6/30朝刊2紙に違和感

大阪G20サミットが終了した翌日6/30の朝、ウチで取っている日経と読売の朝刊2紙の1面。

一瞬、「あれ、同じ新聞を2部間違えて配達したのか???」と思いました。

同じ写真、同じレイアウト、ほぼ同じ大見出し。

 

 

違和感・・・・

 

きっとヘソ曲がりの朝日新聞は別の記事だったのかしら??

 

日経は経済新聞ですから米中貿易や関税といった日本の経済活動に大きく関わる記事が1面メイン記事というのはわかります。そしてG20議事報道の中でも、貿易という経済活動に関わる事柄をセカンド記事として、サード記事に日ロ首脳で平和条約に関する事とバーターでLNGガスの開発や輸入に関わる事も理解出来ます。

 

でも讀賣も同じトップ・セカンド??讀賣新聞は、G20の大阪宣言の内容を幅広く紹介する記事をメインにすべきじゃないでしょうか?

 

 

そして日経讀賣だけではなく、TVやネットニュースなどでのG20に関するメディア報道全般に関わる違和感も感じました。G20は、あくまでも参加20か国機関の共同議論・合意形成の場であるにも関わらず、「米中」という2か国の「トップ同士の緩やかな合意・契約や条約ではなく、あくまでも駆け引きの途中」がトップ記事ってのはおかしくないですかね?

 

G20では、多数の議題の合意と宣言が出たはずです。

↓↓↓↓↓

G20大阪サミット公式HP

https://g20.org/jp/

 

かいつまんで議題を挙げると、

 

1. 世界貿易円滑化の為のWTO(世界貿易機関)の改革

 

2. 世界経済に大きな影響を及ぼしているデジタル経済について

 

3. 気候変動(温暖化対策)

 

4. エネルギー対策

 

5. 海洋プラごみ対策

 

6. 女性の社会進出促進

 

7. 保健、インフラ開発、その他

 

 

つまり米中貿易協議はG20とは関係無い事柄です。

 

違和感。。。。。

 

 

マスコミが報じないのは何故?そんでもって自分たちが報道したい内容を規制されそうになると「報道の自由」を叫ぶのは何故? まず事実を正確に報じる事が「報道」の基本だと小学校だか中学校で習った記憶があります。つまり「自分(報道者)の興味のある事を報じる事」は、G20などに取材参加の許されたマスメディアのすることではなく、週刊誌などの特定層向け商業マスコミのすること。米中合意(完全な合意ではなく交渉の途中)を報じるのは新聞の2面か3面にしろよと思います。

 

 

昨今、SNSなどネット経由で「ニュース」を収集することが主流になりつつあります。トランプ大統領じゃありませんが、ネットには「フェイクニュース」が溢れています。明らかな誤報もありますが大問題はSNS情報は【偏向】しており、【事実と違う】といる事です。

 

SNSでは「報道機関」や「情報発信元」以外の個人もまた聞き情報を発信します。つまり取材や事実に基づく情報ではなく、報道か何かで知った事を二次伝達するのが個人の「つぶやき」や「投稿」です。そこには「個人の思いや感想」も入ります。

 

そりゃトヨタ自動車が公式SNSで新車の発売を発表するのは真実でしょう。でも、それを評したり揶揄したり批判したり、絶賛したりのSNS情報は一種の「フェイクニュース」と言えます。

 

 

小学生の時だったかな??

「伝言ゲーム」をしましたよね。5人とか10人とかで耳打ちして物事を伝えていくと、ほぼ必ずと言っていいほど最初の言葉と最後の言葉に差異が出るという現象を学びました。「伝言ゲーム」はチーム間でいかに正確に情報を伝えるかを競うゲームではありません。「伝え聞き情報はほぼ事実とは異なる」という事を学ぶ授業でした。

 

 

ある事をフォローしているTwitterやFacebookの投稿やリツイートで知った・・・ってのも珍しく無いこの頃。

 

「伝言ゲーム」の授業を受けていない人達はSNS情報を丸のみするんでしょうね。

 

わたしゃ信じません。必ず新聞や信頼できる「一次情報元」や当事者のHPなどで事実を確認するようにしています。

 


【2019.07.03 Wednesday 08:51】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新スーツケース

ワタクシ、モノ持ちがいいのです。

 

サラリーマン時代に40歳になった記念に仕立てたスーツは今でも現役。とは言っても、ワタクシの現在の職業柄、スーツを着るのは1年に1回あるかないかですけど。

 

出張時に使うキャリー付きスーツケースも15年使っています。

 

しかし、その15年使い続けたボロキャリーケースが壊れました。1年程前からタイヤが軋み音を出していたのですが、気にせず使っていたら、ついにタイヤの軸が破損してしまいました。キャリーケースになりません・・・・・。

 

仕方なく、amazonで適当なスーツケースを買いました。条件は、「機内持ち込み可サイズ」「軽量」「予算2万円以内」。そして、ある買い物で懲りた経験から販売者が出来ればamazon.co.jpか国内業者であること。以前、撮影用ターンテーブルを何気無しに注文したら、海外業者からの発送で、着くまでに2週間以上掛かった経験があったからです。

 

着ました。サムソナイト。

軽い!!本体1.8圈

 

あちこちにポケット。使い切れるかな???

 

説明書きは、英語・中国語・韓国語で日本語無し・・・・

 

これいいです!ファスナータブのロック付き。

番号忘れなきゃイーネですけど・・・

 


【2019.07.01 Monday 07:49】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今後無くなる仕事

ネットニュースで面白い記事を発見。

タイトルは「今後消える職業、無くなる仕事」。

 

イギリス、オックスフォード大学でAI研究を行っているオズボーン准教授のレポートだそうです。

 

スマホのスクショを2枚張り合わせたので少々観辛くてすみません。

 

ちょうど先々週に掲載したシリーズブログ「レイバーシフト」でも書きましたが、銀行・保険・証券などの金融業の業務の多くと経理・給与・税務・会計などの企業事務系職業は明らかに仕事が減りますね。

 

以外だったのは、塗装工・壁紙張り職人、カメラ・撮影機器の修理工、建設機器オペレーター、彫刻師などのブルーカラー技術職もAIが取って代わることが出来るのでしょうか?これ少々疑問。オズボーンくん、学校のお勉強ばっかりで仕事したことないね。。。

 

「なるほど」と思ったのは、スポーツの審判。今、各種スポーツで導入されつつあるビデオ判定が起因でしょう。でも審判ゼロ人にはなりませんわな。誰かがビデオを見て、最終的な判定を下さねばなりません。主審だけになり、副審がいなくなる可能性は大ですね。特に線審(ラインジャッジ)は無くなる事必須です。既に数年前からウィンブルドンなどプロテニスのメジャーコンテストでは、ラインやネットにはレーザー光線(?)が張り巡らされており、ボールが触れるとランプが点灯して主審が笛を吹くシステムです。

 

カジノのディーラー!なるほど。機械が自動シャッフルして配るワケでしょうかね。

 

娯楽施設の案内係りやチケットもぎり係り。なるほど。鉄道の自動改札や飛行機もQRコードで入場しますね。施設の案内もスマホやタブレットで出来そうかも??でも、視覚障がい者や聴覚障害者の案内は出来ませんね。

 

同じようにレストランでアサイン(席の割り振り)もするつもりかな???まあ、ファミレスやお安い居酒屋ならそれもありですね。でも、高級レストランでは人間がサービスしないといけませんわな。オズボーンくん、高級レストランに行ったこと無いね。。

 

電話のオペレーター。なるほど、、、iPhoneのSiriが進歩すれば可能かもですね。でもSiriを使っている方ならわかりますが、本当に使えるようになるのは、もうしばらく先でしょうね。

 

動物のブリーダー??? なぜ無くなるのかわかりません・・・・・。

 

 

まあ、そもそもネットニュースなので信頼性は低いです。准教授って中途半端な肩書の若手研究者が、注目を集める目的で尖った論文を発表したのかも?まあ、オベンキョばかりしていて世間の職業の現場を知らないところも随所に見受けられます。

 

 

ところでナントカの予測だと世界人口は2050年頃まで増え続けるそうです。またこの記事のようにAIとITで職業や仕事がどんどん消えるそうです。2050年頃には、世界中に失業者がうじゃうじゃいるのかな????


【2019.06.29 Saturday 07:36】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ある日の作業台シリーズ Mマーク

この日の作業台にはカレッジリングでもチャンピオンリングでも無いモノが。。。

 

見る人が見ればわかるマークですね。

 

まあ、、副業デス。


【2019.06.19 Wednesday 08:00】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ユニクロでハイテク体験

タイトルをご覧になって???と思う方もいらっしゃるかも。

でも、本当にユニクロで最新テクノロジーを体験したんです。

 

先日、隣町茂原(もばら)市のユニクロに夏場の作業着代わりのハーフパンツやTシャツを買いに行きました。ユニクロには、2年に一度程度、室内着や作業着を買いに行く程度でヘビーユーザーではありません。2年程前に夏の作業着として購入したハーフカーゴパンツのお尻が破れちゃったので買い替えです。

そのハイテク体験はレジでした。

買い物かごを置くスペースに買ったものを入れたままカゴを置くと、中身を自動スキャンしてディスプレイに商品と価格、合計額がモノの1-2秒程で浮かび上がりました。

 

ディスプレイに表示されたシャツの枚数と自分でカゴに入れた枚数があやふやだったので「あれ?シャツ何枚だっけ?」と買い物かごをガサゴソすると、再スキャン。内容は同じでした。正確です。

クレジットカードの選択ボタンを押し、カードを差し込み、暗証番号入力。これもものの1-2秒。あっという間にお会計終了。自分で好きな大きさの袋に商品を詰め込み、あっという間にお買い物完了。

 

かなり近い将来、コンビニやスーパーもこうなりますね。

ハイテクの進化スピードは目にも留まらぬ速さで進行中です。


【2019.06.17 Monday 07:43】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
レイバーシフト その6 最終回

今回のシリーズブログ【レイバーシフト】は、経済的・政治的要素を含んでいます。

 

特に前回と今回の「その6」では外国人労働者問題を扱いますので、反対と思われる方はコメント欄かトラックバックにご意見を頂いても結構です。ただし、匿名・誹謗中傷のコメントは削除致します。

 

 

様々な観点から5K職種の企業は賃金を上げなければなりません。現状の安い賃金のまま、人出不足だから外国人労働者を雇う・・・のは経営的にも間違いです。

 

ホワイトカラーとそん色が無いように待遇・報酬を上げれば、リストラされる元ホワイトカラーの優秀な労働力が確保出来ます。彼らは外国人労働者より賃金は高くなりますが、基本的な常識や概念など労働の質が高いです。その人件費増加分は、単に経費として価格に上乗せすればよいのです。既に宅急便業界や食品業界、建設業界で始まりました。

 

消費者はその価格を受け入れざるおえません。今や今日出せば明日届く社会のインフラたる宅急便が無くなる生活は出来ません。カップ麺やコンビニ食品無しに食生活は成り立ちません。建築費の高騰が言われていますが、建物は寿命があるので建て替えせざるおえません。

 

それとも昭和のように、小荷物は郵便局の営業時間内に持ち込むしかなく、コンビニは少なくてスーパーか商店で買った材料をイチから料理しますか? 大工さんの工賃が高いからといって、建て主自らがトンカチ・ノコギリで自宅を建てますか???

 

 

こうして5K職種の人件費増=商品価格増が起こって初めて年間インフレ率2%前後という「健全な経済成長」が達成するのです。

 

 

そしてリストラされたホワイトカラーが5K職種にレイバーシフトする事で、外国人労働者が代替する場合より国の所得税等の税収は増えます。彼らの可処分所得は国内に残留し、彼らが国内企業の製品やサービスを購入する事で企業の売上高も上がります。トータルで日本のGDPが増えるのです。

 

 

GDP計算はややこしいので、ひと昔前のGNP公式で見ると明らかです。

 

GNP=G+I+C+(EX-IN)

 

国民総生産(国富)=政府支出+民間企業設備投資+個人消費+(輸出−輸入又は自国通貨流出)

 

 

(G)政府支出の原資は税金です。賃金の安い外国人労働者が払う税よりレイバーシフトした元ホワイトカラー達の払う税の方が多いので税収増=国家予算増=政府支出増となります。

 

外国人労働者は「移民」ではなく「出稼ぎ」ですから、当然ながら所得を貯め込み、日本滞在中の活発な(C)個人消費は期待出来ません。5Kへレイバーシフトした元ホワイトカラー達は、可処分所得で日本企業の製品やサービスを買うので企業の売上高は増え、(I)民間設備投資も増えます。所得水準の低い外国人労働者を流入させることで日本企業は「将来の有力なお客さん」を失う事になり、自らの首を絞めることになります。

 

 

更に、外国人労働者は貯め込んだカネは自国に持ち帰るのですから、(IN)自国通貨流出になり、日本の海外収支は減ります。労働力を外国人に頼ることで、日本の豊かさはどんどん減少するのです。

 

 

こんな事は経済学者・政治学者、キレる官僚、経営者には分かり切った事ですが、そうはいかないのが世の中。。

 

さて、今後の日本の指導者達はこの問題をどう扱うでしょうか?少子化問題に隠れていますが、1000万人規模のホワイトカラーが職を失い始めてから慌てて対策を打つ、、、、イコール日本経済の下降になるのは避けて欲しいです。

 

 

シリーズブログ【レイバーシフト】終わり


【2019.06.15 Saturday 06:39】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【レイバーシフト】その5

今回のシリーズブログ【レイバーシフト】は、経済的・政治的要素を含んでいます。

 

特に今回の「その5」では外国人労働者問題を扱いますので、反対と思われる方はコメント欄かトラックバックにご意見を頂いても結構です。ただし、匿名・誹謗中傷のコメントは削除致します。

 

 

 

この外国人労働者の受け入れ拡大は、政策的に大間違いだし、経済的にも日本の豊かさが減少する良くない政策だと思っています。

 

外国人労働者って言っても、GDPが高いアメリカやドイツやスウェーデンなどの先進国から労働者が来る訳ではありません。アジアやアフリカ、中東、中南米など発展途上国から「出稼ぎ」に来るのです。これら発展途上国は賃金水準が低く、日本の5K職種の最低レベルの賃金でも自国通貨勘定すれば高給取りになるから日本に来る訳です。

 

 

仮に外国人労働者が5K職種などの人出不足を充当してしまったら、今後発生する大量の失業ホワイトカラー層の雇用受け皿が無くなり、大量の失業者が発生します。

 

つまり失業政策的に過ちです。

 

 

また、経済学的・企業経営的にも賃金水準の低い外国人労働者を増加させることは売り上げ減・経済規模減を招きます。

 

外国人労働者は賃金水準が低い訳ですから、所得税等の税収も低くなります。そして可処分所得の大半は自国の家族へ送金したり持ち帰る訳ですから、その額分の日本の国富が減少する事になります。

 

そして外国人労働者が定着すればするほど、文化的・政治的問題が大きくなる事は、西欧各国を見れば明らかです。今年2月にドイツのメルケル首相が貿易協定の協議で来日し、その際に慶應大学で学生との対話集会での発言を以下に引用します。

 

 

以下、メルケル発言要約=

 

ドイツは1960年代初めから中東地域からガストアルバイター(外国人労働者)を受け入れてきて、今では外国人労働者は300万人に達する。短期帰国者が中心だったが労働資格を取り、移民する者も多く、今では第3世代になっている。しかし、ドイツ社会によりよく同化・統合されているかというと、決して良好とは言えない。同化して文化的にも生活的にも摩擦を起こさない外国人も少数いるが、多くは同化されず、家庭では母国語が使われているため、ドイツ国籍を取得しても充分なドイツ語能力が無く、それが低学歴・高失業率につながり、犯罪やテロの温床となっていることは認めざるおえない。

 

=要約、以上

 

政治的・国際貢献的・人道的観点から、外国人労働者を積極的に受け入れ、半世紀経過したドイツは悩んでいる訳です。フランスでのテロ、ベルギーでのテロ、いずれも移民問題が底流にあると言われています。

 

 

半世紀後の日本の首相が別の国に行き、以下のようにスピーチするかもしれません。

 

=仮定のスピーチ内容

 

日本は2020年頃から外国人労働者を受け入れてきて、今では外国人労働者は***万人に達する。短期帰国者が中心だったが労働資格を取り、定住する者も多く、今では第3世代になっている。しかし、日本社会によりよく同化・統合されているかというと、決して良好とは言えない。同化して文化的にも生活的にも摩擦を起こさない外国人も少数いるが、多くは同化されず、家庭では母国語が使われているため、日本国籍を取得しても充分な日本語能力が無く、それが低学歴・高失業率につながり、犯罪やテロの温床となっていることは認めざるおえない。

 

=以上、仮定のストーリー

 

つまり、外国人労働者は長期的に国内の治安悪化や文化摩擦を生むという事です。

 

続く

 


【2019.06.14 Friday 07:47】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP