<< バスケ・ワールドカップ対戦国決定 | main | イチロー引退 >>
Devcon ET樹脂

米国ITWPPF社(ITWパフォーマンス・ポリマーズ&フィルズ)のDevcon(デブコン)ET樹脂。10年以上使っている材料です。

ITWPPF社は、工業用の接着剤・補修材・樹脂材の総合メーカーで、日本法人もあります。

 

10年以上前、東急ハンズさんと取引をしている時、シルバークラフトの担当さんから「新しい面白い材料が入ったよ。ジュエリーにも使えるかも」と教えて頂いたのが使いだしたきっかけです。

 

エポキシ樹脂の一種ですがアクリル樹脂に近い性格を持つ航空機の窓などと同じ種類の特殊な樹脂で、水に近い透明度と充分な硬さ、でもガラスのように割れない柔軟性が持ち味です。

 

取り扱いが少々難しく、ゴミや汚れ、他の薬剤が完全に無い環境下できちんと軽量し、主剤と硬化剤を完全に攪拌し、且つ25度以上の温度、当然ゴミやチリの無いの環境下で12-24時間かけて静かに硬化させる必要があります。

 

また3儖幣紊慮みで硬化させると発熱する、また硬化剤はチャック付き袋にシリカゲルを入れて保管するなど、一般の方にはとても扱い辛い材料です。

 

 

でも、地球環境下での高温(50-60度)・低温(マイナス20度)、そして雨風、紫外線にも強いという素晴らしい透明樹脂です。

 

Philip College Ringでは、主にエンブレムの周囲の保護剤、エナメル着色のトップコートなどで長年使用しています。

 

 

ある時、ちょっと変わった仕様のリングのバンドに黄色のスワロフスキーを留める事になり、その接着材料としてデブコンETをいつものように配合し、硬化させました。

 

でも、24時間経ってもべたついているのです・・・・・。

 

あれっ?配合間違えたかな??と考えて、有機溶剤で剥離して、慎重に再配合して再度硬化。

 

再び24時間経過・・う〜う〜、、ユルイ・・・48時間経過・・・同じく。

 

 

う〜う〜、、

 

 

仕方なくメーカーのITWPPF社の技術担当に問合せ。

製造番号からのロットで、他には固まらないなどのクレームの発生は無いそうですが、念のためにITWPPF社でも硬化試験を行いたいとの事で、品物を送りました。

 

でも、当座の材料が必要です。

amazonなら翌日配送なので、小口ビンを購入クリック。

 

翌日、着ました。

 

開封したら「あれっ??」

 

段ボール、浸みてる。。

中身漏れです。

硬化剤は2/3、主剤は半分もありません。

 

ツイて無い時はツイて無いですね。。。。。。。。。


【2019.03.22 Friday 08:41】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://news.philip-collegering.com/trackback/3037
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP