブルーは、優勝経験無し!昨年と2014年に決勝でフロンティアーズに敗れています。初優勝なるか!!???

 

 

お正月のライスボウルでXボウル勝者と対戦する大学の方は、関東リーグの勝者が早稲田大ビッグベアーズ。関西リーグは関学ファイターズが甲子園ボウルを戦います。

 

ご存知の事件で、今年は日大フェニックスが公式戦出場停止処分でした。関東リーグは、早稲田、明治、法政が3強でギリギリまで争いましたが、早稲田が頭一つ抜け出ました。

 

関西も上位は、常連の関学ファイターズと立命館パンサーズでしたが、直接対決を31-7とファイターズが完勝で関西代表になっています。

 

さてさて、早稲田が関学を破ってライスボウルに出場するのか??!!

そしてXリーグの方は、初優勝・ライスボウル初出場のビッグブルーが来るのか!!??

 

ビッグブルーvs早稲田になると面白いですね!

 

ワタクシ、まだ出場チームも決まっていないライスボウルですが、先行予約でチケット確保済みです。


【2018.11.26 Monday 11:33】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アメフトXリーグ ベスト4決定

アメフトXリーグが終盤戦を迎えました。

 

リーグ戦を経て、上位8チームによるトーナメント方式のプレイオフ「JBXトーナメント2018」がベスト4準決勝戦まで進みました。

 

準決勝戦はいずれも11/25(日)に

 

川崎スタジアムで富士通フロンティアーズvsオービックシーガルズ

エキスポフラッシュフィールドでパナソニックインパルスvsIBMビッグブルー

 

ここ数年、常連の4チームです。

 

 

リーグ戦順位は、

 

1位 フロンティアーズ

2位 インパルス

3位 ビッグブルー

4位 相模原ライズ

5位 シーガルズ

 

でしたので、シーガルズが「下剋上」での勝ち上がりです。シーガルズはリーグ戦でフロンティアーズに28-31と、たったの3点差、つまりフィールドゴール得点差での惜敗でした。

 

25日に「決着」を付ける事になります。


【2018.11.13 Tuesday 08:18】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アメフトXリーグ2018シーズンKick Off!

いよいよ8/26にアメフトXリーグの2018シーズンが開幕します。

 

Philip College Ringの【アメフトに行こう!プロジェクト】恒例のシーズン開始にあたって、オービックシーガルズの大橋誠GMに、今シーズンの見どころ、オービックシーガルズについて寄稿頂きましたのでご紹介致します。

 

大橋誠オービックシーガルズ・ゼネラルマネージャー

 

出身地/誕生日 兵庫県/6月9日
選手時代のポジション LB
選手歴 都立西高校(1981〜1983)
早稲田大学(1985〜1988)
オービックシーガルズ(1989〜1996)
アメフトコーチ歴ほか キッキングコーディネーター(1996@オービックシーガルズ)
ディフェンスコーディネーター(1997〜1999@同上)
ヘッドコーチ(2000〜2015@同上)
シニアアドバイザー(2016@同上)
ゼネラルマネジャー(2017〜@同上)
-----------
第1回世界選手権守備コーチ(1999)
第2回世界選手権守備コーチ(2003)
ジャパン・USA・ボウル守備コーディネーター(2005)
第3回世界選手権守備コーディネーター(2007)
ノートルダム・ジャパン・ボウル守備コーチ(2009)
ジャーマン・ジャパン・ボウル守備コーチ(2010)
第4回世界選手権アジア予選/本戦守備コーディネーター(2011)
ジャーマン・ジャパン・ボウル/第5回世界選手権アジア予選守備コーディネーター(2014)
第3回U-19世界選手権アシスタントヘッドコーチ(2014)
第5回世界選手権守備コーディネーター(2015)
第4回U-19世界選手権ヘッドコーチ(2016)
日本アメリカンフットボール協会強化育成委員(2016〜)
第5回U-19世界選手権ヘッドコーチ(2018)

 

 

<以下、大橋GM寄稿内容>

 

SUPER9/BATTLE9のDIVISION内2ブロック制もいよいよ3シーズン目を迎え、節目の年となります。

 

SUPER9同士の試合はかつてない激しいものになっており、一つ一つの試合を勝ち抜くことはもちろん、チャンピオンシップ獲得までに、チームの消耗をどうコントロールできるかも大切な要素になってきています。一方、SUPER9のチームとBATTLE9のチームが戦う試合では、その格差が更に広がったようで、平均点差が36点、最大点差の試合ではその差が84点に達しました。

 

これらの状況を受けて、Xリーグでは19年シーズンよりDIVISION編成をX1 SUPER(8チーム)とX1 AREA(12チーム)に分割します。上位リーグのX1 SUPERでは、総当たり戦を経てプレーオフ参加4チームを決め、4チームのトーナメントで優勝決定となります。つまり、来シーズンよりX1 SUPER以外のチームには優勝の可能性がなくなるのです。今シーズン終了時、総合順位上位8チームに入るのか、9位以下に終わるのか、緊迫の展開が予想されますので、優勝争い以外にも、見どころの多いシーズンになることと思います。

 

 

今シーズンの優勝争いということで言えば、やはりアメリカ人選手の活躍がカギになるとは思いますが、かつてと違ってきているのは、アメリカ人選手だけに頼るような形では、疲弊を伴う接戦が続くレギュラーシーズンを勝ち抜くことが難しくなっているということです。彼らを活用できるだけのチームの総合力、とりわけプレー精度の高さが分かれ目になると考えています。また、今シーズンは我々オービックシーガルズ を始め、富士通・ノジマ・エレコムなどのチームで新たにアメリカ人選手を受け入れています。その新戦力を今シーズン中に機能させ、活用させることができるかも、重要なポイントとなるでしょう。

 

 

個人的に注目しているのは、各チームのランニングアタックに関してです。Xリーグでもワンバック・スプレッドフォーメーションが基本、ややパス偏重のオフェンスが基本となって久しいですが、それに対するディフェンスも随分進化してきたように見られます。こうなってくると、QBの良し悪しに左右されるパス偏重から、ランアタックで時間やフィールドポジションを確実にコントロールできるチームが強さを発揮するでしょう。その辺りも今シーズンの見どころかと考えています。

 

 

さて、今シーズンのオービックシーガルズですが、まずは、大改革に踏み切ったオフェンスの奮起が期待できます。かつてのQBとは異なるスタイル、デュアルQB(投・走で試合をコントロールするQB)ハワード選手を迎えたことで、特に前述のランアタックに厚みが出ています。

 

RBにも、原・望月・李・地村など異なるタイプのランナーが揃っていますので、誰がどのようなキャリーを見せるのか、見ていて楽しいオフェンスが展開されるでしょう。また、パスにおいても大型TEハフの加入で、高さを加えた攻撃が可能になりました。フィールドを広げることのできる、スピードあるWR陣も健在ですから、期待は高まります。

 

ディフェンスに関しては、システム理解がますます深まっており、選手間の共通認識がしっかり出来上がりつつあります。そのおかげで、思い切りの良いプレーが要所で見られることが増えています。もともと、タレントの多いディフェンス陣ですが、同世代最高と考えられるDL佐藤・DBビーティ(BJの実弟)・久保などが新しい刺激を加えてくれています。

 

何れにしても、リーグ全体の攻防も、進化しつつあるオービックシーガルズの戦いも、目の離せないシーズンになることは間違いありません。是非、試合を楽しみにしていただき、できれば会場で参戦していただければ嬉しい限りです。

 

オービックシーガルズGM 大橋 誠

 


【2018.08.23 Thursday 06:41】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春のパールボウル シーガルズ優勝!

アメフト春の関東地区トーナメント大会、パールボウルは6/28に東京ドームで決勝戦が行われ、オービック・シーガルズ28-2 IBMビッグブルーとなり、シーガルズが2年連続7度目のパールボウル優勝を果たしました。

 

パールボウルは、秋のリーグ戦のプレシーズンマッチ的役割ですが、今シーズンの各チームの戦力が見える大会です。

 

今年のシーガルズは強い!

 

新加入のQBスカイラー・ハワード、イイです!!

投げて良し、走って良し!

ベテランQB菅俊と交代コンビネーションで、オフェンスバリエーションが増えて、相手チームを翻弄しています。そしてQB陣のパスでの長距離砲にWR木下ノリ、WR池井と新加入のTEホールデンが受けまくります。

 

加えてランがイイ!!

相手ディフェンスに掴まれても引きづりながら重戦車のように中央突破するRB望月、昨年加入のRB李は華麗なステップで相手を除けながら突き進みます。

 

そしてディフェンスは、鉄壁のKJ/BJコンビに加えて!

ナント!

ナント!

BJことバイロン・ビーティーJrの実弟、ブロンソン・ビーティーがDBポジションに新加入。ブロンソンはハワイ州出身ですが、日大に留学し、卒業と同時に兄のいるシーガルズ加入。日本にも慣れています。ただでさえ鉄壁ディフェンスなのに、チタン製の壁になっちゃいました!

 

パールボウル決勝のダイジェスト動画がYoutubeにアップされていましたので、ご覧下さい。

↓↓↓↓↓


【2018.07.02 Monday 07:35】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP