「サーフィン・気象情報」カテゴリーアーカイブ

五十嵐金!!都築銅!

サーフィン五輪準々決勝、準決勝、決勝が7/27、急遽予定を繰り上げて行われました。

なんと!!!

日本男子 五十嵐カノアが銀!!

女子 都築有夢路(アムロ)が銅!!

カノアともう一人の日本代表、地元一宮町出身の大原洋人(ひろと)は健闘しましたが、準々決勝で敗退してしまいました。でもヒロトは五輪5位タイです。そのヒロトを退けた相手は、カノアも破って金メダルに輝いたブラジル代表 イタロ・フェレイラ選手でした。

準々決勝のヒロト
敗れて悔しいヒロト

中央が金のフェレイラ(ブラジル)、左が銅のオーウェン・ライト(豪)、右が銀のカノア

何といっても、この日のフェレイラは絶好調でした。洋人との準々決勝の試合開始のホーンが鳴った直後に乗った波がコレ↓↓↓↓↓

頭半の大波にバックサイドで走って、この2m以上のエアーリバースを着水!10点満点中9.73点!!

決勝でも、何故だかフェレイラのところにそこそこの波が集まりコンスタントに得点し、カノアはなかなか良い波を回ってこず、不完全燃焼で終わった感でした。

ちなみにイタロ・フェレイラはWSLプロツアーの2019,2020連覇の世界ランキング1位、現在はランキング2位です。そしてカノアの準決勝戦の相手は、現在世界ランク1位のガブリエル・メディアでしたが、見事カノアは勝ち上がりましたので、6位が1位を破り決勝で2位に当たって健闘した訳です。

褒めて、評価しましょう。サーフィン大国、アメリカ、オーストラリア、ブラジルなどを相手に互角以上に戦い、銀(カノア)、銅(アムロ)と5位タイ(ヒロト)を獲得した日本代表選手達に。

フィリップ カレッジリング

気圧配置に大きな変化有り

週明けに日本付近の気圧配置に大きな変化がありました。台風の進路や今週末から行われるサーフィン五輪の波の状況を再精査してみます。

↓↓↓↓↓まず今朝の気圧配置図↓↓↓↓↓

予測通りフィリピンの東海上の熱低は台風6号になり、沖縄の南海上に進みましたが、日本海に中心がある高気圧の等圧線が東西に張っていたのがだんだん南北になってきています。昨晩香港付近で発生した7号はそのまま西進するので日本海域には何の影響も与えません。

別の配置図を見ると、上海付近に高気圧の等圧線がはみ出しています。

こうなると、沖縄の南東海上で停滞迷走すると思われた台風6号が、東シナ海側に入ってしまい、石垣島や宮古島、台湾付近で停滞迷走する模様になりました。日本の真東に小さな熱低が発生しましたが、海水温の低い海域なので消えちゃうでしょう。

↓↓↓↓↓衛生画像を見てみます↓↓↓↓↓

おっと、もう一つの熱低のタネ発見!!

NEW TDが熱低のタネです。

気象庁発表の6号7号の進路予測図に外房気象波浪研究所の新たな熱低の進路予想を書き加えました。

今週末に日本の南東海上に北上する可能性があります。もちろん気象予測なので必ずではありません。現状の気圧配置が続けば、小笠原諸島の付近で停滞又は西進する可能性もありますけど、ほぼ真っすぐ北上の可能性もあります。

つまり、今週末は6号からのうねりではなく、新熱低→8号からの南東うねりがオリンピック会場の一宮海岸に押し寄せるかもです。

ただ、気圧配置から風向きはオンショア傾向です。サイズがあるジャンク波かもですが、五輪選手達にとってはサイズのある波の方が良いし、観るにも迫力あるサーフィンが楽しめるかもです。

この数日、気圧配置図から目が離せません。

フィリップ カレッジリング

サーフィン五輪は波あります!

来週日曜から始まる予定のサーフィン五輪。千葉一宮海岸には波が出そうです!!!

フィリピンの東海上に低気圧が発生しています。この低気圧、発達して台風6号になるでしょう。

気象庁の広域気圧配置図と海水温デターを見ると↓↓↓↓↓

今日明日の梅雨明けとともに日本付近は夏の太平洋高気圧にすっぽり覆われます。その高気圧の等圧線は、やや西上がりですが、ほぼ東西に大きく伸びますので、この低気圧は北上出来ずに沖縄の南の海水温30℃以上の海域で停滞し、台風になるはずです。

それも4-5日は停滞するでしょう。そうすると来週の金曜か土曜には、関東沿岸に南東うねりを届けます。従って7/25(日)から千葉一宮釣ケ崎海岸で始まるサーフィン五輪には、南東の頭前後のうねりが到達する予測が成り立ちます。

外房気象波浪研究所予測図↓↓↓↓↓

1. この低気圧はじりじり北上し、数日中に熱低に。(7/16-17)

2. 暖かい沖縄の南東海上で数日間停滞する間に台風に。(7/18-20)

3. 高気圧に押されて移動出来ずに更に数日停滞。(7/21-22)

4. きっと来週後半には太平洋高気圧に動きが出て、北上or西進or北東進と動き出すでしょう(7/23-24)この頃には、関東にも台風うねり到来!!!

5. その後の進路は、さすがに予測出来ません。願わくば、日本列島の南海上を列島に沿って北東進してくれれば、更なるグランドスウェルになります。


ワタクシは、土曜から出動態勢に入ります。勝浦かな??南房総かな??

フィリップ カレッジリング

サーフィン五輪競技情報

サーフィン五輪の試合形式、スケジュールなど詳細が発表されました。

スケジュール

▪️7月25日(日) 7:00〜16:20
男子R1
女子R1
男子R2
女子R2

▪️7月26日 7:00〜16:40
女子R3
男子R3

▪️7月27日 7:00〜14:20
男子QF
女子QF
男子SF
女子SF

▪️7月28日(水) 8:00〜11:35
女子ブロンズマッチ
男子ブロンズマッチ
女子ゴールドマッチ
男子ゴールドマッチ
表彰式

7/25(日)から7/28(水)までの4日間短期決戦です。会場になる千葉一宮釣ケ崎海岸は、低気圧か南海上に台風や熱低があれば必ず波があるポイントですし、時期的に南からのオフショアの季節ですので競技が開催出来ない程波が無いという確率は非常に低いです。波のコンディションが良くない場合、8/1まで予備日程がありますので1週間7日あれば4日波があるのは一宮の場合、間違いありません。

対戦表(ヒート表)

なんと!!開幕日第一試合にヒロト登場!!!第二試合にカノア。最終戦第5ヒートに和久井理央。この7/25の内にラウンド2まで行われるスケジュールです。

女子では第2ヒートに前田マヒナ、第4ヒートに都築有夢路が登場。女子ではオージー(オーストラリア)勢が圧倒的な強さを持っています。

試合形式(フォーマット)

▪️R1
敗者なしのノンエリミネーションラウンド。
4人ヒートで上位2名がR3に進み、下位2名が敗者復活戦のR2へ。

▪️R2
敗者復活戦。
5人ヒートで上位3名がR3に進み、下位2名が予選敗退になる。

▪️R3
このラウンドから先は全てマンオンマン。
1位がR4へ、2位は敗退。

▪️QF(R4)
1位がR5へ、2位は敗退。

▪️SF(R5)
1位がファイナルへ、2位は銅メダル決定戦へ。

▪️3位決定戦
SFの2位同士による銅メダル決定戦

▪️決勝
金メダルと銀メダルが決定する決勝戦。

ちなみにサーフィン競技は、1ヒート30分(コンディションにより変わる場合有り)の中で出場選手(第1第2ラウンドは4名)が最大25本波に乗り、高得点の2本の合計点数で争われます。第3ラウンドからは「マンオンマン」つまり出場選手2名の一騎打ち形式。

このスケジュールだと7/25は1日TV又はネットに張り付きですね。

フィリップ カレッジリング

サーフィン五輪 日本代表4名決定

五輪最終選考会となる『2021 ISAワールドサーフィンゲームス』がエルサルバドルで行われ、通称「波乗りジャパン」の日本代表選手4名が決定しました。

男子2名、女子2名です。

五十嵐カノア

LA在住ですが両親とも日本人の生粋の日本人。

我が一宮町生まれ育ちの大原洋人!

前田マヒナ

ハワイ生まれで日米両方の国籍を持っていますが、両親とも日本人。現在は一宮町在住なので、ちょくちょく海で見かけます。

都筑有夢路(つづきあむろ)

この娘の事、よく知りませんが海で顔を見た事はありますね。

サーフィン五輪のプレマッチも兼ねてエルサルバドルで行われた「ISAワールドサーフィンゲームス」は、選手の入国や滞在もコロナ禍に対応したもので、開会に先立ち、ISAは5月27日から28日にかけ、564名の選手と大会のスタッフがPCR検査を受け、うち選手11名を含む18名に陽性反応が出たことを発表。翌29日時点で、18名中11名は再検査の結果陰性となり、濃厚接触者として追加で検査した123名も全て陰性だったことを発表した。陽性者は引き続きエルサルバドル政府指定のホテルで隔離されているそうです。

当然ですが、陽性反応が出た選手はコンテストには参加できないでしょうね。これは東京五輪でも同じでしょう。そこが守られなければ「安全安心な五輪」にはなりません。

ところで今回の4名中、2名が海外在住者です。カノア、マヒナ両名とも両親も日本人なのでDNA的には純粋な日本人ですが、「ハワイ」「カリフォルニア」という環境の要素なのか?それとも海外で生活する事が競技資質に何らかの影響を与えるのか?考えさせられます。

ちなみに料理やパティシェ業界で言えば、「本場」とは数千年の歴史を持つイタリア・スペイン・フランスなどです。もちろんアメリカも欧州からの移民が多いので、同様に「本場」と言えます。日本の料理人・菓子職人は盛んに欧米に修行に行きます。TVなどで見る有名料理人やパティシェはほぼ海外修行経験者です。

どうやら対象の事(サーフィン・料理・菓子作り)の盛んな外国の環境が技術の向上に資する事は間違いなさそうですね。

洋人もコロナ前は1年の半分以上をアメリカ・オーストラリア・ハワイなどで過ごしていますしね。

フィリップ カレッジリング