北里研究所

新型コロナウィルスのワクチン・治療薬・治療法開発の応援で、個人・法人で北里研究所に寄付をしました。

 

 

今、世界中の興味を集めているのは「新型コロナウィスルワクチン」ですが、開発の主役はもちろん製薬会社です。しかし、製薬会社がワクチンや治療薬、治療法を「商品」として開発・発売する為には、そのウィルスの基礎研究が基になります。主役にはなりませんが医学研究機関は「縁の下の力持ち」です。製薬会社はワクチンなど薬品を商品化し利益追求する事が出来ますが、研究機関は簡単に言うと「儲からない」のです。だからこそ、応援すべきと私は考えます。

 

コロナ禍終息の第一のクリティカルポイント(臨界点・転換点・最重要点)はワクチンです。しかしワクチンは予防であり治療ではありません。医学研究機関が新型コロナの特性や血清その他の基礎研究をして、その研究結果を基に製薬会社がワクチンに続いて「新型コロナ治療薬」に出来れば「完全克服」です。

 

北里研究所が基礎研究したペスト、破傷風、狂犬病、インフルエンザ、赤痢、発疹チフスは今もある病気ですが、ワクチン・治療薬があるからこそ発病者がいても新型コロナのようにパニックになりません。

 

 

つまり感染症の基礎研究において最も実績があるのが北里研究所だと思います。

 

だからこそ、Philip College Ringとして渕上個人として些少ながらの寄付を北里研究所に致しましたが、私に北里研究所を強く進めて下さったのは、Philip College Ringの顧客でもある富山大医学部のT博士です。この場で御礼申し上げます。

 

 

個人の寄付に対して、お礼状とともに立派な本を頂きました。

 

この本、どうやら北里研究所(大学)の年史のようです。

1914年に北里研究所が開設して2014年で100年、1962年に北里大学が開校して2012年で50年を表す「100×50」がタイトルです。でも×の形が特徴的ですね。

 

「日本医学の父」「細菌学の父」と言われる北里柴三郎氏の言葉。

この人、ほんとに偉い人ですねーーー。貴族院議員、従二位・勲一等・男爵、医学博士、第1回ノーベル医学賞の最終選考候補者、日本医師会初代会長、そして今も続く医療機器・医薬製造の大手企業テルモの創立者でもあります。

 

この北里柴三郎が慶應義塾の創始者:福沢諭吉の支援を受けて1892年に設立した「私立伝染病研究所」は、後に国の寄付も受けて半官半民となり、ペスト菌を発見するという大偉業を達成しますが、国との運営方針の違いから「私立北里研究所」と「国立伝染病研究所」に分かれ、「国立伝染病研究所」は後の東京大学医学部になりました。

 

「北里研究所」は、狂犬病、インフルエンザ、赤痢、発疹チフスの血清を開発し、医学専門大学の北里大学も設立しました。

 

そして「私立伝染病研究所」設立支援の福沢諭吉への御礼として「慶應大学医学部」の設立に協力し、初代医学部長にもなりました。つまり柴三郎は、東大医学部、慶應医学部、北里大学と日本の医学界の中枢を複数設立した人です。

 

現北里研究所理事長のあいさつ

北里研究所の全容

 

なるほど・・・へんてこな「×」は破傷風菌を表しているのか。。。。納得。

 

校章・徽章にも「破傷風菌マーク」が入っていますね。

 

本校白金キャンパスの紹介

 

そうそう!数年前、北里大学十和田キャンパスの獣医の卵の方々から現役卒業記念のカレッジリングを作ってもらったんだ!

 

 

読み物としても面白そうです。じっくり読みます。


【2020.09.15 Tuesday 07:02】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
トートバッグ

お得意様より贈り物を頂きました。

ご自身が経営される都内の会社のロゴ入りトートバッグです。

麻?綿?の風合いのある生地の広口トートで使い勝手が良さそうです。

 

考えてみると、ワタクシはトートバッグを持っていませんでした。

色々使えそうです。

波乗りの時とか、セージの散歩の時とか、買い物のマイバッグにもなるかな?

 

KT様、ありがとうございました!


【2020.09.14 Monday 08:15】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
広報いちのみや

一宮町の広報誌が来ました。今年は自治会の班長なので早く見れます。

「五輪まで365日」の見出しは2回目ですね。

 

本来のオリンピックに合わせて7/1に上総一ノ宮駅に東口が増設されました。

今まで駅の東側の住民は、改札ある西側に来るのに踏切を渡らねばならず、電車の時間ギリギリだと踏切が下りてしまい、乗り遅れ・・・・ってなコトが多発していましたけど、これで解消です。ちなみにサーフィン五輪会場の釣ケ崎海岸も駅の東側です。

 

 

更新された2021年7月の日程も発表されました。

 

果たして来年、無事開催されるか????????????????

 

世界の製薬会社のワクチン開発に期待!!


【2020.09.12 Saturday 08:26】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
9/8讀賣朝刊

9/8讀賣新聞朝刊に、「安倍内閣支持52%」「辞任表明後15P上昇」の見出し。

「やめ際が良い」とか「潔し」とか感情的支持ですね。安倍首相にとっては「花道的締め」で良い事ですが、政権・政党・政治家の支持・不支持を感情で決めるのは宜しくないと思います。家族や友人と一緒で「苦しい時にこそ支えてくれる」のが「支持」というもの。前代未聞のコロナ禍対応・対策の渦中に非難して、退任発表で一転支持を表明するような人々は「支持層」ではないですね。

 

これが一種の「浮動票」ってヤツでしょうか?

感情で支持不支持、投票先を決めるような層が国の行く先を左右するのはダメだと思います。もう少し我々国民の政治への取り組み方を変えた方が良いと思います。

 

あっ、ワタクシは基本的に保守政治を支持しております。安倍首相は、第一期政権の失敗と反省を第二期政権で生かして良い政治を行ったと思っています。

 

 

 

同じ朝刊の社説に「(SNS運営)事業者は社会的責任の自覚を」の見出し。

そう思います。

 

SNSは匿名・無責任で開設出来る事がよくありません。YahooやGoogle含め、ネットアカウント全般は匿名制度をやめて、実名・住所登録必須にすべきです。ネットショッピングサイトの会員登録だって実名・住所・連絡先その他を登録します。「責任の軽い」SNSアカウントなどは免許証など身分証明の登録は不要でしょう。でも、そのSNSアカウントが他人や社会に何らかの被害をもたらしたならば、SNS運営事業者が責任を問われても然るべきです。

 

本質的には、匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷する人間性の問題ですけどね。

 

ワタクシは、そういう人々の集まる社会(SNS)には近づきません。


【2020.09.11 Friday 09:19】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
7/30日経新聞

7/30日経朝刊の一面

請求書の電子化、全面的に賛成です。

まあ、PDFなどで送られた請求書を是としても良いのですが、そりゃ法的に仕様が決められた書式や形式があればMore Betterですわね。その協議において、制度を骨抜きにしようとする木っ端役人などの邪魔が入らない事を祈るばかりです。

 


【2020.09.07 Monday 07:55】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
獺祭(だっさい)

2020/8/27讀賣朝刊の記事。

 

有名な日本酒「獺祭(だっさい)」を作っている山口県の旭酒造の会長の「日本酒新時代」というコラム。

今のように日本酒の「吟醸」「純米」「純米吟醸」などが出る前は、特級酒・1級酒・2級酒と区別されていました。これは酒税法の区分で、簡単に言うとアルコール度数に基づいて酒税の税率の高い順でした。旨いとか不味いとか純米とか製法とか関係無かったのです。

 

このナンセンスな酒税法は1993年まで続いており、それ以前は旭富士とか越乃寒梅とか銘柄酒はあるにはあっても、地元の酒蔵直売か酒蔵周辺の地元の酒店でしか買えないものでしたので「地酒」と言われ、広く流通していませんでした。この新聞のコラムはその酒税法改正後に日本酒の「地酒ブーム」を作り出した代表と言える獺祭の誕生ストーリーです。

 

 

 

その中に注目すべきポイントがありました。モノ作りメーカーにとって大切なポイントです。

旭酒造では、酒税法改正をにらんで1980年代に純米吟醸の無濾過で「雪化粧」という銘柄の酒を発売し、大手百貨店やスーパーなどで販売してそこそこ売れたそうです。そしたら同じような無濾過の純米酒や吟醸酒が出てきて売れ行きが陰った時、スーパーの担当者から

 

 

「すぐに売れなくなるので次の企画を考えて」

 

 

と言われたそうです。でも旭酒造の会長は「これじゃダメだ。このマーケットでは常に新しい商品を出し続けないといけなくて、それに付き合うと疲弊してしまう」と考えたそうです。

 

 

そこで大手量販店向けではなく、理解のある都内の酒屋24軒のみ向けにプライベートブランドで「獺祭」を1990年に発売したそうです。

そして獺祭は、地酒・高級日本酒の代名詞と言える地位を築き、30年後の今も売れています。

 

 

 

モノ作りメーカーにとって大切なポイントとは、

 

【商品を育てて長く売ろうせず、商品を使い捨てにする販売者とは付き合わない】

 

です。

 

 

大手になればなるほどバイヤーの質が落ちる傾向があります。バイヤーは本来「目利き」であるはずですが、サラリーマン化して目利きの能力が低くなり、新たな商品の発掘能力が無いので売れた商品の「まねっこ次のシリーズ」を要求するのです。ようは「売るための努力」を自らがせず、「企画」だよりになっているのです。

 

 

こういうバイヤーに付き合っていると、メーカーが努力して作った商品が使い捨てにされます。

 

 

「ある商品を売った」→「売れた」→同種商品の乱立(ここには当該バイヤー自身が他の納入先に「これ売れてるんだよねー」みたいな一種の情報漏洩が常にあります)→「売れなくなる」→「同シリーズの次の商品を発売」→「そこそこ売れた」→同じ循環サイクル・・・・

 

 

これ、ダメ。

 

 

メーカーにとって販社のバイヤーはキーパーソンですが、相手を見極めて付き合わない事も必要です。


【2020.09.03 Thursday 07:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
稲刈り始まりました

一宮町の田んぼで稲刈りが始まりました。

まだ始まったばかりです。

 

今年もたわわに稲穂が実ってます。美味しいお米、農家の方に感謝。

 

今年は台風が全然来ないので、倒れた稲も少ないです。台風直撃の時は、田んぼ全体の稲が倒れてしまい、稲刈りが大変になるそうです。

来週の台風も日本本土には接近しそうにないので、慌てず稲刈りしてください。

 


【2020.08.30 Sunday 07:16】 author : 管理人(Philip College Ring) | 時事・雑談 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP