工具紹介シリーズ:またまた新兵器!

またまた新兵器導入しました!

リング内側に著作権表示をする際のマルシー「©」の打刻器です。

分かりにくいですよね・・・・すみません。

 

日本の法律(商標法)では(C)が正式なのですが、万国著作権条約で©と定められているので、ほとんどの会社が(C)では無く©で表示しています。でも、打刻器には©は無いので、(C)で打刻してきました。

 

ある時、ふと思いつき、特注で©の打刻器を注文しました!

これで依頼主さんが©を要求しても応えられます。

↓↓↓↓↓こうなります。

以上でした。

 


【2018.08.31 Friday 10:57】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具紹介シリーズ:新兵器!

久々の工具紹介シリーズ。

今回は、新兵器を入手したのでご紹介します。

んっ? なんじゃこりゃ?って思いますよね。

どこが新兵器なんだ!!???


これはドイツ製の耐水紙ヤスリ。STARCKE スタルケ社のサンドペーパーです。

 

どこが新兵器かと言うと、この番号を見て下さい。

2500/3000/5000/7000

大工さん、鉄鋼金属加工、宝飾、プラモ好きの方ならお分かりだとおもいます。

 

そうです。従来JIS規格ではサンドペーパーの最大値は2000番。

国産のサンドペーパーも2000以上はありません。

 

↓↓↓↓↓これ国産サンドペーパー。

500/1000/1500/2000番ですね。

 

このSTARCKEのサンドペーパー、本来の用途は時計の精密部品のすり合わせ用だそうです。

ある工具輸入業者が新たに仕入れたってコトで、試しに購入しました。

早速、ダイヤモンドカット(Feceted)のオニキスで、表面にザラザラ感がある石を磨いてみました。大成功!!ピッカピカの艶っツヤになりました!

 

地金磨きにも使えそうです。


【2018.08.10 Friday 06:58】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具紹介シリーズ 溶接材料その2

先の工具紹介シリーズで溶接材の主にワイヤーや角材をご紹介しました。

 

でも、ワイヤーや角材は普通の彫金屋さんではあまり使いません。普通はバーナーで溶接するので溶接材料の主流は、「ろう材」という薄い板です。

 

ウチは以前は圧縮酸素+プロパンバナーとブローポンプ+プロパンの2種のバーナーを使っていましたが、一昨年末からプラズマ溶接機がメインです。でも、以前使っていたろう材も残っています。

↓↓↓↓↓

厚み1mm程度の板の3分(さんぶ)、5分(ごぶ)、7分(ななぶ)の銀ろう材です。これを必要分小さく切って、溶接部に載せてバーナーの炎を当てると溶接部に浸透してくっつくものです。バーナーの温度によって液状化する「流れ方」が違い、溶接する部位によって使い分けます。

 

これは金のろう材。

 

10金のろう材は融点745℃

 

14金のろう材は融点760℃

 

18金のろう材の融点は810℃。

こういった金の品位毎の融点の違いは、実際にはバーナーに混入する酸素量の違いで勘で調整します。最近はガスバーナーを使わないので、勘が鈍っていると思います。


【2018.03.03 Saturday 11:22】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具紹介シリーズ 溶接材料その1

ちょっと間が空いてしまった「工具紹介シリーズ」ですが、今回は工具というより材料のご紹介。

 

溶接に用いるいわゆるろう材。

ハンダ付けのハンダの役割ですね。

最近はプラズマ溶接機を多用しますので、ワイヤー類が主流です。

製品はシルバー925ですが、ろう材には925より品位の高い950(シルバー95% 銅5%)の材料を用います。一番左が最も多用する直径0.6mmの950ワイヤー。そして10Kで1.5mmの角材と14Kの1.5mm角材。

 

たまに使うシルバー900(銀90% 銅10%)の0.26mm極細ワイヤー。

これは小粒石を留める爪を形成したり、修理したりする際に使います。

 

各種太さのシルバー925の角材。

2.5mm角 1.5mm角など。

 

実際に使う時は、ローラーで先端を欲しい厚みに形成します。

先っぽだけ広がって薄くなっているのがわかりますか?これはリングのサイズ直しの際に、サイズを拡げる分の継ぎ足し材に必要な厚みにローラーしたからです。

 

これは14Kの2mm角材

プラズマ溶接に使った時のカーボンが付着しています。

 

14Kと18Kは、削ってでたパウダーを丁寧に拾い集めて保管しておきます。

ある程度溜まったら、専門業者さんに出して「リテンション」という再精製をしてもらいます。

 

削りくずをそのまま溶かせば使えると思ってるでしょう?

 

それ大間違い。

 

一度鋳造したり溶接した金銀には、酸化化合物や硫化化合物などの不純物が入り込みますので、そのまま使うとス穴ぶつぶつの出来の悪い地金にしかなりません。「リテンション」と言って、専門業者さんに精錬してもらうのです。

 

その2に続く

 


【2018.03.02 Friday 08:17】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具紹介シリーズ:ワックスペン

今回ご紹介するのは、ワックスペン。

歯医者さんの道具にそっくりですよね!

実は、歯医者さんでも同じ道具を使っています。

このセットは、ドイツ製のサージカルステンレス(外科用ステンレス)のワックスペンセット。

かなりお高いデス。

 

宝飾業でナニするの?って思いますよね。

鋳造用の原型(ワックス:ロウ)を削って造形する道具です。

但し、Philip College Ringではワックス原型はメインではありません。

当社は金型原型だからです。

でも、ストーン上のエンブレムとか、たまにお得意様に頼まれて作るペンダントとか、リング以外のモノでワックス原型の方が良い場合があります。

それとこの様々が形をしたワックスペンのペン先は、意外な使い道があります。形状の複雑な彫刻の脇を削って補正したり、エナメル顔料を馴らしたり、はたまた留めてある小粒石を外したり。本体の用途以外の使い道で、活躍しております。

 

以上


【2018.01.11 Thursday 07:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具シリーズ:ルーペ

久々の工具紹介シリーズ。

今回は、ルーペ。

 

ヘッドセット型ルーペとデスク据え置き型ルーペを除く、携帯型ルーペ3種を紹介しましょう。

 

これ↓↓↓↓↓見た事ある人多いでしょう。ハンドルーペ。宝石などを見るときに使います。

 

これLEDライト付きルーペ。

照明の下でルーペで覗き込むと、照明が遮られて見にくい場合があるので、その対策工具です。

 

↓↓↓↓↓これもLEDライト付きルーペですが、サイズも計測できるもの。

う〜う〜、、写らない・・・

写真に写りませんけど、レンズの中に十字線が切ってあって、1mm刻みの横線が入っているのです。

ちょうど昔の戦争映画に出てくる潜水艦の望遠鏡みたいな感じデス。

 

以上


【2017.12.27 Wednesday 08:40】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
工具紹介シリーズ:ミルタガネ

今回ご紹介するのは、ミルタガネ。

ウチでチャンピオンリングを作るときにとても重要な工具です。

ただ、この道具、説明が難しいんですよねーーー。。

先端はこうなっています。

 

 

どう使うかと言いますとデスねーー小粒石の爪留め工具なのです。

上の画像はナニをしているかと言うとですねーー

チャンピオンリングのストーン上エンブレムにダイヤモンドを留めています。

 

赤丸部分が「留め爪」。

この球状の爪に合わせてミルタガネの先端はすり鉢状になっているのです。

爪を石に向かって倒して物理的に留めるとともに、クリクリとネジって金属をピカピカに光らせる役割があります。

 

様々な留め爪の大きさがあるので、作ったりもします。

細いタガネの先端を鉛筆削りの要領で削って、、

尖らせた先端を切って、

先端を更に細いドリルで少し削って、磨くのです。

そうすると、こうなります。

 

う〜う〜、、お分かりいただけたかな?

さっぱりワカランですかね??

 

以上


【2017.10.24 Tuesday 09:47】 author : 管理人(Philip College Ring) | 工具紹介シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP