6/25日経と讀賣

6/25の日経と讀賣に、なかなか考えさせられる記事数件ありました。

 

2020年の世界経済をIMF(国際通貨基金)がマイナス4.9%と予測したそうです。リーマンショックがマイナス5.4%なのでそれを上回る数字ですが、リーマン時との体感と比べると今回のマイナス約5%は小さく感じます。もっと減速感を感じているのです。

 

よく見ると、米国・ユーロ圏・英国など「欧米」はほぼマイナス10%。日本はマイナス5.8%。日本に住んで経済活動をしているワタクシですが、これだけの経済的被害がマイナス5.8%とは?????? 「体感温度」に違和感を覚えます。更に中国は1%のプラス(??!!)IMFの統計というより、各国の報告数値の信頼性を疑う合計値です。

 

コロナ禍で毎日多くのメディアに露出した「専門家委員会」。医療関係者のみで人員構成されたことで、医療的観点からのみの提言になってしまったと反省の弁。

 

当事者の反省は正しい事ですが、本質は違うと思います。

 

疫病対策は、医療の専門家を中心にするが、+社会経済の専門家+公共政策の専門家+行政執行の専門家も併せて構成されるべきで、その編成権は行政=政府です。政府が「コロナ対策」を医療の専門家だけで構成された「専門家委員会」にコロナ対策全般を委嘱してしまった事が反省点でしょう。

 

仲の良い知人の医師が言っていますが、「医者ってのは大学出てからずっと医療現場か研究しかしてないので世間知らず」。ワタクシが尊敬する職業である医師ではありますが、事実だと思います。その「世間知らず」の医師や教授だけに疫病対策として、社会に指示する枠組みを作ってしまっていた訳です。

 

Aの専門家の意見、Bの専門家の意見、Cの専門家の意見を集約し、Dという結論を出すのは政府トップの仕事です。政府トップとは、安倍首相個人を指しません。総理大臣+副総理+官房長官など、閣僚トップ達が分野の異なる複数の専門家の意見を聞き、考え、判断してから「専門家の言う通り右から左」ではない政策として発令すべきでした。

 

専門家委員会の自戒も良しですけど、これは安倍政権のミスでしょうね。

 

 

 

これは深いです。

米国の警官による黒人男性殺害に発した人種差別問題を深堀した記事です。

 

オーストラリアやニュージーランドを発見し開拓したクック船長は、イギリスにとって領土拡大の英雄ですが、アボリジニなど原住民にとっては征服者という2面性を持つ事を認識しようというムードです。

 

日本にとっても他人事ではありません。真珠湾攻撃を成功させた帝国海軍の南雲提督は、日本にとって英雄ですが奇襲されたハワイ住民にはいきなり襲ってきた卑怯者です。

 

国家民族の「英雄」をどう位置付けるか?単純に結論が出る事ではありません。

 

 

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの発言。

 

「本は未来永劫、死んだ木(紙)に印刷しなければならないなど、どこにも書かれていません」

 

そういえば遺跡には文字が書かれた木片、岩に記された文字があります。紙の本・書類も一時代の産物なのかもですね。


【2020.07.02 Thursday 07:48】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
博多山笠も中止

ソフトバンクホークスさんとのご縁で、福岡にはこの10年間でかなりの回数、訪れています。福岡県内市内にも多数の知人が出来ました。

 

その知人の一人から、残念なお知らせとうれしい贈り物を頂きました。

博多山笠の扇子を頂き、今年の山笠は中止との便りです。

博多っ子にとって山笠は、盆や正月より大事な催しだそうです。その山笠が今年は、コロナ禍の影響で中止だとの事。このにっくき疫病がもっと憎くなりました。

 

扇子は、良い香りがついた弁慶風の絵柄です。

来年は初夏、山笠の時期に合わせて福岡に行きたいです。

 


【2020.06.27 Saturday 08:10】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
お粗末オンライン行政 追加ログ

6/18日経朝刊のトップ記事

 

「行政手続き オンライン完結1割未満」の見出し。

当ブログで何度も何度も指摘している「お粗末オンライン行政」がついに全国紙のトップ記事になりました。契機はコロナ問題の給付金システムの不備です。

 

とにかく、基本設計思想がなってないです。オンラインで完結せず、なにがなんでも役所の窓口に業務をさせようという根本を変えないと、今回のコロナ禍のような「いざ」という時に機能しないのです。

 

 

各省庁別のオンライン完結割合を細かくみると、、、

 

財務省の24%が最も高い割合です。これは、確定申告や法人税申告などのシステムが結構進んでいるからです。Philip College Ringも数年前から決算時はe-TAXで申告しています。

 

厚労省の11%は、今回のコロナ禍で給付金系システムが追加されたので、なんとかフタケタってとこでしょう。オンライン行政の旗振り官庁の経産省はたったの7.8%。他の省庁は四捨五入で0%。お話しになりません。

 

ワタクシ、知り合いにお役人はごくごく少数と何人かの教員出身の人が何人かいます。彼らに共通するのが「紙書類」重視。なんでもかんでも紙に出力するクセがあり、文書や封筒にハンコ押すクセもあります。これ、悪気はまったく無いのがわかりますが、お役人の「紙・ハンコ文化」のクセですわ。

 

「紙文化」「ハンコ文化」と言えば聞こえがいいですが、ようは雑用で公務員雇用を維持する基本設計思想を変えないと。。。

 

 

今やクルマの新車購入手続きさえネットで出来ます。保険の手続きもネット完結で、会社・個人ともに活用しています。ネットバンキングの利便性は日々進化しています。

 

Philip College Ringも数年後には、ネット上でカスタムメイドのデザイン化が出来るように研究を開始しています。資本金300万円の零細企業ですが、官公庁のオンライン化速度には負けない自信あります。

 


【2020.06.26 Friday 07:51】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
ジョン・ボルトン

元アメリカ大統領補佐官のジョン・ボルトン氏の「暴露本」が話題です。

「それが起きた部屋」、つまりホワイトハウスのオーバルオフィス(大統領執務室)の事ですね。トム・クランシーの小説によると、オーバルオフィスは、いかなる盗聴も聴音も不可能な作りになっていて、この部屋で話された事は公表されたこと以外、他言してはならないという「不文律」があるそうです。まあ「不文律」であり、法律ではないのでボルトン氏も著書を出せた訳です。

 

伝えられる内容の真偽はともかく、ドナルド・トランプがいくらビジネスマンだ取引上手だといえ、「人格」「品格」がアメリカ社会でも賛同出来ない人物である事がだとわかりました。

 

やはり人格・品格は、洋の東西を問わず同じような基準ですね。

 

そのTV報道を見ていて注目!!!

ボルトン氏は常に右薬指に金のカレッジリングをしています。

 

氏の右手でメガネを直すクセが、カレッジリング着用写真を多く残しています。

Wikiによると同氏はアイビーリーグの名門イエール大ロースクール(法大学院)で法学博士号所得との事ですので、そのカレッジリングでしょう。

 

きっとカレッジリングのデザインは、、、

 

石座文字は YALE UNIVERSITY★LOW SCHOOL★

 

学校章は↓↓↓↓↓

卒業年は1974だそうです。。。。。あれ?クリントンもイエール・ロースクールじゃなかったっけ?調べると、どうやらビル・クリントンやヒラリー・クリントンと同時期に在学していたようです。

 

専攻マークはこれでしょう↓↓↓↓↓法学博士号JDのデザイン

 

 

石はオニキスのラウンドカットに見えますけど・・・・

なんか模様があるような???オニキスに擦り傷がついたのかな?それとも黒いクオーツかな???地金は14Kでしょう。

 

リングモデルはPhilip College Ringでいうラージモデル5008のようです。

 


【2020.06.24 Wednesday 07:57】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
Philip College Ringウェブ着々と改装中

計画から半年以上かかったPhilip College Ringウェブサイトの大規模リニューアルが50%以上進みました。

 

会社概要ページも6年ぶりにリニューアル!

是非、一度ご覧ください。↓↓↓↓↓CLICK HERE↓↓↓↓↓

 

 

実は最もページ数の多い「リングモデル各種」のリニューアルにまだ数か月掛かります。

 

というのは、全リングモデルをPhilip College Ringオリジナルデザインのレディーメイド商品として発売をするため、チャンピオンリングを除く全35モデルをオリジナルデザインで生産中なのです。その初回生産モデルが出来上がったら、写真・動画を撮って各ページを作り込む予定です。

 

全35モデルの初回生産アップが7月中旬。

 

撮影・編集に7月一杯かかり、8月中に全モデルの商品ページをセアップさせるスケジュールです。

 

お楽しみに!

 


【2020.06.18 Thursday 08:16】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
2020/6/10日経朝刊

6/10日経朝刊の記事「トランプ氏最悪の1週間」のタイトル

 

=記事中の重要部分の抜粋=

 

1960年代後半のソ連との冷戦真っ盛りは、公民権運動とベトナム反戦運動も真っ盛り。当時の米政府は国内が混乱した状態でソ連と対峙出来ないと判断し、平和のためというより自国の安定を取り戻すまでの一時的措置としてデタント(緊張緩和)をする政治的決断をした。結果、時間はかかったが社会主義・共産主義体制は崩壊し、資本主義・民主主義の勝利に結びついた。

 

トランプ氏が中国と覇権争いをするなら、まず自国を分断させている場合ではない事に気づくべきだ。この1週間、白人警官によるアフリカ系市民の殺害に抗議する騒乱に対して、誤った対応を取り続けた事は大統領としての同氏にとって最悪の1週間になった。

 

=抜粋、以上=

 

他にも近代米国の政治史のポイントを例示しながら現在の米国政治の欠点をズバリとついていて、なんだか普通の米国人ジャーナリスト?政治経済学者?とは論調が違うな????と寄稿者をよく見ると、、、

 

寄稿者は38歳のエコノミスト&ジャーナリスト、ジャナン・ガネシュ。

wikipediaで調べると、、、

https://en.wikipedia.org/wiki/Janan_Ganesh

 

イギリス人、きっとインドかアフガニスタン系ですね。「自主援助学校出身」とありますので、決して裕福な家庭の出ではなさそうですが、その後はワーウィック大学、ロンドン大学などで政治学、公共政策学などを学び、シンクタンクの研究員、国際的雑誌の「エコノミスト」の特派員などを経験。現在は米国に住み、フィナンシャルタイムスやUSポリティカルにコラムを持っているそうです。

 

ジャーナリストって適当な事書いたり言ってカネを得るヤツが多くて、ワタクシあまり好きな人々ではないのですが、このガネシュくん、なかなか切れ者のようです。

 

南アジア系イギリス人米国在住という点で、米国を客観的に捉えている点が普通の米国人ジャーナリストと違う背景のですね。白人でもない、奴隷制の歴史を引きづる黒人でもない、米国人でもない、しかし英語が完璧なネイティブで米国に住み米国政治と社会を非常に良く知る彼の論旨はとても正しいものに見えます。

 

11月の米大統領選挙で、米国有権者は何を考え、誰を選ぶべきかの重要な参考になるはずです。でも、有権者向けというより、米政治家全員が読むべきかもです。

 

 

 

ワタクシが他国の政治に干渉すべきではないのですが、日本と米国は第二次世界大戦後の70年間で切っても切れない縁になりました。貿易、安全保障、エネルギー供給、食料供給などなど、そして文化。Philip College Ringの商品、カレッジリング・チャンピオンリング、主たる市場のプロスポーツなどは、アメリカ文化が基です。

 

従ってワタクシは、米国が引き続きより良い文化を発信し、世界から敬意を払われる国家である事を望みます。

 

もし今回の白人警官による黒人男性圧迫死抗議デモに対してトランプ大統領が連邦軍を出動させていたら、天安門事件を起こした中国政府と同列レベルになり、世界から米国への敬意が失われたところでした。報道によると、国防長官と参謀総長が必死の説得を試み、且つ反対姿勢を公表する事で事なきを得たとあります。

 

ジェームス・マチソン等の米国建国の父達は、本当に良く民主主義考えていたようです。立法・司法・行政の三権分立とともに、大統領に中世の王様のような絶対権限を与えない「抑制と均衡」を憲法に仕込んでいます。

 

 

「賢明な為政者が常に決定の座にあるとは限らない」

 

 

という認識で出来ている制度です。つまり民主主義の投票制度は、時に愚かな有権者が愚かな為政者を代表(大統領)に選んでしまう事も想定していたようです。

 

この米国建国以来のシステムが正しく機能するものかどうか、米国民が自らの代表者にはどのような人物が相応しいと考えるのか?

 

11月の大統領選挙の結果を静観します。


【2020.06.16 Tuesday 07:59】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
CKBTMNK会報

クレイジーケンバンド友の会の5月会報が来ました。

 

いつもながらヘンテコな表紙です。

↓↓↓↓↓裏表紙

 

コンサート会場で販売する予定だったグッズが余りまくってるので、オンラインショップで買ってちょーだいのアピール。

 

毎号恒例、剣ちゃんのインタビュー

コンサートツアーもライブも何もかも中止になっちゃったので、やる事ないからニューアルバムの収録してるって。でも、メンバー・スタッフ全員集まれないから、リモート楽曲になってるそーです。

 

アイシャちゃんのコーナー。犬と散歩ばかりしてるそーです。

 

シンヤマンのコーナー。人生最後の晩餐にはラーメン喰いたいそうです。

 

ジャッカル中西のコーナー。いつまで経ってもゴールド免許にならないってボヤき。

 

のっさんのコーナー。2019年の巡業先で食べたウマいもんのランキング。

 

クロスワードパズル

あいも変わらぬおふざけ満載でした。

 

ライブが開かれるのはいつの日か・・・・・・・・・・・

 

でも、一昨日6/8夜に無観客ライブのネット有料配信があったのです!もちろんチケット勝って観ました。

 

 


【2020.06.11 Thursday 08:00】 author : 管理人(Philip College Ring) | ちょっと雑談!? | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP