「時事・雑談」カテゴリーアーカイブ

SNS

9/13讀賣朝刊の記事です。「ネットに漂うデマに感染」

今年2021年4月にSNSに

「新型コロナワクチンを注射した実験用マウスが2年後に全て死んだ」というデマ

が拡散されたそうです。

マウスの寿命は2年、そしてコロナワクチンが開発されたのは2020年夏。矛盾だらけのデマですが、アンチワクチン派を一時的に勢いづけた事でしょう。

もはやSNSの「デマ」は議論に値しません。SNSを情報収集ツールの一つとする事が間違いなのです。

双方向コミニュケーションツールとしてFacebookやTwitterが登場して10年ちょっと。まだまだ「使う側」が未成熟ですが、やはり「発信する側」と「プラットフォーム側」に「責任」という規制も必要性を強く感じるこの頃です。

ワタクシはTwitterは使いません。Facebookは特定の友人達とのコミニュケーションツールとしており、「友達登録」以外には非公開です。ましてやSNSで情報収集するなんて事はしません。情報としての信頼性ゼロというより「特定個人の意見」ですので、別に「ああ、あの人はこう思ってるのね」でおしまい。

そして原則的に投稿や閲覧に時間を使いません。人生残り少ない時間をカネにならないやり取りに浪費したくないからです。

もちろんSNSに良いところもたくさんあります。長らく会っていない人の「生存確認」も出来るし、国境を越えた友人とのコミニュケーションも「無料」で取れます。その対価として、投稿や閲覧内容という個人情報を提供し、「ドキっ」とする広告を見る事になりますけどね。

フィリップ カレッジリング

9/3讀賣朝刊

9/3讀賣朝刊の記事。「市町村、療養支援できず」のタイトル

簡単にまとめると、

  • 各保健所が感染者や要療養者の氏名を市町村に開示しない
  • 開示しない理由は「個人情報保護なんちゃらかんちゃら」
  • だから市町村の住民サービス部門が要療養者に食料配布などの支援が出来ない

相変わらずのお役所・縦割り体質です。乱暴な意見を言うと、

保健所が理由を「個人情報保護なんちゃら」にかこつけて必要な仕事をしていない

からです。

個人情報保護も大事ですが、「身体・生命・財産を守る必要がある時には個人情報も開示されるべし」と法にも定めてあります。当たり前ですよね。病気やケガなで自身で危険信号を発信出来ない状況になったら、他の人(行政含む)が救わないと!


道でうずくまって苦しんでいる人(Aさん)がいるとします。その人がどこの誰かを知っていて、苦しんでいる理由を知っている人(Bさん)が近くにいます。通りがかった人(Cさん)が「大丈夫?救急車呼ぶ?名前は?」って聞いても、本人は苦しくて答えられません。

CさんはBさんに、「この人どうしたんですか?どうしたらいいですか?」って尋ねると、

Bさんは「個人情報保護の観点から答えられません!」だって。。。。。


Bさんの人間性を疑いますよね!!

フィリップ カレッジリング

期待!コロナ治療薬

期待のコロナ治療薬の開発が進んでいるようです!

毎年毎年(昨年冬を除き)流行し、年間2000-3000人が死亡するインフルエンザですが、ワクチンと治療薬(タミフル・ゾフルーザなど)があるから緊急事態宣言などは出ませんよね。

そうです!新型コロナもワクチン+治療薬のセットが社会の正常化に必須なんです!

早く実用化して~

フィリップ カレッジリング

Philip College Ring Laboratory

宿願の工房移転・拡張が実現します。

その名も「フィリップカレッジリング・ラボラトリー」
略して、「カレッジリング・ラボ」又は単に「ラボ」と呼びます。


近年、自宅改造工房の限界に直面していて、拡大・拡張又は移転など様々へ検討をしていました。でも、製造業の工場投資には「シャープの亀山工場」という負の教訓があります。

かつて松下電機、日立などと並ぶ総合家電メーカーで創業100年近い超名門企業シャープですが、経営判断を誤って過大投資した亀山工場が充分に稼働して稼げず、倒産寸前のところを台湾企業に救済合併されたストーリーは有名です。

つまり製造業とは生産への投資が適切か否か?が大事。

チャレンジ精神旺盛なワタクシでも数年悩みましたが、もはやスペース的限界が疑いように無く、この2021年年初の経営方針に「工房の移転・拡張」を掲げました。


そして運よく現在の工房から直線距離80m、徒歩1分ちょっとの場所に築5年の中古住宅が売りに出たのです。それも別荘作りで、2LDKながらLDKが24畳と工房にぴったりのワンフロアルームがあるのです!

会社のバランスシートを分析し、税理士さんのアドバイスも受け、土地建物は息子の二代目名義で購入し、Philip College Ringが一棟丸ごと借り上げる形を取ります。

即決で購入。

広さは現在の4倍。一部屋丸々余りますが、フューチャースペースとして空けておきます。

来月10月に移転し、稼働開始予定です。

フィリップ カレッジリング

8/25日経朝刊記事

8/25日経朝刊の記事。「百貨店、伸びぬネット販売」の記事。

Philip College Ringも複数の百貨店さんと取引きがありますし、取引先ブランドが百貨店に出店しているケースが多いので、百貨店が元気無いと困るんですけど、、、ネット販売だけじゃなく、百貨店の長期低落傾向が止まりません。

まず、長年の主力商品だった衣料品の不調。昔は女性衣料と言えば百貨店でした。だいたい3-4フロアを占めていますよねーー。この不調の原因は、「同質化」です。どの百貨店も同じブランド・同じ品ぞろえ・同じ値段。オンワードとかワールドとかレナウンとかの大手アパレルの各種ブランドが三越も伊勢丹も高島屋もそごうも西武もどこの百貨店にも同じ売り場があるんです。

これじゃ、買い手は「何だかな~」になっちゃいますよね。

次いで主力だったのが男性衣料=スーツでした。社会人になったら百貨店でスーツ買うのが定番でしたが、青山とかコナカとかスーツ専門店に客を奪われちゃいました。なぜなら、女性衣料と同じ構造で、百貨店のスーツの供給元はやはり同じ大手アパレルが同じブランド・同じ商品を並べちゃったからです。

そう言えば、わたくしが子供の頃、母親と一緒に百貨店に行くと、おもちゃ売り場で「放し飼い」されて、おもちゃを見て触って遊んでいる間に、母親は衣料品などの買い物をしていました。今は、百貨店におもちゃ売り場はありませんね~。かれこれ30年ほど前、郊外に「トイザラス」が出来て百貨店のおもちゃ売り場はほぼ全て消えました。

家具売り場も同様です。大塚家具とかイケアとかニトリとかに押されて、百貨店から家具売り場が消えました。


そして、百貨店と言えば高級ブランド店舗。ティファニー、ブルガリ、カルティエなど。でも高級ブランドは百貨店ではなく、直営店舗を増やしましたね。そして各ブランド直販のネット販売にも力を入れています。

例えば、銀座では松屋・三越などにブランド店舗もありますが、通りの並びや向かいにビルまるごと1棟借りのブランド直営店があり、そちらの方が品揃え豊富。つまり各ブランドは、百貨店販売は片手間になっちゃってます。

元気があるのは「デパ地下」食品売り場くらいでしたが、このコロナ禍で大打撃。

もう、、踏んだり蹴ったりですね。。。

聞くところによると、このコロナ禍で様々が企業がネット販売を伸ばしています。外出せずに済むし、売り場の密・移動の電車などのリスクもヘッジ出来て、便利な買い物ですので。

わたくしもコロナ禍以降、実用衣料はユニクロオンライン、ペット用品はアマゾン、事務用品はアスクルで済ませており、売り場に買いに行くのは食料品のみです。

ただ、実用衣料じゃない衣料品は買ってないですね。以前は、東京などに出掛けたついでにZARAとかユナイテッド・アローズとかで買っていましたが、そもそも都心に出掛けません。やはりおしゃれ着は、ネットじゃダメ。実際に手に取って、試着したいです。


ではなぜ、おしゃれ着が得意のはずの百貨店はネット販売がダメなのか?

おしゃれ着は、やはり手に取って試着して、買い物そのものを楽しむものですので、なかなかネットに馴染みません。

時計宝飾品ならブランド直営オンラインショップで買うでしょう。食料品もデパ地下出店者のほとんどが直販オンラインショップを持っていますので、そちらで買うでしょう。

つまり百貨店のネットショップには売るモノが無いんですね。

あっ、、、「買うもの」が無いのか・・・

フィリップ カレッジリング