ラグビー 読売新聞の記事

4月18日の読売新聞にラグビーに関する記事が載っていました。

 

当ブログでご紹介したようなラグビーの発祥や歴史、現在のランキングや優勝回数などの内容です。きっとラグビーワールドカップを控えて、取材するスポーツ担当記者自身がラグビーのお勉強をするというワタクシと同じ動機ではなかったかと思います。

ワタクシの知らなかった事も載っていました。発祥の学校ラグビー校で、エリス少年がいきなりボールを持って走り出した・・・という逸話で真偽の程は定かではないが、ラグビー校にはボールを抱えたエリス少年の銅像があるそうです。

 

ラグビー・サッカーの元になった暴力的な祝祭フットボールの源流を組むサッカーが労働者層を主体に浸透したためか、サッカーは個人プレイを中心としたプレイスタイル、応援者(サポーター)同士の敵対関係という事に対して、ラグビーは協調性や自己犠牲、ハードワークに規律、他者への敬意を学べるラグビーがエリート層に浸透していったという論説もありました。

 

しかし昨今はその上流イメージも薄まり、サッカー・ラグビーのプレイヤー・ファン層ともに階級格差も無くなってきているそうです。

 

ワールドカップの参加国一覧と過去の優勝回数などの図も見やすいです。ニュージーランドが優勝回数3回でトップ、オーストラリアと南アフリカが2回、イングランドが1回だそうです。その回数を踏まえて、南半球優位の論説もありました。

 

日本にラグビーが伝わったのは1926年、英語教師として日本に来たクラーク氏が慶應大学にラグビーを紹介したのが始まりだそうです。

 

これから秋のワールドカップに向けて、各種マスコミもこのようなラグビーの紹介特集が多く組まれる事でしょう。

 


【2019.05.25 Saturday 11:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その7 ワールドカップ

さて、シリーズ7回目のラグビーブログ。

今年秋に日本で開催されるラグビーワールドカップのお勉強です。

主催者は世界統括団体のワールドラグビー。

9/20に開幕、11/2に決勝戦。

全国12会場で行われます。

 

 

 

大分に4万人収容スタジアム!!知らなかった・・

 

決勝戦は横浜スタジアムです。

 

もちろん聖地花園でも開催されます。

 

熊本に3万人収容のスタジアムがあるんですね、、知りませんでした。

 

ラグビーの街として有名な釜石でも。

 

このシリーズブログは、一旦ここで休止しますが、今後秋のワールドカップに向けて随時ラグビー情報もお届けしてまいります。


【2019.04.16 Tuesday 08:12】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その6 世界ランキング

桜の満開、B.LEAGUE、クレジットカードシステムなどのお知らせで丸々1週間お休みさせて頂いた「ラグビーのお勉強ブログ」。前回までに、ルールをお勉強しましたので、今回は世界のラグビー事情を。

 

 

ラグビーの世界統括団体は「ワールドラグビー」です。

サッカーのFIFA、バスケのFIBAにあたります。

本部はアイルランドのダブリン。

世界の100のラグビー協会が参加しています。

 

そのワールドラグビーが世界ランキングを発表しています。

上位陣は英国連邦の独壇場です。

日本は11位。

 

2009年から10年間1位の座にあるのは皆さんご存知のNZ代表オールブラックス。

 

2015年のラグビーワールドカップ、イングランド大会で世界6位優勝候補だった南アフリカを破り、一躍注目を集めた日本代表。

 

その立役者が五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)

福岡出身、佐賀工業高校時代に「ラグビーの甲子園」花園に出場。早稲田大学で全国大学選手権優勝も経験。卒業後、トップリーグのヤマハ発動機に入団し、2003年から日本代表に選ばれています。現在33歳。

 

次は、ラグビーワールドカップのお話し。


【2019.04.11 Thursday 08:11】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その5 ルール動画

さてホンダ・ラグビー部のウェブサイトの「ラグビー基礎知識」ページにある動画でルールをご紹介しています。

 

ルール第2巻 

 

ルール第3巻

 

ルール第4巻

 

ルールの動画解説は以上です。

 

ホンダ・ラグビー部のサイトには、他にも分かりやすい解説がありますので是非ご覧下さい。

 


【2019.04.05 Friday 08:14】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その4 ルール

先週から始めた「ラグビーのおべんきょブログ」、週末はバスケ日本の東京五輪出場決定、大手門の桜満開、ソフトバンクホークスチャンピオンリング贈呈式などのニュースでお休みしましたが再開。

 

 

さてラグビー(15人制ラグビーユニオン)のルールのご紹介。

 

ネット上にたくさんのラグビールール解説サイトがありますが、トップリーグ所属のホンダのラグビー部ヒートのウェブサイトにとっても分かりやすいルール解説ページがありましたので、それを引用します。

 

ホンダラグビー部HEATウェブサイト

↓↓↓↓↓

その中の「ラグビーの基礎知識」のページは必見です。

解説動画が面白くわかりやすいです。

 

まず超・初級編

 

観戦マナー編

 

ルールその1

 

まだまだ動画がありますので、次回にご紹介します。

 


【2019.04.04 Thursday 08:18】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その3 ラグビーユニオン

前回まではラグビー発祥の歴史的な視点でお伝えしました。

今回は、現代のラグビーそのものをお勉強します。

 

ラグビーには「ラグビーユニオン」と「ラグビーリーグ」、そして「セブンズ」があります。最も一般的で日本でも普及しているのは、15人制のラグビーユニオンです。ラグビーリーグは13人制、セブンズはその名の通り7人制。

 

ここではラグビーユニオン=世界的通称「ラグビー」をお勉強します。

 

まずラグビーと言えばスクラム。

押し合いへし合いですね。

 

アメフトのように防具もつけずに完璧なフルコンタクトスポーツです。

 

超有名なラグビーニューランド代表チーム、通称オールブラックスの試合前の踊り「ハカ」。

 

まずはラグビーのフィールドを見てみましょう。

 

まずラグビーのフィールド、競技場は、、、

全長144m 幅70mのグランドですが、実際の競技フィールドは100m×70mです。

 

 

 

チームのフォーメーション(ポジション)図↓↓↓↓↓

 

 

 

英語ばかりでちょっとわかりにくいですね。。。

 

あっ、わかりやすい図見つけました!↓↓↓↓↓

 

1チーム15人のプレーヤーが相手チームと1つのボールを奪い合い、ゴールラインに向かって相手陣地に攻め入ります。ボールを持っての単独突破やキック、チーム一丸となったパスワークや押し合いにより、陣地を広げつつボールを前進させて行くところから、「陣取りゲーム」とも言われます。


そして相手ゴールラインの向こう側(インゴール)にボールを持ち込み、地面につければトライとなり得点が入ります。両チームの選手達は、このトライを得るために、お互い体をぶつけ合い、ボールを奪い合って攻防を繰り返すのです。 試合時間は、前半40分・後半40分。前半終了後に10分間のハーフタイムをとります。試合終了後は「ノーサイド」となり、敵味方の区別なく互いの健闘を讃えあいます。

 

 

次のブログではラグビーのルールをご紹介します。


【2019.03.30 Saturday 07:45】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラグビー その2 歴史

前回、イギリスのパブリックスクールの体育としてのフットボールが、サッカー・ラグビーの分岐とともに「観るスポーツ」の出発点であったことをお伝えしました。

 

イートン校の手禁止のフットボールがサッカーの源流、ラグビー校の手もOKがラグビーフットボールの源流。

このブログシリーズは、「ラグビーのお勉強」ですのでサッカーについては割愛すべきなのですが、ラグビーとサッカーの分岐がその後の両スポーツの根幹に関わる事なので、もう少し比較します。

 

ラグビー校やイートン校などの出身者は、ケンブリッジ大学など名門大学にも進み、フットボールが大学スポーツとしても盛んになり、競技人口も増加。そこで、ロンドン近郊の有力なフットボールクラブが集まって、統一ルールを作ろうと協議しましたが、「手OK派」と「手ダメ派」が決定的に決裂し、別の競技となったそうです。

 

 

「手はダメ派」の主軸のイートン校は名門ではありますが、創立者のヘンリー6世が70人の貧しい子供たちに教育機会を与えるとして設立された経緯から、サッカーを比較的貧しい人々にも出来るだけ広く普及させそうと、ルールを理解しやすく単純化しました。

 

「手もOK派」=ラグビー校側は現在でもアフリカ系・アジア系の生徒比率が極めて低く入学条件の英語力は流暢なネイティブ級が求められるなど、ほぼアングロサクソン系の貴族層子弟が多いエリート集団だった為か、「フットボールは自分たちエリート階級の遊び」という考えから競技を広く普及させようという気が無く、どんどんルールを複雑化していきました。

 

そして英国貴族階級の伝統思想である「騎士道精神」を受け継ぎ、プレイは激しくしても競技そのものはルールを厳密に守って紳士的にという「ノーサイド精神」と呼ばれる「戦い終われば友」という考え方なども導入されました。

 

 

結果、ルールを単純化し大衆娯楽スポーツを目指したサッカーは、まず産業革命で増大した工場労働者層に浸透しました。読み書きがおぼつかない人や計算が苦手な人にも理解しやすいルールであり、そもそも暴力的な「祝祭フットボール」の主要プレイヤーだった「町の乱暴者達」に「手だけは禁止」として受け入れられやすかった事もあるようです。

 

工場経営者層は、この労働者達のサッカーフットボールを「一種のガス抜き:娯楽」として容認しました。厳しい労働で変にストレスを溜められると、ストライキや賃上げ要求につながるので、工場内にサッカーグランドやクラブハウスなどを整備したそうです。実業団スポーツの源流ですね。

 

 

こうして経営者エリート層はラグビー(ポロやゴルフも含む)、労働者はサッカーというスポーツ階層が構築されました。

 

 

 

そしてサッカーは、欧州各地のみならず欧州各国が植民地にした南米・中東などにも普及していき、世界最大級の競技人口スポーツになりました。(国連の調査によると世界で最も競技人口が多いのはバスケットボール、2位がサッカー)

 

サッカーは「手以外の身体ならボールに触ってもOK」「審判が止めない限りプレイは続く」など分かりやすく物理的なルールで構成されています。ちょっと難しいルールは「オフサイド」くらい。結果、サッカーは言語が違っても身振り手振りで伝えれる事で、英語以外の言語圏でも広まりました。

 

 

対してラグビーやラグビー源流のアメフトのルールは複雑極まりないです。「トライは5点、ゴールキックは2点、ペナルティキックは3点」「ノックストレート=ラインアウトでボールを垂直に投げ入れなかった反則」、アメフトに至っては「25秒以内にプレイをスタート」とか「オフェンスでもポジションによってパスを受けられない無資格レシーバー制度」とか「あの反則は5ヤード後退、この反則は10ヤード後退、それは15ヤード後退」、、、、

 

外国人に伝えるには複雑怪奇過ぎて、無理ですね。

 

このルールの複雑化の源流には、体力勝負のスポーツでも知的に戦略戦術を練るというエリート層=社会的指導層=軍事的観点があることが明らかです。
 

上記図は世界のサッカー協会の色分け図。グリーンランドと西サハラ(独立していない)以外のほぼ全ての国と地域にサッカー協会がある=サッカー競技人口があります。

 

ラグビーは、今現在でも旧大英帝国のイギリス・南アフリカ・オーストラリア・ニュージランドを中心とした英語圏以外の普及はあまり進んでいません。

 

 

さて、今までのフットボールの起源、サッカーとラグビーの分岐などを模式図にしてみました。

 

 

 

次のブログからは、本格的にラグビーの中身をおべんきょします。


【2019.03.29 Friday 07:20】 author : 管理人(Philip College Ring) | ラグビー Rhino | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP