<< タイヤ交換 | main | 工具紹介シリーズ:新購入品 >>
チーフスと49ERSがマイアミへ!

スーパーボウルの組み合わせが決まりました。

カンサスシティ・チーフスとサンフランシスコ49ERSです。

AFCのワイルドカード最下位から善戦していたタイタンズは、なんとカンファレンス準決勝戦でAFC首位のレイブンズを破ってカンファ決勝まで来ましたので「こりゃ大下克上か!?」と期待しましたが、チーフスには勝てませんでした。チーフスははるか昔の1969年にスーパーボウルで1回優勝したことしかありません。70歳以上のご老人ファン以外は、チーフスの優勝を経験していないのですから、カンサスはさぞ盛り上がっているでしょう。

 

NFC決勝は、スーパーボウル過去5回優勝の49ERSと優勝4回のグリーンベイ・パッカーズの名門対決となりましたが49ERSが勝ち上がりました。

 

スーパーボウルは、米時間2/2(日)・日本時間2/3(月)の午前8時からマイアミのハードロックスタジアムで行われます。

 

 

さて、両チームの注目選手を見てみましょう。

 

何といっても半世紀ぶりのスーパーボウル制覇に王手をかけた原動力は、QBパトリック・マホームズ。

まだ24歳。父親は元メジャーリーガー(投手)で横浜ベイスターズにも2-3年在籍したことがあるそうです。テキサス工科大出身で、NCAAフットボールでパス獲得ヤードなどの記録を塗り替え、2017年にドラフト1巡指名でチーフスに入団。

 

すると、半世紀以上前にスーパーボウル優勝以来鳴かず飛ばずだったチーフスをいきなり2017/2018と地区優勝に導き、2018AFC決勝ではブレイディ率いるペイトリオッツに敗戦するも、マホームズはNFL全体の年間最優秀選手に選出された逸材です。

 

NFLの歴史の中の3大名選手と言われる、ジョー・モンタナ、ペイトン・マニング、トム・ブレイディに続く歴史に残る名QBになる可能性を感じるマホームズです。

 

 

対する49ERSは、名QBモンタナを擁した1980年代に4回優勝し、その後1994年にスーパーボウルを制した以来、26年ぶりの栄冠を狙います。

 

注目選手は、RBラヒーム・モスタート。

プレーオフの前後半いずれかだけで150ヤード以上、ラッシングタッチダウン3回以上をとNFLの記録を塗り替えた選手です。モスタートはドラフト外の選手として6チームからカットされながらサンフランシスコにたどり着いた苦労人。華やかなドラフト1巡指名のマホームズと対極の選手です。

 

残念ながらQB vs RBですのでスーパーボウルの舞台でマホームズとモスタートの直接対決は見れないでしょうけど、名QBマホームズによるパス攻撃のチーフスに対して、モスタートの驚異的ラン攻撃の49ERSの対決という事になりそうです。

 

楽しみ♪


【2020.01.21 Tuesday 07:14】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【アメフトに行こう!プロジェクト】 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする





 


CALENDAR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP