<< ある日の作業台シリーズ | main | 麗澤大学カレッジリング >>
B.LEAGUE 1/3消化時点状況

年間60試合行われるバスケB.LEAGUEの1/3にあたる21試合が消化されました。

各地区の順位状況を見てみましょう。

 

まず東地区。

初年度王者ブレックスが復活。ジェッツが追いすがります。昨年王者アルバルクはちょっと負けが込んでいます。キングスに3敗、ハンナリーズに2敗と西地区勢に5敗しているのが痛いです。昇格組のハピネツは何とか踏ん張っている感じ。

 

中地区。

おおっ!!なかなか見られない順位表です。アルビレックスが首位!!ブレイブサンダースはブレックスに2戦2敗と全敗。心配なのはシーホース。なんとハピオネツに2敗、アルバに2敗、サンロッカーズに2敗と東地区チームには全く勝てていません。

 

定位置のBコル、白星供給源になっています。でも、必ず生き残るしぶといチームです。

 

 

西地区。

キングスは安定の1位。ドルフィンズとハンナリーズが追いすがる展開。ハンナリーズは他地区戦で勝ち越していますが、ドルフィンズはまだ東・中地区の上位チームとの対戦が無いので、順位入れ替わりの予感。

 

 

こうしてみると、やはり東地区上位2チームの強さが目立ちます。ジェッツは、初戦のブレイブサンダースに2連敗した後、目が覚めたように勝ち星を積み重ねています。初戦以外連敗無し。

 

ブレックスは、ジェッツ、アルバルク、ブレイブサンダースに勝ち越しですので、現時点ではリーグ最強の成績。

 

キングスは、ブレックスとジェッツとブレイブサンダースに1勝1敗の5分、アルバルクに3勝1敗としていますので、ブレックス、ジェッツと合わせた全体の3強を形成しています。

 

 

ワタクシ、今シーズンは、開幕の立川立飛アリーナ以外のゲームに参戦出来ていません。何とか時間を見つけて、ジェッツのホームゲームに行きたいんですけど。。。

 

11月にあったジェッツvsキングス戦は時間は作れたのですが、両方とも好きなチームで応援しようが無いので回避。12月は、年末ギリギリの12/29と12/30しか千葉のホームゲームがありません。年末は、予定が立てられないし・・・・。う〜う〜、、、


【2018.12.12 Wednesday 08:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | 【B.LEAGUEを楽しむプロジェクト】 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://news.philip-collegering.com/trackback/2947
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP