<< 大手門の桜 8分咲き | main | 大手門の桜 満開です >>
大詰め B.LEAGUE

全60試合のリーグ戦が55戦を消化し、いよいよ大詰めのB.LEAGUE2018-19シーズン。

順位表を見てみましょう。

 

東地区

ずっと2ゲーム差だったジェッツとブレックスが3ゲーム差に開きました。ジェッツの勝率.855  ブレックス.800 そしてアルバ.745とレベルの高い争い。

 

既にプレイオフのホーム開催を決めたジェッツの残り5試合は、アルバと2戦、サンロッカーズと2戦、ハピネツと1戦。アルバが昨年王者の意地で勝ちに来るはずですので、最後の正念場!!

 

ブレックスは、サンロッカーズと2戦 ハピネツと2戦 レバンガと1戦とジェッツより若干有利な残り試合です。

 

レバンガとハピネツは残留プレイオフに回ること確実です。

 

 

西地区

う〜う〜、、アルビが強い・・・・なんだろう??って言ったら怒られるかな??

シーホースは失速。ワイルドカード争いから脱落しそうです。

 

ビーコルは定位置。B.LEAGUE発足以来、毎年残留プレイオフ。でも大丈夫。ギリ踏みとどまる不思議な力のあるチームです。

 

 

西地区

キングスが残り5試合で2位のドルフィンズに6ゲーム差をつけて西地区優勝(1位通過)を決めました。

 

現時点でのワイルドカード権利はハンナリーズです。でも1位のドルフィンズとの差は1ゲームしかありません。残り5試合を互いの勝率5割台前半で消化するとすれば、どちらかが2位、どちらかがワイルドカード。

 

レイクスターズは、もう少し勝率を上げて残留プレイオフを回避したいところ。

 

 

 

さて今日はB2も見てみましょう。

ほぼ順位が確定したようです。

 

 

B2東

クレインサンダースがM1でほぼ確定。

 

89ERSの渡辺社長は元楽天イーグルスの商品部長で、ワタクシと友好関係。ロボッツの山谷社長は、元アメフト リクルートシーガルズの選手・監督、その後栃木ブレックスの初代社長と長年の友好関係です。ワタクシ的にはこの2チームがB1に来て欲しいところですけど・・・。

 

 

B2中地区

おおっ!!ブレイブウォーリアーズが中地区優勝!(1位通過) 勝率0.804はB2最高勝率! ブレイブウォーリアーズの片貝社長は、元bjリーグのPhilip College Ring初代担当者さん!かれこれ12年のお付き合い。来シーズンはB1でお目に掛れそうです。

 

 

B2西地区

ヴォルターズが来ますね。昨年もいい線まで来ていますので、力のあるチーム作りをしているようです。でも、スサノオと1ゲーム差しかありません。スサノオはB.LEAGUE初年度にB2優勝して翌年B1に昇格した地力のあるチームですので、この西地区の優勝争いは見所です。

 

 

B.LEAGUE2018-19シーズンも残すところあと3節!

皆さん、応援に行ってみましょう!!

↓↓↓↓↓

 


【2019.04.08 Monday 08:46】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://news.philip-collegering.com/trackback/3054
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP